如月出版です
 絵本・画集・詩集・小説・実用その他の本を手掛けています。
 また自費出版のご相談も承ります。
 皆様に愛される本づくりを目指して日々奮闘中!
 ぜひ応援の程、よろしくお願いいたします!
0
    上橋泉先生「私の生命(いのち)の復活」出版記念講演会が5/12(土)倉吉市で開催されます!

    皆様こんにちは、如月出版です。

    本日は出版記念講演会のお知らせです。

    弊社新刊「私の生命(いのち)の復活」の著者・上橋泉先生の出版記念講演会が鳥取県倉吉市で開催されます。

     

     

     

    郷土出身の上橋泉さん(千葉県柏市議会議員)が、 3月10日に著書『私の生命の復活』 を出版されました。「人生の苦しみに積極的な意味はあるのか?」「日本人の宗教性(霊 性)は回復するか?」といった問いに答える、5回にわたる講演の記録をまとめた渾 身の著作です。このたび、本書の出版を記念して講演会を開催します。(講演会案内より)

     

    上 橋 泉 『私の生命の復活』 出版記念講演会

    平成30年5月12日(土) 14:30〜16:30(開場14:00)

    倉吉未来中心 2階 セミナールーム1 

    〒682-0816 鳥取県倉吉市駄経寺町212-5 無料(50席)

    お問い合わせ Tel. 0858-22-5748

     

    ■かみはし泉 公式WEBサイトhttp://www16.plala.or.jp/kamihasi-izumi/
     
    ■上橋 泉プロフィール
    昭和24年10月鳥取県で誕生。
    京都大学法学部卒。
    外務省入省後、在米大使館付でダートマス大学に留学。
    在イラン大使館勤務時に、米国大使館人質事件に遭遇。対イラク戦争では在留邦人を安全に帰国させる。
    平成3年から柏市議会議員(現在、7期目)。
    麗澤大学大学院から経済学修士号を取得。
    西部邁氏主宰の「表現者賞・第1回懸賞論文」で市民の自治能力を論じた論文が奨励賞を受賞。

     

     

     

    『私の生命(いのち)の復活』
    上橋 泉/著

    ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

     

    ■『私の生命の復活』

     

    目次

    読者諸氏 ここからどうぞ

    第1回講演会 「絶対者と出会うまで 絶対者と出会ってから」(注)  
    第1回講演会案内文
    第1回講演(平成26年3月23日)
         下降線の止まらない日本
         本当の信仰は実生活に
         私の信仰人生の原点
         母が政治家になれと
         神の導きを実感する

    第2回講演会 「人間は本当に救われるのか?」  
    第2回講演会案内文
    第2回講演(平成26年9月23日)
         宗教意識とは何か?    
         『プルーフ・オブ・ヘブン』 
       ・論理を超えた知恵
       ・邪悪と無明と自由意志
       ・神に立ち返る道
       ・意識と存在
       ・神の国は今ここにある
         人間は本当に救われるのか? 
    第2回講演資料
       『プルーフ・オブ・ヘブン 脳神経外科医が見た死後の世界』
             エベン・アレグザンダー著 白川貴子訳 より引用

     

    第3回講演会 「日本人の宗教性(霊性)は回復するか?」  
    第3回講演会案内文
    第3回講演(平成27年11月7日)
         宗教と社会問題意識
         生きる意味とは?     
         心を内観する  
         神が戦争をさせているか?    
         諸法実相   
         日本人の霊性は回復するか?  
    第3回講演資料
       信仰の証し  「一つひとつが奇跡」   結城 茂 
       信仰の証し  「苦難の嵐を乗り越えて」   岡部 宏子   松山 郁子   

        

    第4回講演会 「人間とは何か? 本当の貴方は何者か?」
    第4回講演会案内文
    第4回講演(平成28年5月5日)
         仏教的宇宙観
         空の思想の誕生
         般若心経の呪文的魅力
         深層意識と宇宙意識
         私の体験
         質疑応答
    第4回講演資料
            仏教各宗派日常勤行聖典比較表
              如来寿量品偈 原本
              如来寿量品偈 訓読本
              如来寿量品偈 現代語訳

     

    第5回講演会 「人生の苦しみに積極的な意味はあるのか?」
    第5回講演会案内文
    第5回講演(平成28年11月12日)
         思想家は不幸や苦しみの価値を知らず  
         運命の突破口
         神の御業が現れんが為なり
         我が運命論
         神は言葉に生きている
      質疑応答
    第5回講演資料
        鈴木大拙著『真宗入門』 佐藤 平訳  より引用


    あとがき
    主たる参考文献

    (注)第1回講演会のタイトルは講演時にはなく、出版に合わせて事後的につけたものである

     





    『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』
    上橋 泉/著


    ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※



    ◆『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて
            ‐この宇宙に無意味なものは一切ない‐』

    目次

    読者諸氏 ここからどうぞ 

    前編「フランクルのユダヤ人強制収容所での体験は心に絶対者をもたない現代日本人を救い得るか?」

    第1章 能天気な保守派言論人 

    第2章 神仏を失った現代日本人

    第3章 東日本大震災被災者の心の支えを求めて

    第4章 フランクルが強制収容所から得た体験的人生観
       第1節 絶対的な未来の喪失
       第2節 極限下での人間の精神の自由
       第3節 絶対的な未来の喪失は人間を内面的に成長させる機会ともなり得る
       第4節 人生観のコペルニクス的転回と態度価値

     第5章 フランクルの体験的人生観は現代日本人を救い得るか?
       第1節 霊性の世界を忌避するフランクル
       第2節 超次元の世界を垣間見たのか? 
       第3節 心霊体験なのか? 
       第4節 絶対者の導きなのか?            

     第6章 絶対者と不死なる人間生命の実感 


    後編「日本人は絶対者を認めずに生きて行けるのか?」

     第1章 私が沈黙できない理由 
     
     第2章 大震災を摂理の所業と認めることを阻んでいる心理とそれに対する反駁
       第1節 自然科学発達の影響 
       第2節 因果が応報していないのではないかという疑問  
       第3節 キリスト教に対する偏見が日本の伝統的宗教観もゆがめている 
      
    第3章 東日本大震災は流産児の悲しみの声である
       第1節 なぜ堕胎は重大な犯罪であるのか
       第2節 日本の堕胎反対運動 
       第3節 菊田昇医師の言う堕胎の報い

     第4章 日本の堕胎数が欧米並みに減る日は来るのか?
       第1節 菊田昇医師が明らかにした日本社会の暗部
       第2節 菊田昇医師の懸念は的中した 

     第5章 浄土思想とは         
       第1節 道徳と宗教  
       第2節 浄土思想の解釈を分ける視点  
       第3節 キリスト教と浄土思想  
                 
     第6章 21世紀を生きる日本人のための浄土思想 
       第1節 「我とは何か」によるアプローチ  
       第2節 浄土思想の本源は親と家族を思う心情 
       第3節 日本人の宗教生活のあり方 
       第4節 日本人は絶対者を認めずに生きて行けるのか?  
       第5節 浄土思想は社会を救い得るか?     

     第7章 この宇宙に無意味なものは一切ない  
       第1節 人間は遅かれ早かれ人生の意味を知ることになる 
       第2節 人生は宿命ではない          

     第8章 浄土門を生きぬいた人たち      
       第1節 浄土真宗妙好人「因幡の源左」 
       第2節 「足なし禅師」本日ただいま誕生 
       第3節 津波で全てを失いながらも
            「亡くなった方のために祈らなければならない」と思った亀谷晃子   

     あとがき  
     主たる参考文献



    本書『私の生命(いのち)の復活』「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」のより詳しい内容については、
    以下および如月出版のホームページ(→コチラをクリック)をご参照ください!


    ※以前ご紹介いたしました本書関連ブログもご覧ください!

    ■2013年1/10ブログ 新刊!「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」 上橋泉/著

    ■1/16ブログ G・グローブ賞受賞映画「アルゴ」と「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」著者・上橋泉先生の関係

    ■1/24ブログ 浅野書店週間売上ランキング8位に「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」がランクインしました!

    ■2/4ブログ さらにランクアップ!浅野書店週間売上ランキング5位に『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』がランクインしました!

    ■2/18ブログ 『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』の書評が宗教新聞に掲載されました!

    ■2/28ブログ 本当の「アルゴ」 アカデミー賞受賞映画に描かれなかった緊迫のストーリー 上橋泉先生の実体験より

    ■4/14ブログ 「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」の著者・上橋泉先生が宗教新聞「人」欄で紹介されました!

    5/21ブログ 上橋泉先生の『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて‐この宇宙に無意味なものは一切ない‐』の国民新聞掲載書評と本の内容について

    ■7/12ブログ カトリックの月刊誌「家庭の友」に「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」上橋泉/著が紹介されました。


    10/6ブログ 中外日報書評欄に「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」上橋泉/著が紹介されました!

    ■2014年1/18ブログ 『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』上橋泉/著のベストセラー達成記念講演会並びにサイン会 のご案内

    ■3/31ブログ 上橋泉/著『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』の講演会&サイン会がアミュゼ柏にて開催されました!

     

    2018年2/4ブログ 上橋泉先生の新刊本「私の生命(いのち)の復活」 柏市・浅野書店で販売中です。

     

    ■3/10ブログ 「私の生命(いのち)の復活」(上橋泉/著)が柏・浅野書店の週間売行きベスト10にランクインしました!

     

    ■4/1ブログ 「私の生命(いのち)の復活」(上橋泉/著)が3月20日付「宗教新聞」書評欄で紹介されました。


    『私の生命(いのち)の復活』
    『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』
    上橋 泉/著

    のお求めは全国書店
    または如月出版販売部TEL/03-6657-9000 FAX/03-6657-8999
    までお問い合わせください。(如月出版販売部に直接お申込みいただいた方には送料無料でお届けいたします)


    ※『私の生命(いのち)の復活』『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』の詳細は弊社サイトでも紹介していますのでぜひご覧ください。
    如月出版のHPは
    コチラ

    ☆如月出版はブログランキングに参加しております。
    頑張ってまいりますので、応援ぽちっとよろしくお願いします!
    (お好きな絵柄の物をクリックしてくださいね!)

