如月出版です
 絵本・画集・詩集・小説・実用その他の本を手掛けています。
 また自費出版のご相談も承ります。
 皆様に愛される本づくりを目指して日々奮闘中!
 ぜひ応援の程、よろしくお願いいたします!
0
    アンクルトリス「柳原良平のわが人生」復刻!貴重なカットや資料満載のエッセイ!

    皆様こんにちは!如月出版です。

     

    新刊のお知らせです!

    弊社如月出版は、イラストレーター・柳原良平先生の代表的なエッセイである「良平のわが人生」を復刻した「柳原良平のわが人生」を出版する運びとなりました!

     

    「柳原良平のわが人生」ISBN978-4-901850-54-4 

    189×128 256ページ 定価:本体 1,500 円+税 如月出版

     

    この本は、神奈川新聞に2004年8月4日から同年10月6日まで連載されたエッセイ「わが人生 柳原良平」(全59回)に書き下しの追記とイラストを加え、貴重な写真を多数盛込み2005年5月31日に有限会社DANぼから発行された「良平のわが人生」 を復刻したものです。柳原ファンはもちろん、柳原先生と二人三脚で歩まれてきた奥様のかほる夫人の強い願いがあっての復刻です。

     

    柳原良平先生と言えば、言わずと知れたあのサントリー・ウイスキー「アンクルトリス」の生みの親でいらっしゃいます。

    当時をご存じの方は「トリスを飲んでハワイに行こう!」はとても懐かしいフレーズだと思います。

    最近ではトリスハイボールの缶のデザインや吉高由里子さんのCMにもアンクルは登場していますし、あらゆるジェネレーションの皆さんもすっかりおなじみなキャラクターですね。

     

    惜しくも柳原先生は2015年、帰らぬ人となってしまいましたが、柳原先生のイラストはまったく古さを感じないどころか斬新かつ誰にもまねのできないオリジナリティと洒落たセンスで、今現在様々なジャンルにおいて第一線で活躍する若手アーティストたちにも多大な影響を与え続けています。

     

    またイラストだけでなく、船をこよなく愛した先生は、世界中のあらゆる船や港の油絵・版画も描き続け、横浜のせんたあ画廊を拠点に長く精力的に作品発表をされてきました。日本を代表する画家の一人でいらっしゃることは間違いないですね。

     

    柳原先生の遺されたイラスト原画、油絵、切り絵、素描、版画などの作品は、かほる夫人により横浜市に寄贈され、横浜みなと博物館でも先日企画展が開催されたことは皆さま記憶に新しいかと思います。

     

    尼崎市総合文化センターの「アンクル船長の夢」会場入口です。アンクル船長がトリスウイスキーでお出迎え。5/19日のプレイベントにて。

     

    現在は尼崎市総合文化センターにて回顧展「アンクル船長の夢」が、開催されています。没後、関西においての初開催展だそうです。

    これから先も、各地の美術館で企画展として作品が公開されるようです。9月には苫小牧市美術博物館で「アンクル船長いざ出航!柳原良平の海・船・港」を開催予定。なんと2018年4月には横浜みなと博物館に「柳原良平ミュージアム」が設置される予定とのことです。

     

    トリスバー再現!(※残念ながら会場ではお酒は呑めません!)

     

    先生のアトリエ再現!

     

    先生の著作本も会場に並びます。手前のピンクの装丁の本が今回復刻なった「柳原良平のわが人生」(如月出版)。美術館でもお求めいただけます。

     

    絵を描くアンクルが装丁です。

     

    先生のお人柄をそのまま映し取ったかのような、明るく洒落た作品の数々。

    人生を力強く肯定し謳歌するアンクルというキャラクターはまさに先生そのものです。

    また、先生の愛した数々の世界中の船・港の絵は、ロマンに溢れ、見る人の気持ちを楽しくさせてくれます。

    まだまだ続く先生との作品の出会い、とっても楽しみですね!!