     



    にほんブログ村 哲学・思想ブログ 浄土真宗へ
    にほんブログ村/浄土思想 

     

     


    にほんブログ村 美術ブログ 美術館・アートミュージアムへ
    にほんブログ村/美術館・ミュージアム

     

     

     

    にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

    にほんブログ村/水彩画


    人気ブログランキングへ
    人気ブログランキング

     

     

     

     

     

     

    | kisaragibook | 講演会&サイン会 | 15:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    0
      「私の生命(いのち)の復活」(上橋泉/著)が3月20日付「宗教新聞」書評欄で紹介されました。

      皆様こんにちは、如月出版です。

      2018年3月1日に発売された弊社新刊「私の生命(いのち)の復活」(上橋泉/著)が3月20日付け「宗教新聞」の6面書評欄で紹介されました。

       

      私の生命(いのち)の復活 上橋泉著

      政治家が語る宗教的救い

      著者は元外務官僚の柏市議。平成二十五年に『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』を出してからの五回の講演をまとめたもの。生長の家の信仰で育った著者は、政治の目的は宗教と同じ人々の救いにあるとする。単なる経済的安定ではない。「私の生命の復活」というタイトルがそれを示唆している。
      毎朝四時半に起き、一時間の瞑想と祈りを欠かさない生活は、政治家というより宗教家。無謀にも柏市長選に出て敗れるなど破天荒な側面は、ゴリアテに挑むダビデを思わせる。「政治家になって国を救え」という母の願いからはまだ遠いが、むしろ失敗の中から学び、復活する生き方に感動する。そして、庶民感覚とは程遠い宗教的覚醒について、倦むことなく説き続ける姿は、現代に現れた預言者のようでもある。
      目的は人々の救いであるため、宗教宗派にはこだわらない。その思索と実践は、必然的に宗教間対話になっているのが興味深い。読み進めるにつれ、今の時代を生きるための宗教を学んでいる気になる。本来、宗教とはそういうもので、過去の遺物ではなく、今を生きる思想なのである。
      改めて教えられたのは、著者が前作を出す動機となったヴィクトール・フランクルの思想。人生の意味を創造的価値と体験的価値に分け、そのいずれも阻まれた強制収容所の中で生き延びた人々に発見したのが態度的価値で、絶望的状況でも希望を失わず、人のために生きる。著者はそれを「神の御業が現れんが為なり」という言葉に集約する。
      そうした境地は学びだけでは無理で、著者の霊的体験も語られる。神あるいは宇宙の本体とのつながりで、そこに到達する道として諸宗教の教えや修行も述べられている。わかりやすいのは真言密教で、空海が修行した虚空蔵求聞持法もその一つ。単なる記憶力アップの術ではない。
      宗教家さえ世俗化している今の世に。著者のような政治家がいることに希望を感じた。(如月出版、1500円+税))

      (宗教新聞 2018年3月20日 書評 BOOK REVIEWより)

       

       

      皆様もぜひ、上橋先生渾身の1冊である本書をお手に取っていただければ幸いです。

      よろしくお願いいたします。

       

      ■かみはし泉 公式WEBサイトhttp://www16.plala.or.jp/kamihasi-izumi/
       
      ■上橋 泉プロフィール
      昭和24年10月鳥取県で誕生。
      京都大学法学部卒。
      外務省入省後、在米大使館付でダートマス大学に留学。
      在イラン大使館勤務時に、米国大使館人質事件に遭遇。対イラク戦争では在留邦人を安全に帰国させる。
      平成3年から柏市議会議員(現在、7期目)。
      麗澤大学大学院から経済学修士号を取得。
      西部邁氏主宰の「表現者賞・第1回懸賞論文」で市民の自治能力を論じた論文が奨励賞を受賞。

       

       

       

      『私の生命(いのち)の復活』
      上橋 泉/著

      ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

       

      ■『私の生命の復活』

       

      目次

      読者諸氏 ここからどうぞ

      第1回講演会 「絶対者と出会うまで 絶対者と出会ってから」(注)  
      第1回講演会案内文
      第1回講演(平成26年3月23日)
           下降線の止まらない日本
           本当の信仰は実生活に
           私の信仰人生の原点
           母が政治家になれと
           神の導きを実感する

      第2回講演会 「人間は本当に救われるのか?」  
      第2回講演会案内文
      第2回講演(平成26年9月23日)
           宗教意識とは何か?    
           『プルーフ・オブ・ヘブン』 
         ・論理を超えた知恵
         ・邪悪と無明と自由意志
         ・神に立ち返る道
         ・意識と存在
         ・神の国は今ここにある
           人間は本当に救われるのか? 
      第2回講演資料
         『プルーフ・オブ・ヘブン 脳神経外科医が見た死後の世界』
               エベン・アレグザンダー著 白川貴子訳 より引用

       

      第3回講演会 「日本人の宗教性(霊性)は回復するか?」  
      第3回講演会案内文
      第3回講演(平成27年11月7日)
           宗教と社会問題意識
           生きる意味とは?     
           心を内観する  
           神が戦争をさせているか?    
           諸法実相   
           日本人の霊性は回復するか?  
      第3回講演資料
         信仰の証し  「一つひとつが奇跡」   結城 茂 
         信仰の証し  「苦難の嵐を乗り越えて」   岡部 宏子   松山 郁子   

          

      第4回講演会 「人間とは何か? 本当の貴方は何者か?」
      第4回講演会案内文
      第4回講演(平成28年5月5日)
           仏教的宇宙観
           空の思想の誕生
           般若心経の呪文的魅力
           深層意識と宇宙意識
           私の体験
           質疑応答
      第4回講演資料
              仏教各宗派日常勤行聖典比較表
                如来寿量品偈 原本
                如来寿量品偈 訓読本
                如来寿量品偈 現代語訳

       

      第5回講演会 「人生の苦しみに積極的な意味はあるのか?」
      第5回講演会案内文
      第5回講演(平成28年11月12日)
           思想家は不幸や苦しみの価値を知らず  
           運命の突破口
           神の御業が現れんが為なり
           我が運命論
           神は言葉に生きている
        質疑応答
      第5回講演資料
          鈴木大拙著『真宗入門』 佐藤 平訳  より引用


      あとがき
      主たる参考文献

      (注)第1回講演会のタイトルは講演時にはなく、出版に合わせて事後的につけたものである

       





      『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』
      上橋 泉/著


      ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※



      ◆『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて
              ‐この宇宙に無意味なものは一切ない‐』

      目次

      読者諸氏 ここからどうぞ 

      前編「フランクルのユダヤ人強制収容所での体験は心に絶対者をもたない現代日本人を救い得るか?」

      第1章 能天気な保守派言論人 

      第2章 神仏を失った現代日本人

      第3章 東日本大震災被災者の心の支えを求めて

      第4章 フランクルが強制収容所から得た体験的人生観
         第1節 絶対的な未来の喪失
         第2節 極限下での人間の精神の自由
         第3節 絶対的な未来の喪失は人間を内面的に成長させる機会ともなり得る
         第4節 人生観のコペルニクス的転回と態度価値

       第5章 フランクルの体験的人生観は現代日本人を救い得るか?
         第1節 霊性の世界を忌避するフランクル
         第2節 超次元の世界を垣間見たのか? 
         第3節 心霊体験なのか? 
         第4節 絶対者の導きなのか?            

       第6章 絶対者と不死なる人間生命の実感 


      後編「日本人は絶対者を認めずに生きて行けるのか?」

       第1章 私が沈黙できない理由 
       
       第2章 大震災を摂理の所業と認めることを阻んでいる心理とそれに対する反駁
         第1節 自然科学発達の影響 
         第2節 因果が応報していないのではないかという疑問  
         第3節 キリスト教に対する偏見が日本の伝統的宗教観もゆがめている 
        
      第3章 東日本大震災は流産児の悲しみの声である
         第1節 なぜ堕胎は重大な犯罪であるのか
         第2節 日本の堕胎反対運動 
         第3節 菊田昇医師の言う堕胎の報い

       第4章 日本の堕胎数が欧米並みに減る日は来るのか?
         第1節 菊田昇医師が明らかにした日本社会の暗部
         第2節 菊田昇医師の懸念は的中した 

       第5章 浄土思想とは         
         第1節 道徳と宗教  
         第2節 浄土思想の解釈を分ける視点  
         第3節 キリスト教と浄土思想  
                   
       第6章 21世紀を生きる日本人のための浄土思想 
         第1節 「我とは何か」によるアプローチ  
         第2節 浄土思想の本源は親と家族を思う心情 
         第3節 日本人の宗教生活のあり方 
         第4節 日本人は絶対者を認めずに生きて行けるのか?  
         第5節 浄土思想は社会を救い得るか?     

       第7章 この宇宙に無意味なものは一切ない  
         第1節 人間は遅かれ早かれ人生の意味を知ることになる 
         第2節 人生は宿命ではない          

       第8章 浄土門を生きぬいた人たち      
         第1節 浄土真宗妙好人「因幡の源左」 
         第2節 「足なし禅師」本日ただいま誕生 
         第3節 津波で全てを失いながらも
              「亡くなった方のために祈らなければならない」と思った亀谷晃子   

       あとがき  
       主たる参考文献



      本書『私の生命(いのち)の復活』「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」のより詳しい内容については、
      以下および如月出版のホームページ(→コチラをクリック)をご参照ください!


      ※以前ご紹介いたしました本書関連ブログもご覧ください!

      ■2013年1/10ブログ 新刊!「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」 上橋泉/著

      ■1/16ブログ G・グローブ賞受賞映画「アルゴ」と「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」著者・上橋泉先生の関係

      ■1/24ブログ 浅野書店週間売上ランキング8位に「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」がランクインしました!

      ■2/4ブログ さらにランクアップ!浅野書店週間売上ランキング5位に『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』がランクインしました!

      ■2/18ブログ 『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』の書評が宗教新聞に掲載されました!

      ■2/28ブログ 本当の「アルゴ」 アカデミー賞受賞映画に描かれなかった緊迫のストーリー 上橋泉先生の実体験より

      ■4/14ブログ 「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」の著者・上橋泉先生が宗教新聞「人」欄で紹介されました!

      5/21ブログ 上橋泉先生の『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて‐この宇宙に無意味なものは一切ない‐』の国民新聞掲載書評と本の内容について

      ■7/12ブログ カトリックの月刊誌「家庭の友」に「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」上橋泉/著が紹介されました。


      10/6ブログ 中外日報書評欄に「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」上橋泉/著が紹介されました!

      ■2014年1/18ブログ 『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』上橋泉/著のベストセラー達成記念講演会並びにサイン会 のご案内

      ■3/31ブログ 上橋泉/著『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』の講演会&サイン会がアミュゼ柏にて開催されました!

       

      2018年2/4ブログ 上橋泉先生の新刊本「私の生命(いのち)の復活」 柏市・浅野書店で販売中です。

       

      ■3/10ブログ 「私の生命(いのち)の復活」(上橋泉/著)が柏・浅野書店の週間売行きベスト10にランクインしました!


      『私の生命(いのち)の復活』
      『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』
      上橋 泉/著

      のお求めは全国書店
      または如月出版販売部TEL/03-6657-9000 FAX/03-6657-8999
      までお問い合わせください。(如月出版販売部に直接お申込みいただいた方には送料無料でお届けいたします)


      ※『私の生命(いのち)の復活』『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』の詳細は弊社サイトでも紹介していますのでぜひご覧ください。
      如月出版のHPは
      コチラ

      ☆如月出版はブログランキングに参加しております。
      頑張ってまいりますので、応援ぽちっとよろしくお願いします!
      (お好きな絵柄の物をクリックしてくださいね!)

       



      にほんブログ村 哲学・思想ブログ 浄土真宗へ
      にほんブログ村/浄土思想 

       

       


      にほんブログ村 美術ブログ 美術館・アートミュージアムへ
      にほんブログ村/美術館・ミュージアム

       

       

       

      にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

      にほんブログ村/水彩画


      人気ブログランキングへ
      人気ブログランキング

       

       

      | kisaragibook | 新刊案内 | 16:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
      0
        「私の生命(いのち)の復活」(上橋泉/著)が柏・浅野書店の週間売行きベスト10にランクインしました!

        皆様こんにちは、如月出版です。

        本日は皆様に嬉しいご報告です。

         

        弊社新刊「私の生命(いのち)の復活」(上橋泉/著)が柏・浅野書店の週間売行きベスト10(2018年2月23日発表)の5位に堂々ランクインしました!

        お求めいただきました皆様、ありがとうございます!

        引き続き応援、よろしくお願い申し上げます。

         

        芥川賞受賞作品『おらおらでひとりいぐも』や『君たちはどう生きるか』に並び、堂々5位ランクインです!

         

        『私の生命(いのち)の復活』と著者の上橋泉先生です。

         

         

         

        ■かみはし泉 公式WEBサイトhttp://www16.plala.or.jp/kamihasi-izumi/
         
        ■上橋 泉プロフィール
        昭和24年10月鳥取県で誕生。
        京都大学法学部卒。
        外務省入省後、在米大使館付でダートマス大学に留学。
        在イラン大使館勤務時に、米国大使館人質事件に遭遇。対イラク戦争では在留邦人を安全に帰国させる。
        平成3年から柏市議会議員(現在、7期目)。
        麗澤大学大学院から経済学修士号を取得。
        西部邁氏主宰の「表現者賞・第1回懸賞論文」で市民の自治能力を論じた論文が奨励賞を受賞。

         

         

         

        『私の生命(いのち)の復活』
        上橋 泉/著

        ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

         

        ■『私の生命の復活』

         

        目次

        読者諸氏 ここからどうぞ

        第1回講演会 「絶対者と出会うまで 絶対者と出会ってから」(注)  
        第1回講演会案内文
        第1回講演(平成26年3月23日)
             下降線の止まらない日本
             本当の信仰は実生活に
             私の信仰人生の原点
             母が政治家になれと
             神の導きを実感する

        第2回講演会 「人間は本当に救われるのか?」  
        第2回講演会案内文
        第2回講演(平成26年9月23日)
             宗教意識とは何か?    
             『プルーフ・オブ・ヘブン』 
           ・論理を超えた知恵
           ・邪悪と無明と自由意志
           ・神に立ち返る道
           ・意識と存在
           ・神の国は今ここにある
             人間は本当に救われるのか? 
        第2回講演資料
           『プルーフ・オブ・ヘブン 脳神経外科医が見た死後の世界』
                 エベン・アレグザンダー著 白川貴子訳 より引用

         

        第3回講演会 「日本人の宗教性(霊性)は回復するか?」  
        第3回講演会案内文
        第3回講演(平成27年11月7日)
             宗教と社会問題意識
             生きる意味とは?     
             心を内観する  
             神が戦争をさせているか?    
             諸法実相   
             日本人の霊性は回復するか?  
        第3回講演資料
           信仰の証し  「一つひとつが奇跡」   結城 茂 
           信仰の証し  「苦難の嵐を乗り越えて」   岡部 宏子   松山 郁子   

            

        第4回講演会 「人間とは何か? 本当の貴方は何者か?」
        第4回講演会案内文
        第4回講演(平成28年5月5日)
             仏教的宇宙観
             空の思想の誕生
             般若心経の呪文的魅力
             深層意識と宇宙意識
             私の体験
             質疑応答
        第4回講演資料
                仏教各宗派日常勤行聖典比較表
                  如来寿量品偈 原本
                  如来寿量品偈 訓読本
                  如来寿量品偈 現代語訳

         

        第5回講演会 「人生の苦しみに積極的な意味はあるのか?」
        第5回講演会案内文
        第5回講演(平成28年11月12日)
             思想家は不幸や苦しみの価値を知らず  
             運命の突破口
             神の御業が現れんが為なり
             我が運命論
             神は言葉に生きている
          質疑応答
        第5回講演資料
            鈴木大拙著『真宗入門』 佐藤 平訳  より引用


        あとがき
        主たる参考文献

        (注)第1回講演会のタイトルは講演時にはなく、出版に合わせて事後的につけたものである

         





        『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』
        上橋 泉/著


        ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※



        ◆『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて
                ‐この宇宙に無意味なものは一切ない‐』

        目次

        読者諸氏 ここからどうぞ 

        前編「フランクルのユダヤ人強制収容所での体験は心に絶対者をもたない現代日本人を救い得るか?」

        第1章 能天気な保守派言論人 

        第2章 神仏を失った現代日本人

        第3章 東日本大震災被災者の心の支えを求めて

        第4章 フランクルが強制収容所から得た体験的人生観
           第1節 絶対的な未来の喪失
           第2節 極限下での人間の精神の自由
           第3節 絶対的な未来の喪失は人間を内面的に成長させる機会ともなり得る
           第4節 人生観のコペルニクス的転回と態度価値

         第5章 フランクルの体験的人生観は現代日本人を救い得るか?
           第1節 霊性の世界を忌避するフランクル
           第2節 超次元の世界を垣間見たのか? 
           第3節 心霊体験なのか? 
           第4節 絶対者の導きなのか?            

         第6章 絶対者と不死なる人間生命の実感 


        後編「日本人は絶対者を認めずに生きて行けるのか?」

         第1章 私が沈黙できない理由 
         
         第2章 大震災を摂理の所業と認めることを阻んでいる心理とそれに対する反駁
           第1節 自然科学発達の影響 
           第2節 因果が応報していないのではないかという疑問  
           第3節 キリスト教に対する偏見が日本の伝統的宗教観もゆがめている 
          
        第3章 東日本大震災は流産児の悲しみの声である
           第1節 なぜ堕胎は重大な犯罪であるのか
           第2節 日本の堕胎反対運動 
           第3節 菊田昇医師の言う堕胎の報い

         第4章 日本の堕胎数が欧米並みに減る日は来るのか?
           第1節 菊田昇医師が明らかにした日本社会の暗部
           第2節 菊田昇医師の懸念は的中した 

         第5章 浄土思想とは         
           第1節 道徳と宗教  
           第2節 浄土思想の解釈を分ける視点  
           第3節 キリスト教と浄土思想  
                     
         第6章 21世紀を生きる日本人のための浄土思想 
           第1節 「我とは何か」によるアプローチ  
           第2節 浄土思想の本源は親と家族を思う心情 
           第3節 日本人の宗教生活のあり方 
           第4節 日本人は絶対者を認めずに生きて行けるのか?  
           第5節 浄土思想は社会を救い得るか?     

         第7章 この宇宙に無意味なものは一切ない  
           第1節 人間は遅かれ早かれ人生の意味を知ることになる 
           第2節 人生は宿命ではない          

         第8章 浄土門を生きぬいた人たち      
           第1節 浄土真宗妙好人「因幡の源左」 
           第2節 「足なし禅師」本日ただいま誕生 
           第3節 津波で全てを失いながらも
                「亡くなった方のために祈らなければならない」と思った亀谷晃子   

         あとがき  
         主たる参考文献



        本書『私の生命(いのち)の復活』「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」のより詳しい内容については、
        以下および如月出版のホームページ(→コチラをクリック)をご参照ください!


        ※以前ご紹介いたしました本書関連ブログもご覧ください!

        ■2013年1/10ブログ 新刊!「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」 上橋泉/著

        ■1/16ブログ G・グローブ賞受賞映画「アルゴ」と「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」著者・上橋泉先生の関係

        ■1/24ブログ 浅野書店週間売上ランキング8位に「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」がランクインしました!

        ■2/4ブログ さらにランクアップ!浅野書店週間売上ランキング5位に『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』がランクインしました!

        ■2/18ブログ 『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』の書評が宗教新聞に掲載されました!

        ■2/28ブログ 本当の「アルゴ」 アカデミー賞受賞映画に描かれなかった緊迫のストーリー 上橋泉先生の実体験より

        ■4/14ブログ 「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」の著者・上橋泉先生が宗教新聞「人」欄で紹介されました!

        5/21ブログ 上橋泉先生の『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて‐この宇宙に無意味なものは一切ない‐』の国民新聞掲載書評と本の内容について

        ■7/12ブログ カトリックの月刊誌「家庭の友」に「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」上橋泉/著が紹介されました。


        10/6ブログ 中外日報書評欄に「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」上橋泉/著が紹介されました!

        ■2014年1/18ブログ 『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』上橋泉/著のベストセラー達成記念講演会並びにサイン会 のご案内

        ■3/31ブログ 上橋泉/著『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』の講演会&サイン会がアミュゼ柏にて開催されました!

         

        2018年2/4ブログ 上橋泉先生の新刊本「私の生命(いのち)の復活」 柏市・浅野書店で販売中です。


        『私の生命(いのち)の復活』
        『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』
        上橋 泉/著

        のお求めは全国書店
        または如月出版販売部TEL/03-6657-9000 FAX/03-6657-8999
        までお問い合わせください。(如月出版販売部に直接お申込みいただいた方には送料無料でお届けいたします)


        ※『私の生命(いのち)の復活』『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』の詳細は弊社サイトでも紹介していますのでぜひご覧ください。
        如月出版のHPは
        コチラ

        ☆如月出版はブログランキングに参加しております。
        頑張ってまいりますので、応援ぽちっとよろしくお願いします!
        (お好きな絵柄の物をクリックしてくださいね!)

         



        にほんブログ村 哲学・思想ブログ 浄土真宗へ
        にほんブログ村/浄土思想 

         

         


        にほんブログ村 美術ブログ 美術館・アートミュージアムへ
        にほんブログ村/美術館・ミュージアム

         

         

         

        にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

        にほんブログ村/水彩画


        人気ブログランキングへ
        人気ブログランキング

         

         

        | kisaragibook | 新刊案内 | 14:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
        0
          「柳原良平のデザインと船のギャラリー展」フェルケール博物館にて開催中です。2018年2月24日(土)〜5月13日(日)

          皆様こんにちは、如月出版です!