     

    ■柳原良平 アンクル船長の夢

    2017年5月20日(土) 〜 7月9日(日)

    10:00〜17:00(入館は16:30まで)※ 火曜休館

    尼崎市総合文化センター 5階 4階

    TEL 06 (6487) 0806 文化担当

    →詳細はこちら

     

     

    ■柳原良平プロフィール

    1931 東京に生まれる
    1954 京都市立美術大学工芸科卒業
    1956 壽屋PR雑誌「洋酒天国」創刊(〜'64)表紙と本文カットを担当(開高健が編集長)
    1959 TVコマーシャル「トリスバー」に二等身半のアンクルトリスのキャラクター登場(柳原・開高・酒井睦雄の合作)
          個展(せんたあ画廊)毎年開催 
    1977 横浜海洋科学博物館理事就任
    2004 海洋文学賞特別賞受賞
    2013 海洋立国推進功労者章受章
    2015年8月17日  永眠

     

    「柳原良平のわが人生
    のお求めは如月出版販売部TEL/03-6657-9000 FAX/03-6657-8999
    までお問い合わせください。


    柳原良平のわが人生
    の詳細は弊社サイトでも紹介していますのでぜひご覧ください。
    如月出版のHPはコチラ


    ☆如月出版はブログランキングに参加しております。
    頑張ってまいりますので、応援ぽちっとよろしくお願いします!
    (お好きな絵柄の物をクリックしてくださいね!)

     

     


    にほんブログ村 美術ブログ 美術館・アートミュージアムへ
    にほんブログ村/美術館・ミュージアム

     



    にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
    にほんブログ村/国際政治・外交

     

     


    にほんブログ村 哲学・思想ブログ 浄土真宗へ
    にほんブログ村/浄土思想 


     



    人気ブログランキングへ
    人気ブログランキング

     

    | kisaragibook | 新刊案内 | 10:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    0
      新刊「朴正煕と金大中が夢見た国」 金景梓/著が日刊ゲンダイ書評に掲載されました。

       

      皆様こんにちは、如月出版です。

       

      弊社新刊「朴正煕と金大中が夢見た国」(金景梓/著、太刀川正樹/訳)が日刊ゲンダイ(H29年5月26日号)の書評「週末に読みたいこの2冊」の内の1冊に選ばれ紹介されました!

      近いけれど、どこか遠い国、韓国。混迷する韓国政治を理解するためのお役に立つ一冊です!

       

       

       

       

       

      ■週末に読みたいこの2冊

      朴正煕と金大中が夢見た国 金景梓/著 太刀川正樹/訳

       

       韓国で、革新系で「反日」の文在寅大統領が誕生した。

        かつて「反日」といわれた金大中大統領が当選した時、小渕首相(当時)と個人的に親しくなり、日韓関係が好転して、日本で韓流ブームまで起きた歴史もある。

        著者は学生時代に4・19学生革命に参加、軍事政権から逃れて、米国で亡命生活を送った経験を持つ。

        その後、金大中、盧武鉉の選挙参謀を務め、2012年には保守系の朴槿恵の選挙陣営に加わるという異例の経歴の持ち主で、「韓国では朴正煕に代表される保守派と、金大中に象徴される進歩派が和解してこそ、北朝鮮の脅威に対抗できる」と主張する。

        本書には朴正煕と金大中が若い頃、共産主義思想に染まったが、どう克服したのか、また金大中の専売特許といわれた「太陽政策」はもともと朴正煕の発想だったという事実も紹介されている。混迷する韓国政治を理解する一助になる。

      (如月出版 1852円+税)(日刊ゲンダイ)

       