          先日、弊社から復刻されたエッセイ「柳原良平のわが人生」でおなじみの故・柳原良平先生の展覧会「柳原良平のデザインと船のギャラリー展」が、ただ今静岡県清水区(旧清水市)のフェルケール博物館において、2018年2月24日(土)〜5月13日(日)まで開催されております。

           

           

          柳原良平先生といえば、サントリートリスウイスキーでおなじみアンクルトリスの生みの親、著名なイラストレーターであり、また大の船好き船キチの「船の画家」でいらっしゃいました。

           

          今回公開される柳原先生の作品は、横浜市へ寄贈された4000点余りの作品の中から広告デザインやイラストレーション、絵本や書籍の原画、船や港の油彩や版画や切り絵、アンクルトリスの資料などおよそ170点とのことです。

           

          会場であるフェルケール博物館は、静岡県静岡市にある歴史博物館です。正式名称は清水港湾博物館、船の模型や船舶関連の資料、地元清水の缶詰産業の歴史を紹介する缶詰記念館などもそなえた港の歴史を知ることのできる博物館です。「フェルケール」という洒落たネーミングはドイツ語で、「交通」や「交際」を意味しているとのことです。

           

          清水と柳原先生といえば、東名インターチェンジ清水インター横の庵原配水タンクの絵(1983年制作)も、皆さん記憶に留めていらっしゃるかと思います。先生おなじみの帆船と豪華客船の他に天女の舞う富士山を背景にサッカーに興じる人々や大漁船、三保の松原を描いたデザインからも、先生と清水の深いつながりを感じますね。

           

          ■柳原良平のデザインと船のギャラリー

          2018年2月24日(土)〜5月13日(日)
          9:30〜16:30 ※休館日:月曜日(4月30日は開館)

          会場:フェルケール博物館
          静岡市清水区港町2−8−11
          TEL:054-352-8060

          交通:JR清水駅または静鉄新清水駅より、静鉄バス「波止場フェルケール博物館」下車 駐車場無料駐車場あり(大型バスの場合は、近隣の有料駐車場をご利用ください)

           

           

          弊社より復刻されたエッセイ「柳原良平のわが人生」も、フェルケール博物館展示会場にてお求めいただくことができますので、この機会にぜひお手に取っていただければ幸いです。

           

           

          「柳原良平のわが人生」ISBN978-4-901850-54-4 

          189×128 256ページ 定価:本体 1,500 円+税 如月出版

           

          本書は、神奈川新聞に2004年8月4日から同年10月6日まで連載されたエッセイ「わが人生 柳原良平」(全59回)に書き下しの追記とイラストを加え、貴重な写真を多数盛込み2005年5月31日に有限会社DANぼから発行された「良平のわが人生」 を弊社如月出版において復刻したものです。

           

          ■柳原良平プロフィール

          1931 東京に生まれる
          1954 京都市立美術大学工芸科卒業
          1956 壽屋PR雑誌「洋酒天国」創刊(〜'64)表紙と本文カットを担当(開高健が編集長)
          1959 TVコマーシャル「トリスバー」に二等身半のアンクルトリスのキャラクター登場(柳原・開高・酒井睦雄の合作)
                個展(せんたあ画廊)毎年開催 
          1977 横浜海洋科学博物館理事就任
          2004 海洋文学賞特別賞受賞
          2013 海洋立国推進功労者章受章
          2015年8月17日  永眠

           

          「柳原良平のわが人生
          のお求めは如月出版販売部TEL/03-6657-9000 FAX/03-6657-8999
          までお問い合わせください。


          柳原良平のわが人生
          の詳細は弊社サイトでも紹介していますのでぜひご覧ください。
          如月出版のHPはコチラ


          ☆如月出版はブログランキングに参加しております。
          頑張ってまいりますので、応援ぽちっとよろしくお願いします!
          (お好きな絵柄の物をクリックしてくださいね!)

           

           


          にほんブログ村 美術ブログ 美術館・アートミュージアムへ
          にほんブログ村/美術館・ミュージアム



          にほんブログ村 哲学・思想ブログ 浄土真宗へ
          にほんブログ村/浄土思想 

           

           

          にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

          にほんブログ村/水彩画


          人気ブログランキングへ
          人気ブログランキング

           

           

          | kisaragibook | 展覧会 | 16:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
          0
            上橋泉先生の新刊本「私の生命(いのち)の復活」 柏市・浅野書店で販売中です。

            皆様こんにちは、如月出版です。

            きょうは新刊のご案内です。

             

            弊社刊行『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』の上橋泉先生による新刊本『私の生命(いのち)の復活』が、ただいま柏市の浅野書店(スカイプラザB1F TEL:04-7164-2040)にて販売されております!

             

            本書は、『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』のローカルベストセラー達成記念として、平成26年3月から平成28年11月まで、5回に亘って行われた講演をまとめたものです。

             

            全国発売は2018年3月1日ですので、現在柏市議会議員7期目を務められている上橋先生のお膝元・柏市の方々は、先生の新刊の一番最初の読者になっていただけるということですね!

             

            「生命」は「いのち」と読んでください!

             

            平積みコーナーです!

             

            2013年当時、浅野書店のベストセラーにランクインした『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』。

            今回の新刊『私の生命(いのち)の復活』も平積み、特設ワゴンなど、読者の皆様にお手に取っていただきやすいレイアウトで浅野書店の店長様が並べてくださいました。

             

            特設ワゴンもあります!

             

            皆様ぜひ浅野書店にお運びいただき、上橋泉先生の渾身の一冊、お手に取っていただければ幸いです!

             

            ■かみはし泉 公式WEBサイトhttp://www16.plala.or.jp/kamihasi-izumi/
             
            ■上橋 泉プロフィール
            昭和24年10月鳥取県で誕生。
            京都大学法学部卒。
            外務省入省後、在米大使館付でダートマス大学に留学。
            在イラン大使館勤務時に、米国大使館人質事件に遭遇。対イラク戦争では在留邦人を安全に帰国させる。
            平成3年から柏市議会議員(現在、7期目)。
            麗澤大学大学院から経済学修士号を取得。
            西部邁氏主宰の「表現者賞・第1回懸賞論文」で市民の自治能力を論じた論文が奨励賞を受賞。

             

             

             

            『私の生命(いのち)の復活』
            上橋 泉/著

            ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

             

            ■『私の生命の復活』

             

            目次

            読者諸氏 ここからどうぞ

            第1回講演会 「絶対者と出会うまで 絶対者と出会ってから」(注)  
            第1回講演会案内文
            第1回講演(平成26年3月23日)
                 下降線の止まらない日本
                 本当の信仰は実生活に
                 私の信仰人生の原点
                 母が政治家になれと
                 神の導きを実感する

            第2回講演会 「人間は本当に救われるのか?」  
            第2回講演会案内文
            第2回講演(平成26年9月23日)
                 宗教意識とは何か?    
                 『プルーフ・オブ・ヘブン』 
               ・論理を超えた知恵
               ・邪悪と無明と自由意志
               ・神に立ち返る道
               ・意識と存在
               ・神の国は今ここにある
                 人間は本当に救われるのか? 
            第2回講演資料
               『プルーフ・オブ・ヘブン 脳神経外科医が見た死後の世界』
                     エベン・アレグザンダー著 白川貴子訳 より引用

             

            第3回講演会 「日本人の宗教性(霊性)は回復するか?」  
            第3回講演会案内文
            第3回講演(平成27年11月7日)
                 宗教と社会問題意識
                 生きる意味とは?     
                 心を内観する  
                 神が戦争をさせているか?    
                 諸法実相   
                 日本人の霊性は回復するか?  
            第3回講演資料
               信仰の証し  「一つひとつが奇跡」   結城 茂 
               信仰の証し  「苦難の嵐を乗り越えて」   岡部 宏子   松山 郁子   

                

            第4回講演会 「人間とは何か? 本当の貴方は何者か?」
            第4回講演会案内文
            第4回講演(平成28年5月5日)
                 仏教的宇宙観
                 空の思想の誕生
                 般若心経の呪文的魅力
                 深層意識と宇宙意識
                 私の体験
                 質疑応答
            第4回講演資料
                    仏教各宗派日常勤行聖典比較表
                      如来寿量品偈 原本
                      如来寿量品偈 訓読本
                      如来寿量品偈 現代語訳

             

            第5回講演会 「人生の苦しみに積極的な意味はあるのか?」
            第5回講演会案内文
            第5回講演(平成28年11月12日)
                 思想家は不幸や苦しみの価値を知らず  
                 運命の突破口
                 神の御業が現れんが為なり
                 我が運命論
                 神は言葉に生きている
              質疑応答
            第5回講演資料
                鈴木大拙著『真宗入門』 佐藤 平訳  より引用


            あとがき
            主たる参考文献

            (注)第1回講演会のタイトルは講演時にはなく、出版に合わせて事後的につけたものである

             





            『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』
            上橋 泉/著


            ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※



            ◆『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて
                    ‐この宇宙に無意味なものは一切ない‐』

            目次

            読者諸氏 ここからどうぞ 

            前編「フランクルのユダヤ人強制収容所での体験は心に絶対者をもたない現代日本人を救い得るか?」

            第1章 能天気な保守派言論人 

            第2章 神仏を失った現代日本人

            第3章 東日本大震災被災者の心の支えを求めて

            第4章 フランクルが強制収容所から得た体験的人生観
               第1節 絶対的な未来の喪失
               第2節 極限下での人間の精神の自由
               第3節 絶対的な未来の喪失は人間を内面的に成長させる機会ともなり得る
               第4節 人生観のコペルニクス的転回と態度価値

             第5章 フランクルの体験的人生観は現代日本人を救い得るか?
               第1節 霊性の世界を忌避するフランクル
               第2節 超次元の世界を垣間見たのか? 
               第3節 心霊体験なのか? 
               第4節 絶対者の導きなのか?            

             第6章 絶対者と不死なる人間生命の実感 


            後編「日本人は絶対者を認めずに生きて行けるのか?」

             第1章 私が沈黙できない理由 
             
             第2章 大震災を摂理の所業と認めることを阻んでいる心理とそれに対する反駁
               第1節 自然科学発達の影響 
               第2節 因果が応報していないのではないかという疑問  
               第3節 キリスト教に対する偏見が日本の伝統的宗教観もゆがめている 
              
            第3章 東日本大震災は流産児の悲しみの声である
               第1節 なぜ堕胎は重大な犯罪であるのか
               第2節 日本の堕胎反対運動 
               第3節 菊田昇医師の言う堕胎の報い

             第4章 日本の堕胎数が欧米並みに減る日は来るのか?
               第1節 菊田昇医師が明らかにした日本社会の暗部
               第2節 菊田昇医師の懸念は的中した 

             第5章 浄土思想とは         
               第1節 道徳と宗教  
               第2節 浄土思想の解釈を分ける視点  
               第3節 キリスト教と浄土思想  
                         
             第6章 21世紀を生きる日本人のための浄土思想 
               第1節 「我とは何か」によるアプローチ  
               第2節 浄土思想の本源は親と家族を思う心情 
               第3節 日本人の宗教生活のあり方 
               第4節 日本人は絶対者を認めずに生きて行けるのか?  
               第5節 浄土思想は社会を救い得るか?     

             第7章 この宇宙に無意味なものは一切ない  
               第1節 人間は遅かれ早かれ人生の意味を知ることになる 
               第2節 人生は宿命ではない          

             第8章 浄土門を生きぬいた人たち      
               第1節 浄土真宗妙好人「因幡の源左」 
               第2節 「足なし禅師」本日ただいま誕生 
               第3節 津波で全てを失いながらも
                    「亡くなった方のために祈らなければならない」と思った亀谷晃子   

             あとがき  
             主たる参考文献



            本書『私の生命(いのち)の復活』「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」のより詳しい内容については、
            以下および如月出版のホームページ(→コチラをクリック)をご参照ください!


            ※以前ご紹介いたしました本書関連ブログもご覧ください!

            ■2013年1/10ブログ 新刊!「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」 上橋泉/著

            ■1/16ブログ G・グローブ賞受賞映画「アルゴ」と「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」著者・上橋泉先生の関係

            ■1/24ブログ 浅野書店週間売上ランキング8位に「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」がランクインしました!

            ■2/4ブログ さらにランクアップ!浅野書店週間売上ランキング5位に『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』がランクインしました!

            ■2/18ブログ 『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』の書評が宗教新聞に掲載されました!

            ■2/28ブログ 本当の「アルゴ」 アカデミー賞受賞映画に描かれなかった緊迫のストーリー 上橋泉先生の実体験より

            ■4/14ブログ 「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」の著者・上橋泉先生が宗教新聞「人」欄で紹介されました!

            5/21ブログ 上橋泉先生の『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて‐この宇宙に無意味なものは一切ない‐』の国民新聞掲載書評と本の内容について

            ■7/12ブログ カトリックの月刊誌「家庭の友」に「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」上橋泉/著が紹介されました。


            10/6ブログ 中外日報書評欄に「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」上橋泉/著が紹介されました!

            ■2014年1/18ブログ 『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』上橋泉/著のベストセラー達成記念講演会並びにサイン会 のご案内

            ■3/31ブログ 上橋泉/著『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』の講演会&サイン会がアミュゼ柏にて開催されました!

             

             


            『私の生命(いのち)の復活』
            『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』
            上橋 泉/著

            のお求めは全国書店
            または如月出版販売部TEL/03-6657-9000 FAX/03-6657-8999
            までお問い合わせください。(如月出版販売部に直接お申込みいただいた方には送料無料でお届けいたします)


            ※『私の生命(いのち)の復活』『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』の詳細は弊社サイトでも紹介していますのでぜひご覧ください。
            如月出版のHPは
            コチラ

            ☆如月出版はブログランキングに参加しております。
            頑張ってまいりますので、応援ぽちっとよろしくお願いします!
            (お好きな絵柄の物をクリックしてくださいね!)

             



            にほんブログ村 哲学・思想ブログ 浄土真宗へ
            にほんブログ村/浄土思想 

             

             


            にほんブログ村 美術ブログ 美術館・アートミュージアムへ
            にほんブログ村/美術館・ミュージアム

             

             

             

            にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

            にほんブログ村/水彩画


            人気ブログランキングへ
            人気ブログランキング

             

             

             

             

             

            | kisaragibook | 新刊案内 | 17:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
            0
              「大原裕行水彩展」が画廊AKIRA−ISAOにて開催されます。2017年11月13日(月)〜22日(水)

              皆様こんにちは!如月出版です。

              本日は、芸術の秋らしく、素敵な水彩画の展覧会のお知らせです。

              弊社刊行の水彩画の技法書『水彩画のバイブル レベルアップへの道のり THE BIBLE ON WATERCOLORS−The Level-up Course−』の著者、水彩画家・大原裕行先生の個展「大原裕行水彩展」が、明日11/3(月)〜11/22(水)まで今年4月に横浜で新規オープンされた「画廊AKIRA−ISAO」で開催されます。

               

              「18歳の時に三橋兄弟治(1996年没)に師事し、その後水彩連盟で各賞を総なめにした大原さんは『水彩人』創立に参加、今や水彩界の中心者として大活躍されています。心に沁みる美しさや喜びを作品に反映することを原点として創作された作品の数々を、この機会に是非、ご高覧くださいますようご案内申し上げます。」(画廊案内状より)


               

              画廊入口です。

               

               

              会場内風景

               

               

               

              重厚なマチエールを感じさせる水彩が先生の持ち味ですね。

               

               

               

              会場で先生とお話しできるのも個展ならではの醍醐味ですね。

              皆様ぜひお運びください!

               


              ■「大原裕行 水彩展」
              画廊AKIRA−ISAO
              2017年11月13日(月)〜22日(水)

              午前11時〜午後6時(会期中無休)

              〒231-0023

              横浜市中央区山下町25−1上田ビル3階

              県民ホールそば

              筍娃苅機檻横僑粥檻苅牽械



              ■弊社、如月出版刊行の『水彩画のバイブル レベルアップへの道のり THE BIBLE ON WATERCOLORS−The Level-up Course−』 大原裕行/著をご案内いたします!


              『水彩画のバイブル レベルアップへの道のり THE BIBLE ON WATERCOLORS−The Level-up Course−』 大原裕行/著(如月出版) 定価:本体2,315円 +税 B5判変形版(240X188mm) P96









              ■大原裕行(おおはらひろゆき)プロフィール

              1967 千葉市生まれ
              1986 師 三橋兄弟治
              1987 水彩連盟展(92新人特別賞・会員推挙 04三橋兄弟治賞 06永井保賞 2010退会) 
              1989 上野の森美術館大賞展(90,91,92,93,)
              1992 千葉県美術展覧会(会員推挙 93県美術会賞 2004退会) 
              1993 浅井忠記念賞展
              第1回水彩展OHARA・大賞受賞
              1999 青木繁記念賞展
              水彩人創立に参加
              2004 第二回千葉市文化新人賞受賞
              2005 損保ジャパン美術財団選抜奨励展
              2010〜Water Color千葉
              2015 ギャラリー一枚の繪にて個展(2005/2007/2009/2013/2014)
              現在 水彩人同人 千葉水彩会会員 日本美術家連盟会員 

              個展 東京セントラル絵画館 文藝春秋画廊 アートミュージアムギンザ 銀座井上画廊
              k'sギャラリー(銀座) 花椿通り画廊(銀座) 一枚の繪ギャラリー(銀座) 
              ギャラリーゴトウ(銀座) 酒々井まがり家ギャラリー(千葉)ギャラリーしらみず美術(銀座)
              銀座松坂屋スペース5 原田の森ギャラリー(神戸)いすみ市大原水彩ギャラリー 
              せんたあ画廊(横浜) 弘文堂(帯広)ギャラリーシルクロ(佐賀)他 
              著書 大原裕行画集1996−2001
              Hiroyuki Ohara2002-2007
              一枚の繪水彩画通信教育初級コース
              一枚の繪水彩画通信教育中級コース
              水彩画のバイブル(2014・5月/如月出版)
              編集 水彩人第十五回画集 



              ※本書関連ブログもぜひご参照ください。

              ■2014.04.07ブログ 大原裕行水彩展 「水彩画のバイブル」刊行記念 ギャラリー 一枚の繪にて開催されました!


              ■2014.05.17ブログ 新刊『水彩画のバイブル レベルアップへの道のり』 大原裕行/著 発売です!


              ■2015.03.21ブログ 『大原裕行水彩画展−昨日・今日・明日−』がギャラリー一枚の繪で開催されます!


              ■2015.04.04ブログ 『大原裕行水彩画展−昨日・今日・明日−』ただいま開催中です!

               

               

              ■2016.04.27ブログ 大原裕行先生の個展が2つ開催中です!「水彩画のバイブル」技法書著者


              『水彩画のバイブル レベルアップへの道のり』
              大原裕行/著

              のお求めは如月出版販売部TEL/03-6657-9000 FAX/03-6657-8999
              までお問い合わせください。


              ※『水彩画のバイブル レベルアップへの道のり』の詳細は弊社サイトでも紹介していますのでぜひご覧ください。
              如月出版のHPは
              コチラ



              ☆如月出版はブログランキングに参加しております。
              頑張ってまいりますので、応援ぽちっとよろしくお願いします!
              (お好きな絵柄の物をクリックしてくださいね!)




              にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
              にほんブログ村/水彩画

               



              にほんブログ村 哲学・思想ブログ 浄土真宗へ
              にほんブログ村/浄土思想 

               

               


              にほんブログ村 美術ブログ 美術館・アートミュージアムへ
              にほんブログ村/美術館・ミュージアム

               



              人気ブログランキングへ
              人気ブログランキング

               

               

              | kisaragibook | 展覧会・個展 | 08:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
              0
                「アンクル船長いざ出航!柳原良平の海・船・港」展 苫小牧市美術博物館H29年9/9-11/12

                皆様こんにちは!如月出版です。

                 

                ただ今、北海道の苫小牧市美術博物館にて、サントリーのアンクルトリスでおなじみのイラストレーター、故・柳原良平先生の展覧会「アンクル船長いざ出航!柳原良平の海・船・港」が開催されております。

                 

                 

                柳原先生と言えば、先日、弊社如月出版より、先生の代表的なエッセイ「柳原良平のわが人生」を復刻させていただいたことを皆様にお知らせさせていただいたばかりですね。

                 

                「柳原良平のわが人生」ISBN978-4-901850-54-4 

                189×128 256ページ 定価:本体 1,500 円+税 如月出版

                 

                この本は、神奈川新聞に2004年8月4日から同年10月6日まで連載されたエッセイ「わが人生 柳原良平」(全59回)に書き下しの追記とイラストを加え、貴重な写真を多数盛込み2005年5月31日に有限会社DANぼから発行された「良平のわが人生」 を復刻したものです。

                 

                先日、尼崎市総合文化センターにて開催された回顧展「アンクル船長の夢」に続く今回の苫小牧市美術博物館の展覧会でも、先生の切り絵・油彩・水彩等たくさんの原画作品が展示され、また関連イベントも盛りだくさんです!先生のお仕事を振り返る素敵な展覧会が各地で続々開催されているということ、うれしいかぎりです!

                 

                関連イベント

                「9/24(日) 親子見学会 フェリーを見にいこう」
                「11/3(金・祝) 知ってびっくり!海・船・港のこと実際の仕事に関するお話と体験で海・船・港について学んでみよう」
                「ギャラリーツアー:9/16(土)、9/17(日)、10/28(土)、10/29(日)各日14:00〜14:30」
                「9/9(土)連携企画みなとオアシス苫小牧 みなとウォーク2017 10:00〜」

                ■詳細は苫小牧市美術博物館のご案内をご覧ください→こちら

                 

                皆様、ぜひこの機会に、柳原ワールドを堪能してくださいませ!