      ■金 景梓プロフィール

      1942年韓国全羅南道生まれ。ソウル大学政治学専攻。空軍士官学校教官。米国バージニア神学校。ペンシルベニア大学大学院政治学博士課程。月刊「思想界」編集者。米ニューヨーク「独立新聞」発行人。1979年ニューヨークで出版した「金炯旭回顧録」が、韓国内で300万部のベストセラーとなり、話題となった。ペンネームは「朴思越」。第15代、16代国会議員。金大中、盧武鉉大統領候補広報担当。朴槿恵大統領候補企画担当特別補佐官。大統領秘書室広報特別補佐官。

       

       

       

      朴正煕と金大中が夢見た国
      のお求めは如月出版販売部TEL/03-6657-9000 FAX/03-6657-8999
      までお問い合わせください。


      朴正煕と金大中が夢見た国
      の詳細は弊社サイトでも紹介していますのでぜひご覧ください。
      如月出版のHPはコチラ

       


      ☆如月出版はブログランキングに参加しております。
      頑張ってまいりますので、応援ぽちっとよろしくお願いします!
      (お好きな絵柄の物をクリックしてくださいね!)

       

       



      にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
      にほんブログ村/国際政治・外交

       

       


      にほんブログ村 哲学・思想ブログ 浄土真宗へ
      にほんブログ村/浄土思想 




      にほんブログ村 料理ブログ 中華料理(レシピ)へ
      にほんブログ村/中華料理 




      人気ブログランキングへ
      人気ブログランキング

       

       

       

       

       

       

      | kisaragibook | 紹介されました | 18:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
      0
        広沢葉子先生「GLASS展〜11人の作家によるガラスの”今”〜」展が開催中です。

        皆様こんにちは!如月出版です。

         

        本日は、素敵な展覧会のお知らせです。

         

        弊社刊行のモダニズム詩集「サムシングクール」、作品集「ナポリフラッグ」の著者である詩人・黒田維理先生のお嬢様でガラス工芸作家の広沢葉子先生より、「GLASS展〜11人の作家によるガラスの”今”〜」のご案内をいただきました。

         

         

        真ん中下段の壺型ガラスが広沢葉子先生の作品です。

         

         

        会場が栃木市にある満福寺というお寺、そこに日本ガラス工芸協会会員11人の方の個性あふれる涼やかなガラス作品が展示されるとのことで、和の空間に最先端のガラスの表現の組み合わせ、どのような空間・雰囲気が醸し出されるのか、とても興味深いですね。

         

        皆様、ぜひお運びください!

         

         

        ■「GLASS展〜11人の作家によるガラスの”今”〜」

         

        2017年4月15日(土)〜23日(日)

        AM10:00〜PM5:00(最終日PM4:00にて閉場)会期中無休

        会場:満福寺 客殿2階広間

        〒328-0035 栃木県栃木市旭町22-27(駐車場完備)

        〇東武・JR栃木駅より徒歩12分

        〇栃木ICより車で10分

         

         

         

        ■文学・美術の好きな方にオススメ!如月出版の本のご紹介!
        モダニズム詩人・黒田維理の代表的詩集「something cool(サムシング・クール)」、
        詩のみならず短篇、紀行文、随筆、論説など黒田維理生涯の創作を網羅した作品集「ナポリフラッグ」はいかかでしょう!
        ビジュアル・ポエトリー(視覚詩)というジャンルにもあたる洗練された表現は映像・写真・建築・デザイン・絵画などあらゆるジャンルの垣根を超え様々なアーティストの方々に高い評価を得ています。



        50年の時を経て復刻した詩集「サムシングクール」はモダニズム詩の巨匠・北園克衛が装丁、ジャズ評論家清水俊彦の写真が使われたなんとも贅沢な詩集。
        躍動感溢れる言葉の連なりからイメージされるのはクールでもありシュールでもあり、モダンでなおかつスタイリッシュといった言葉の数々。
        どれもがあてはまってしまうようなとてもアーティスティックな詩集です。