                 

                ●「柳原良平の海・船・港」

                会期:2017年9月9日(土)〜11月12日(日)
                会場:苫小牧市美術博物館 第1、2展示室
                開館時間 9:30〜17:00(最終入場は16:30まで)
                休館日:毎週月曜日

                ※ただし、9月18日(月・祝)・10月9日(月・祝)は開館し、9月19日(火)・10月10日(火)は休館

                ■詳細は苫小牧市美術博物館のご案内をご覧ください→こちら

                 

                ■柳原良平プロフィール

                1931 東京に生まれる
                1954 京都市立美術大学工芸科卒業
                1956 壽屋PR雑誌「洋酒天国」創刊(〜'64)表紙と本文カットを担当(開高健が編集長)
                1959 TVコマーシャル「トリスバー」に二等身半のアンクルトリスのキャラクター登場(柳原・開高・酒井睦雄の合作)
                      個展(せんたあ画廊)毎年開催 
                1977 横浜海洋科学博物館理事就任
                2004 海洋文学賞特別賞受賞
                2013 海洋立国推進功労者章受章
                2015年8月17日  永眠

                 

                「柳原良平のわが人生
                のお求めは如月出版販売部TEL/03-6657-9000 FAX/03-6657-8999
                までお問い合わせください。


                柳原良平のわが人生
                の詳細は弊社サイトでも紹介していますのでぜひご覧ください。
                如月出版のHPはコチラ


                ☆如月出版はブログランキングに参加しております。
                頑張ってまいりますので、応援ぽちっとよろしくお願いします!
                (お好きな絵柄の物をクリックしてくださいね!)

                 

                 


                にほんブログ村 美術ブログ 美術館・アートミュージアムへ
                にほんブログ村/美術館・ミュージアム

                 



                にほんブログ村 ポエムブログ 現代詩へ
                にほんブログ村/現代詩ランク 

                 

                 


                にほんブログ村 哲学・思想ブログ 浄土真宗へ
                にほんブログ村/浄土思想 


                 



                人気ブログランキングへ
                人気ブログランキング

                 

                | kisaragibook | 展覧会 | 11:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                0
                  広沢葉子先生 「2017 GLASS・今日展 〜挑戦するガラス〜」(日本橋三越)が開催されます。

                  皆様こんにちは、如月出版です。

                   

                  ガラス工芸家・広沢葉子先生より、8/23(水)より開催される日本ガラス工芸協会「2017 GLASS・今日展 〜挑戦するガラス〜」のご案内状をいただきましたので皆さまにご紹介いたします!

                  広沢葉子先生といえば、著名な現代ガラス工芸家でいらっしゃいますが、

                  先生のお父様も、モダニズム詩人として大活躍された「詩集・サムシングクール」(如月出版)の黒田維理先生でいらっしゃることは、皆様よくご存じかと思います。

                  日本ガラス工芸協会の展覧会は、前年度も同会場で開催され、素敵な作品を堪能させていただきましたが、

                  早いものでもう1年経つのですね。また作品を拝見できるのがとても楽しみです。

                   

                   

                   

                   

                   

                  「夏の終わりを飾って、本年も日本ガラス工芸協会会員19名による『Glass・今日』展を開催いたします。今展では、ガラスアートの幅広さや躍動感をご覧いただくとともに、「挑戦するガラス」をサブタイトルとして、創作の上でもさまざまな挑戦を続ける作家の姿勢や精神も含めてご覧いただきます。この機会に、ぜひご高覧いただきたくご案内申しあげます。」(展覧会ご案内状より)

                   

                   

                   

                  広沢葉子先生の作品です。「夜の動物園(La nuit du zoo)」

                  エキゾティックな装飾文様にナイーブアートのような動物たち。とっても素敵ですね。

                   

                  最近の広沢葉子先生の作品には物語性が感じられるように思います。

                  ご案内状の作品、とても素敵ですね!

                   

                  ガラスという一つの素材が、先生方の感性と技を通じて、

                  こんなにも多様な形態・表現に変化を遂げられるという面白さ、

                  ぜひ皆様も直接会場にお越しいただき、リアルに作品に触れることで体験していただきたいですね。

                   

                  ■8月23日(水)〜28日(月)
                  GLASS・今日展 〜挑戦するガラス〜

                  会場:日本橋三越本店 本館6階

                  アートスクエア・美術工芸サロン

                  AM10:30-PM7:30

                   

                   

                  ■広沢葉子(ひろさわ・ようこ)先生プロフィール

                  長野県に生まれる

                  1984〜87年 東京ガラス工芸研究所にてガラスを学ぶ
                  1987〜88年 ロチェスター工科大学ガラス科留学(アメリカ)
                  1993年 Neus Glas in Japan(デュッセルドルフ美術館・ドイツ、ほかヨーロッパ巡回)
                  1994年 世界現代ガラス展(北海道立近代美術館ほか巡回)
                  1996年 淡交ビエンナーレ入選(裏千家茶道資料館・京都)
                  山梨県に吹きガラス工房設立
                  2002・05・08・12・15年 「日本のガラス展」出品(東京ほか巡回)
                  2007年〜 女子美術大学デザイン工芸学科非常勤講師

                   

                   

                   

                  ■文学・美術の好きな方にオススメ!如月出版の本のご紹介!
                  モダニズム詩人・黒田維理の代表的詩集「something cool(サムシング・クール)」、
                  詩のみならず短篇、紀行文、随筆、論説など黒田維理生涯の創作を網羅した作品集「ナポリフラッグ」はいかかでしょう!
                  ビジュアル・ポエトリー(視覚詩)というジャンルにもあたる洗練された表現は映像・写真・建築・デザイン・絵画などあらゆるジャンルの垣根を超え様々なアーティストの方々に高い評価を得ています。



                  50年の時を経て復刻した詩集「サムシングクール」はモダニズム詩の巨匠・北園克衛が装丁、ジャズ評論家清水俊彦の写真が使われたなんとも贅沢な詩集。
                  躍動感溢れる言葉の連なりからイメージされるのはクールでもありシュールでもあり、モダンでなおかつスタイリッシュといった言葉の数々。
                  どれもがあてはまってしまうようなとてもアーティスティックな詩集です。

                  「ナポリフラッグ」では、「VOU」「Will」「et」「TRAP」など散逸していた貴重な資料から黒田生涯の作品を集め、1冊の作品集に纏めた永久保存版です。
                  VOUの詩人・北園克衛を黒田が評論し、高い評価を得ている「HOW TO READ KIT:KAT」、上田保、吉田一穂、北園克衛と黒田の交流をしたためた随筆も本書に掲載されています。
                  絵も描いた黒田が大変好んだ色である「白」をメインに大変洗練された美しい装丁デザインを手掛けてくださったのは、著名なガラス工芸家であり氏のお嬢様でいらっしゃる広沢葉子先生(島村アン)です。





                  「something cool(サムシング・クール)」「ナポリフラッグ」
                  のお求めは如月出版販売部TEL/03-6657-9000 FAX/03-6657-8999
                  までお問い合わせください。


                  「something cool(サムシング・クール)」「ナポリフラッグ」

                  の詳細は弊社サイトでも紹介していますのでぜひご覧ください。
                  如月出版のHPはコチラ

                   


                  ☆如月出版はブログランキングに参加しております。
                  頑張ってまいりますので、応援ぽちっとよろしくお願いします!
                  (お好きな絵柄の物をクリックしてくださいね!)

                   

                   


                  にほんブログ村 ポエムブログ 現代詩へ
                  にほんブログ村/現代詩ランク 




                  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 浄土真宗へ
                  にほんブログ村/浄土思想 

                   

                   


                  にほんブログ村 美術ブログ 美術館・アートミュージアムへ
                  にほんブログ村/美術館・ミュージアム

                   



                  人気ブログランキングへ
                  人気ブログランキング

                   

                   

                   

                  | kisaragibook | 展覧会 | 11:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                  0
                    広沢葉子先生 銀座WAKO「ガラス彩々(いろいろ) 夏の光をあつめて」展開催中!

                    皆様こんにちは!如月出版です。

                     

                    今日はこの季節にふさわしい、涼しげなガラスの展覧会のご案内です。

                     

                     

                    弊社刊行モダニズム詩集「サムシングクール」、作品集「ナポリフラッグ」の著者/黒田維理先生のお嬢様でガラス工芸家の広沢葉子先生が、現在銀座WAKOにて開催中の「ガラス彩々(いろいろ) 夏の光をあつめて」展に出品されていらっしゃいます!

                    出品作家は4名。広沢葉子先生、松浦あかねさん、中村敏康さん、松尾一朝さんです。

                     

                     

                    「ガラスにさまざまな加工をほどこし、ガラスの多様性を探求し続ける作家4名によるグループ展を開催いたします。広沢葉子さんは金銀箔を加飾表現に取り入れた物語性のある作品や器を制作、松浦あかねさんは優しく美しいフォルムとマットな質感を組み入れた作品が印象的です。中村敏康氏は伝統的な切子とはルーツを異にした特有の切子ガラスの世界を模索し、松尾一朝氏は色彩の組み合わせが美しい独自の表現で繊細な蓋物を作っています。日常生活に彩りを添える作品の数々は確かな技術に裏打ちされた四者四様の個性を湛えています。ガラスによる表現の奥深さを感じる作品200余点を、ぜひこの機会にご覧くださいますようご案内申し上げます。(案内状より)」

                     

                    「広沢葉子さんは金箔や銀箔を巧みに加飾表現に取り入れた作風で人気の作家です。今展には飾壺や杯、茶道具、日常使いの器などを出品します。「ガラスならではの色彩と、熔けたガラスから生まれる優しく温かい形を大切に、詩心のある作品を制作したいと思っています」(広沢さん)。(WAKOサイト案内より)」WAKOのHPはこちら

                     

                    広沢葉子先生の作品です!

                     

                    会期中は、先生方によるギャラリートークも、以下の日程で開催されるとのことです。

                     

                    7月22日(土)広沢葉子先生、松尾一朝氏

                    7月23日(日)松浦あかねさん、中村一朝氏

                     

                    皆様ぜひ、お運びください!

                     

                     

                     

                    ガラス彩々(いろいろ) 夏の光をあつめて
                    2017年7月21日(金) 〜 2017年7月30日(日)
                    WAKO本館6階 和光ホール

                    〒104-8105 東京都中央区銀座4-5-11

                    TEL03-3562-2111
                    10:30−19:00
                    ※最終日は17:00まで

                     

                     

                     

                    ■広沢葉子(ひろさわ・ようこ)先生プロフィール

                    長野県に生まれる

                    1984〜87年 東京ガラス工芸研究所にてガラスを学ぶ
                    1987〜88年 ロチェスター工科大学ガラス科留学(アメリカ)
                    1993年 Neus Glas in Japan(デュッセルドルフ美術館・ドイツ、ほかヨーロッパ巡回)
                    1994年 世界現代ガラス展(北海道立近代美術館ほか巡回)
                    1996年 淡交ビエンナーレ入選(裏千家茶道資料館・京都)
                    山梨県に吹きガラス工房設立
                    2002・05・08・12・15年 「日本のガラス展」出品(東京ほか巡回)
                    2007年〜 女子美術大学デザイン工芸学科非常勤講師

                     

                     

                     

                    ■文学・美術の好きな方にオススメ!如月出版の本のご紹介!
                    モダニズム詩人・黒田維理の代表的詩集「something cool(サムシング・クール)」、
                    詩のみならず短篇、紀行文、随筆、論説など黒田維理生涯の創作を網羅した作品集「ナポリフラッグ」はいかかでしょう!
                    ビジュアル・ポエトリー(視覚詩)というジャンルにもあたる洗練された表現は映像・写真・建築・デザイン・絵画などあらゆるジャンルの垣根を超え様々なアーティストの方々に高い評価を得ています。



                    50年の時を経て復刻した詩集「サムシングクール」はモダニズム詩の巨匠・北園克衛が装丁、ジャズ評論家清水俊彦の写真が使われたなんとも贅沢な詩集。
                    躍動感溢れる言葉の連なりからイメージされるのはクールでもありシュールでもあり、モダンでなおかつスタイリッシュといった言葉の数々。
                    どれもがあてはまってしまうようなとてもアーティスティックな詩集です。

                    「ナポリフラッグ」では、「VOU」「Will」「et」「TRAP」など散逸していた貴重な資料から黒田生涯の作品を集め、1冊の作品集に纏めた永久保存版です。
                    VOUの詩人・北園克衛を黒田が評論し、高い評価を得ている「HOW TO READ KIT:KAT」、上田保、吉田一穂、北園克衛と黒田の交流をしたためた随筆も本書に掲載されています。
                    絵も描いた黒田が大変好んだ色である「白」をメインに大変洗練された美しい装丁デザインを手掛けてくださったのは、著名なガラス工芸家であり氏のお嬢様でいらっしゃる広沢葉子先生(島村アン)です。





                    「something cool(サムシング・クール)」「ナポリフラッグ」
                    のお求めは如月出版販売部TEL/03-6657-9000 FAX/03-6657-8999
                    までお問い合わせください。


                    「something cool(サムシング・クール)」「ナポリフラッグ」

                    の詳細は弊社サイトでも紹介していますのでぜひご覧ください。
                    如月出版のHPはコチラ

                     


                    ☆如月出版はブログランキングに参加しております。
                    頑張ってまいりますので、応援ぽちっとよろしくお願いします!
                    (お好きな絵柄の物をクリックしてくださいね!)

                     

                     


                    にほんブログ村 ポエムブログ 現代詩へ
                    にほんブログ村/現代詩ランク 




                    にほんブログ村 哲学・思想ブログ 浄土真宗へ
                    にほんブログ村/浄土思想 

                     

                     


                    にほんブログ村 美術ブログ 美術館・アートミュージアムへ
                    にほんブログ村/美術館・ミュージアム

                     



                    人気ブログランキングへ
                    人気ブログランキング

                     

                    | kisaragibook | 展覧会 | 18:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                    0
                      アンクルトリス「柳原良平のわが人生」復刻!貴重なカットや資料満載のエッセイ!

                      皆様こんにちは!如月出版です。

                       

                      新刊のお知らせです!

                      弊社如月出版は、イラストレーター・柳原良平先生の代表的なエッセイである「良平のわが人生」を復刻した「柳原良平のわが人生」を出版する運びとなりました!

                       

                      「柳原良平のわが人生」ISBN978-4-901850-54-4 

                      189×128 256ページ 定価:本体 1,500 円+税 如月出版

                       

                      この本は、神奈川新聞に2004年8月4日から同年10月6日まで連載されたエッセイ「わが人生 柳原良平」(全59回)に書き下しの追記とイラストを加え、貴重な写真を多数盛込み2005年5月31日に有限会社DANぼから発行された「良平のわが人生」 を復刻したものです。柳原ファンはもちろん、柳原先生と二人三脚で歩まれてきた奥様のかほる夫人の強い願いがあっての復刻です。

                       

                      柳原良平先生と言えば、言わずと知れたあのサントリー・ウイスキー「アンクルトリス」の生みの親でいらっしゃいます。

                      当時をご存じの方は「トリスを飲んでハワイに行こう!」はとても懐かしいフレーズだと思います。

                      最近ではトリスハイボールの缶のデザインや吉高由里子さんのCMにもアンクルは登場していますし、あらゆるジェネレーションの皆さんもすっかりおなじみなキャラクターですね。

                       

                      惜しくも柳原先生は2015年、帰らぬ人となってしまいましたが、柳原先生のイラストはまったく古さを感じないどころか斬新かつ誰にもまねのできないオリジナリティと洒落たセンスで、今現在様々なジャンルにおいて第一線で活躍する若手アーティストたちにも多大な影響を与え続けています。

                       

                      またイラストだけでなく、船をこよなく愛した先生は、世界中のあらゆる船や港の油絵・版画も描き続け、横浜のせんたあ画廊を拠点に長く精力的に作品発表をされてきました。日本を代表する画家の一人でいらっしゃることは間違いないですね。

                       

                      柳原先生の遺されたイラスト原画、油絵、切り絵、素描、版画などの作品は、かほる夫人により横浜市に寄贈され、横浜みなと博物館でも先日企画展が開催されたことは皆さま記憶に新しいかと思います。

                       

                      尼崎市総合文化センターの「アンクル船長の夢」会場入口です。アンクル船長がトリスウイスキーでお出迎え。5/19日のプレイベントにて。

                       

                      現在は尼崎市総合文化センターにて回顧展「アンクル船長の夢」が、開催されています。没後、関西においての初開催展だそうです。

                      これから先も、各地の美術館で企画展として作品が公開されるようです。9月には苫小牧市美術博物館で「アンクル船長いざ出航!柳原良平の海・船・港」を開催予定。なんと2018年4月には横浜みなと博物館に「柳原良平ミュージアム」が設置される予定とのことです。

                       

                      トリスバー再現!(※残念ながら会場ではお酒は呑めません!)

                       

                      先生のアトリエ再現!

                       

                      先生の著作本も会場に並びます。手前のピンクの装丁の本が今回復刻なった「柳原良平のわが人生」(如月出版)。美術館でもお求めいただけます。

                       

                      絵を描くアンクルが装丁です。

                       

                      先生のお人柄をそのまま映し取ったかのような、明るく洒落た作品の数々。

                      人生を力強く肯定し謳歌するアンクルというキャラクターはまさに先生そのものです。

                      また、先生の愛した数々の世界中の船・港の絵は、ロマンに溢れ、見る人の気持ちを楽しくさせてくれます。

                      まだまだ続く先生との作品の出会い、とっても楽しみですね!!

                       

                      ■柳原良平 アンクル船長の夢

                      2017年5月20日(土) 〜 7月9日(日)

                      10:00〜17:00(入館は16:30まで)※ 火曜休館

                      尼崎市総合文化センター 5階 4階

                      TEL 06 (6487) 0806 文化担当

                      →詳細はこちら

                       

                       

                      ■柳原良平プロフィール

                      1931 東京に生まれる
                      1954 京都市立美術大学工芸科卒業
                      1956 壽屋PR雑誌「洋酒天国」創刊(〜'64)表紙と本文カットを担当(開高健が編集長)
                      1959 TVコマーシャル「トリスバー」に二等身半のアンクルトリスのキャラクター登場(柳原・開高・酒井睦雄の合作)
                            個展(せんたあ画廊)毎年開催 
                      1977 横浜海洋科学博物館理事就任
                      2004 海洋文学賞特別賞受賞
                      2013 海洋立国推進功労者章受章
                      2015年8月17日  永眠

                       

                      「柳原良平のわが人生
                      のお求めは如月出版販売部TEL/03-6657-9000 FAX/03-6657-8999
                      までお問い合わせください。


                      柳原良平のわが人生
                      の詳細は弊社サイトでも紹介していますのでぜひご覧ください。
                      如月出版のHPはコチラ


                      ☆如月出版はブログランキングに参加しております。
                      頑張ってまいりますので、応援ぽちっとよろしくお願いします!
                      (お好きな絵柄の物をクリックしてくださいね!)

                       

                       


                      にほんブログ村 美術ブログ 美術館・アートミュージアムへ
                      にほんブログ村/美術館・ミュージアム

                       



                      にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
                      にほんブログ村/国際政治・外交

                       

                       


                      にほんブログ村 哲学・思想ブログ 浄土真宗へ
                      にほんブログ村/浄土思想 


                       



                      人気ブログランキングへ
                      人気ブログランキング

                       

                      | kisaragibook | 新刊案内 | 10:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                      CALENDAR
                      SMTWTFS
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      2930     
                      << April 2018 >>
                      RECOMMEND
                      詩集 灑涙雨
                      詩集 灑涙雨 (JUGEMレビュー »)
                      夏 瞳
                      如月出版が、この夏に送る、不思議で、美しい、新詩集。夏 瞳『灑涙雨』( sairuiu )。

                      言葉を、絵のように、音のように、見凝めて欲しい。

                      …… そこには、対極なるものを包摂して高次な世界観を構築していこうとする意思が見え隠れしていて、 読み進むうちに、得体のしれない大きな渦のなかに巻き込まれていくような戸惑いもあるが、 その渦の向こうに、かつて般若心経を数学の論理で読み解こうとしていたころのなつかしい自分を見たような気がした。矛盾に矛盾を重ねて絶対肯定を目指す心象世界である。

                      佐治 晴夫 「夏 瞳 詩集『灑涙雨』に寄せて」より
                      RECOMMEND
                      中国料理食語大辞典
                      中国料理食語大辞典 (JUGEMレビュー »)
                      戸川隆介
                      偶然手にした1冊の中国料理のメニュー表との「衝撃の出会い」から、中国の食材に惹きつけられた著者が、20年もの歳月をかけ、中国と日本の間を行き来し、収集し、調査し、研究し尽くした中国料理に関する複雑な用語を掲載した今までに類のない辞典。中国料理研究家、研究者、中国語学習者、栄養士、中華料理店経営者、食通の方など「中国料理」に関わるプロフェッショナルはもちろん、中国四千年の食文化に関心をお持ちの全ての方々のお役に立てるよう、2万6234語もの中国料理に関する食語を収録。難解で複雑な中国用語を検索しやすく、また現代の食文化までも網羅し編集。新装改訂版!
                      RECOMMEND
                      【楽天ブックスならいつでも送料無料】水彩画のバイブル [ 大原裕行 ]
                      【楽天ブックスならいつでも送料無料】水彩画のバイブル [ 大原裕行 ] (JUGEMレビュー »)
                      現在第一線で活躍している多くの水彩画のスター達やアメリカ、中国、韓国も参加出品した全国公募・水彩画コンクールにおいて、800余点の頂点にたち、水彩連盟で24歳という若さで最年少会員、水彩人創立に参加した大原裕行。「一枚の繪」通信教育テキスト著者でもあり、様々な美術雑誌等において技法の紹介や指導にあたり、常に斬新な作品を発表し続けている大原による、初の書き下ろし技法書。水彩画を描く人のレベルアップのための『水彩画のバイブル』。
                      RECOMMEND
                      詩集 サムシング・クール
                      詩集 サムシング・クール (JUGEMレビュー »)
                      黒田 維理
                      北園克衛「VOU」が産み出したモダニズム詩人・黒田維理の代表作!各界のアーティスト・クリエーターたちに、そのセンス・完成度の高さから絶大な支持!とてつもなくクールな詩集!詩の概念がこの一冊でくつがえされます!
                      RECOMMEND
                      【送料無料選択可!】徳洲会の黒い影 弁護士を付けずに闘った全記録そしてその勝訴の意味とは...[本/雑誌] / 真鍋雅之/著
                      【送料無料選択可!】徳洲会の黒い影 弁護士を付けずに闘った全記録そしてその勝訴の意味とは...[本/雑誌] / 真鍋雅之/著 (JUGEMレビュー »)
                      医療事故、発生!
                      その時、医療法人徳洲会から受けた酷い仕打ちが、著者をたった一人で闘う『裁判』へと駆り立てた!
                      徳洲会の隠蔽体質を知り、このままでは、いつかきっと、社会を揺るがす大事件を起こすに違いない!・・・著者は「徳洲会公職選挙法違反事件」を予見していた!膨大な証拠書類を地道に集め、たった一人で大組織に立ち向かった450日。真実の記録。
                      RECOMMEND
                      醍醐芳晴Watercolors―透明水彩作品集〈2〉
                      醍醐芳晴Watercolors―透明水彩作品集〈2〉 (JUGEMレビュー »)
                      醍醐 芳晴
                      水彩画家・醍醐芳晴の代表的画集です!水彩画を描く方は必携の書です!永久保存版!
                      RECOMMEND
                      21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて
                      21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて (JUGEMレビュー »)
                      上橋 泉
                      日本人の魂を救う、真の拠り所となりうるものとは? 大震災以来、この国の将来は闇の帳に包まれた。人間が、いかなる環境においても、安楽に生きていくことの出来る道を明らかにする、上橋泉渾身の1冊!
                      RECOMMEND
                      ハートとキューピー (HEART BOOK)
                      ハートとキューピー (HEART BOOK) (JUGEMレビュー »)
                      ローズ オニール,大橋 美佐,北川 和夫
                      ローズオニール・キューピーがかわいいイラスト詩集になって登場。ハートにまつわる素敵な愛の詩集です♪
                      RECOMMEND
                      鼠径ヘルニア(脱腸)は入院しなくても治る!
                      鼠径ヘルニア(脱腸)は入院しなくても治る! (JUGEMレビュー »)
                      執行 友成
                      鼠径(そけい)ヘルニア(脱腸)は、入院しなくても治る! 執行 友成/著  開業外科医の仕事−日帰り手術に取り組んだ15年− 開業医だって、開業医であればこそ、メスを執るという決断! 患者の負担-長期入院による経済的損失-を考える医療! 痛みを出来るだけ少なくし、その日のうちに家に帰る! 患者の早期社会復帰こそが、いま医療に求められているニーズ。「TBS・これが世界のスーパードクター」でも紹介され、野球解説者・スポーツキャスターとして著名な古田敦也氏も信頼を置く名医!
                      RECOMMEND
                      とびらのむこうがわ―かすみのおはなし集
                      とびらのむこうがわ―かすみのおはなし集 (JUGEMレビュー »)
                      いべかすみ
                      幼少のころからC.S.ルイスの『ナルニア国ものがたり』に親しみ、かの地やルーシー、アスランら登場人物に憧憬し、ものがたりの一員としてめくるめく冒険を夢見、豊かな想像の翼を羽ばたかせていた、物語が大好きでたまらない一人の少女が紡ぎだす、等身大のショートストーリー!
                      RECOMMEND
                      ちひろとタリタリのたのしい英語絵本
                      ちひろとタリタリのたのしい英語絵本 (JUGEMレビュー »)
                      きれいなイラストの子供向けのやさしい英語絵本!かわいい妖精タリタリと一緒に英単語を覚えよう!
                      RECOMMEND
                      水彩は、たのしい―作品と技法
                      水彩は、たのしい―作品と技法 (JUGEMレビュー »)
                      大場 再生
                      図書館協会選定図書!独立美術協会の画家・大場再生がプロの技・コツを伝授する水彩画の描き方!風景・人物・静物に亘って詳しく網羅!水彩画を描く方のバイブル!
                      RECOMMEND
                      Ms.cried
                      Ms.cried (JUGEMレビュー »)
                      鈴木 博美
                      北園克衛「VOU」の血脈を受け継ぐ詩誌「gui」同人であり、1999-2000年入沢康夫氏選により「ユリイカ」に掲載された鈴木博美の記念すべき集大成詩集。雨水が幻のように吸い込まれ、地中深く眠る武蔵野伝承の地「水食らい土」から着想した表題作を含め、独特の感性で綴られた作品群に、「gui」同人、山本一語の静謐な写真とのコラボレーションが深い余韻を伝える新感覚の詩集。
                      RECOMMEND
                      寒椿憂愁―髪結いお佐和裏店情話
                      寒椿憂愁―髪結いお佐和裏店情話 (JUGEMレビュー »)
                      広田 布美
                      寒椿憂愁−髪結いお佐和裏店情話 広田布美/著 異色の書き下ろし時代小説 情の深さが悪の企みを暴く 姉への思慕か親への恩か 揺れる心は椿の花に思いを託す かつて日本には美しい「人情」があった・・江戸下町を舞台に健気に生きる髪結いの娘お佐和をめぐる人々の心揺さぶられる5つの小粋な江戸人情話。 
                      RECOMMEND
                      成功学のすすめ―7×7×7の法則
                      成功学のすすめ―7×7×7の法則 (JUGEMレビュー »)
                      神野 博史
                      2013年2月8日発売!「サクセスストーリー 成功学のすすめ 7×7×7の法則」 神野 博史/著 「成功」には「法則」がある!「物から心の時代」、「競争から共生の時代」、「集団から個性の時代」へとパラダイムが大きく転換した今の時代こそ、「成功学」の時代! 公認会計士・経済学博士・愛知県議会議員でもある著者が、自ら実践し自ら証明することにより確立した「人が幸せに生きる」ための7×7×7の法則!
                      RECOMMEND
                      悪魔の尻―妙魔界図説
                      悪魔の尻―妙魔界図説 (JUGEMレビュー »)
                      むかい あぐる
                      驚愕の超細密技巧!イラストレーターむかいあぐるが紡ぎだすPOPでシュールでキュートなゴシック&ロリータ系悪魔ワールド! ちょっぴり、ワルいことするの、大好き! 小悪魔少女・桃美ちゃんと悪魔の尻族のデビップが繰り広げる、摩訶不思議ミラクルワールド!
                      RECOMMEND
                      Paty Bear―Seasons Diary
                      Paty Bear―Seasons Diary (JUGEMレビュー »)
                      たなか ようこ,ユニック
                      パティーベア シーズンズダイアリー ふわもこの可愛いクマちゃんのパティーベアが、可愛い絵日記を綴ります。美味しそうなお料理や可愛い手作りグッズを紹介!きっと作ってみたくなる、可愛いづくし満載。とってもガーリーな一冊!
                      RECOMMEND
                      【送料無料】ナポリフラッグ
                      【送料無料】ナポリフラッグ (JUGEMレビュー »)
                      黒田維理の集大成である作品集。北園克衛論「HOW TO READ:KIT KAT」も掲載!黒田亡きあと、散逸していた貴重な資料を編集し黒田の軌跡を辿った永久保存版。イチオシです!
                      RECOMMEND
                      心を磨く大切なハート言葉88
                      心を磨く大切なハート言葉88 (JUGEMレビュー »)
                      シルバーあさみ
                      現代の癒し手・シルバーあさみ先生が、困難や世をステキに生きぬくためのシンプルで心に響く88ものポジティブ・メッセージを素敵なイラストと共にお贈りします。
                      RECOMMEND
                       (JUGEMレビュー »)

                      「病の父励ます絵本」として紹介されました。芸大卒の絵本作家ほんだまきこ先生が紡ぎだすやさしい物語。
                      RECOMMEND
                      復興への狼煙―ボウリング業界光と影
                      復興への狼煙―ボウリング業界光と影 (JUGEMレビュー »)
                      山田 一廣
                      ボウリング好きなら、このテーマは欠かせない話題のはずです!徹底取材でボウリングの誕生から、ボウリング業界の今までを鋭く探る!
                      RECOMMEND
                      【送料無料】うさだんご
                      【送料無料】うさだんご (JUGEMレビュー »)
                      ほのぼの生きるうさぎのおだんご・「うさだんご」。団結力はピカ一です!スイーツ大好き!お月見大好き!可愛い姿にきっとあなたも癒されます♪
                      RECOMMEND
                      ビーンワールド ビーノルタ火山とビーンの誕生
                      ビーンワールド ビーノルタ火山とビーンの誕生 (JUGEMレビュー »)
                      メライン・ジョセフィーヌ バンクス
                      キッチュな洋風キャラクターが好きな方にはぜひオススメ!イギリス生まれの絵本です!可愛いおまめさんがたくさん登場!
                      SELECTED ENTRIES
                      CATEGORIES
                      ARCHIVES
                      RECENT COMMENTS
                      • 黒田維理をめぐる人々 諏訪優
                        kisaragibook (12/11)
                      • 黒田維理をめぐる人々 諏訪優
                        田名部 信 (10/14)
                      • 東京国際ブックフェア 電子書籍と震災復興支援のためのシンポジウム 〜『本』 は何ができるのか?〜
                        kisaragibook (07/31)
                      • 東京国際ブックフェア 電子書籍と震災復興支援のためのシンポジウム 〜『本』 は何ができるのか?〜
                        ピュア (07/25)
                      • ボウリング業界光と影!『復興への狼煙』とは?
                        kisaragibook (05/05)
                      • ボウリング業界光と影!『復興への狼煙』とは?
                        へのへのもレじ (05/03)
                      • 駅伝から始まる新年と、じゃがいも大好きなタリタリ英語絵本
                        kisaragibook (03/02)
                      • 駅伝から始まる新年と、じゃがいも大好きなタリタリ英語絵本
                        茅ヶ崎のプー (02/28)
                      • ちい散歩 龍馬伝・弥太郎の盆栽?と美人過ぎる画家・松井冬子さん?
                        kisaragibook (05/27)
                      • 御飯の友と辛そうで辛くない少し辛いラー油
                        kisaragibook (05/27)
                      RECENT TRACKBACK
                      如月出版のホームページ
                      ブログランキング ドット ネット
                      くる天 人気ブログランキング
                      くる天 人気ブログランキング
                      ブログ村
                      MOBILE
                      qrcode
                      LINKS
                      PROFILE
                      このページの先頭へ