        「ナポリフラッグ」では、「VOU」「Will」「et」「TRAP」など散逸していた貴重な資料から黒田生涯の作品を集め、1冊の作品集に纏めた永久保存版です。
        VOUの詩人・北園克衛を黒田が評論し、高い評価を得ている「HOW TO READ KIT:KAT」、上田保、吉田一穂、北園克衛と黒田の交流をしたためた随筆も本書に掲載されています。
        絵も描いた黒田が大変好んだ色である「白」をメインに大変洗練された美しい装丁デザインを手掛けてくださったのは、著名なガラス工芸家であり氏のお嬢様でいらっしゃる広沢葉子先生(島村アン)です。





        「something cool(サムシング・クール)」「ナポリフラッグ」
        のお求めは如月出版販売部TEL/03-6657-9000 FAX/03-6657-8999
        までお問い合わせください。


        「something cool(サムシング・クール)」「ナポリフラッグ」

        の詳細は弊社サイトでも紹介していますのでぜひご覧ください。
        如月出版のHPはコチラ

         


        ☆如月出版はブログランキングに参加しております。
        頑張ってまいりますので、応援ぽちっとよろしくお願いします!
        (お好きな絵柄の物をクリックしてくださいね!)

         

         


        にほんブログ村 ポエムブログ 現代詩へ
        にほんブログ村/現代詩ランク 




        にほんブログ村 哲学・思想ブログ 浄土真宗へ
        にほんブログ村/浄土思想 




        にほんブログ村 料理ブログ 中華料理(レシピ)へ
        にほんブログ村/中華料理 




        人気ブログランキングへ
        人気ブログランキング

         

         

         

         

        | kisaragibook | 展覧会・個展 | 11:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
        0
          新刊!「呪い返し−髪結いお佐和裏店情話」広田布美/著 お佐和を取り巻く下町の人々の切ない人生模様

          皆様こんにちは!如月出版です。

          本日は新刊のご案内です。

           

          小説「寒椿憂愁」に続く、「髪結いお佐和裏店情話」シリーズ第2弾、

          「呪い返し」が2/25発売となりました!

           

           

           

          作者は広田布美先生。

           

          懸命に生きながらも、

          小さな過ちの積み重ねや思いのすれ違いが火種となり、

          いつしかままならない事態に戸惑い苦しむ人々…そして再生。

           

          第一話 猫騒動

           

          第二話 噓つき

           

          第三話 呪い返し

           

          第四話 雪慕情

           

          天涯孤独ながら健気に生きる髪結いの娘・お佐和と、お佐和を廻る人々の心に染み入るストーリー。

          4つの切なくも味わい深い江戸ものがたり、ぜひご一読ください。

           

           

          ※過去の関連ブログもご覧ください。

           

          ■2013.04.07 ブログ

          新刊!「寒椿憂愁−髪結いお佐和裏店情話」広田布美/著 心揺さぶられる素敵な江戸の人情話・・・かつて日本にはこんな良き時代があった。

           

           

           

          ■作者・広田布美プロフィール

          昭和26年 東京都に生まれる。

          コピーライター・シナリオライターを経て執筆活動に入る。

          健気に生きる人間の姿を描きたいと思う。

          大田区在住。



          「呪い返し−髪結いお佐和裏店情話」「寒椿憂愁−髪結いお佐和裏店情話」広田布美/著 
          のお求めは全国書店
          または如月出版販売部TEL/03-6657-9000 FAX/03-6657-8999
          までお問い合わせください。


          ※「髪結いお佐和裏店情話」シリーズの詳細は弊社サイトでも紹介していますのでぜひご覧ください。
          如月出版のHPはコチラ




          ☆如月出版はブログランキングに参加しております。
           頑張ってまいりますので、応援ぽちっとよろしくお願いします!
          (お好きな絵柄の物をクリックしてくださいね!)






          にほんブログ村 歴史ブログ 江戸時代へ
          にほんブログ村/江戸時代

           

           

           


          にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
          にほんブログ村/水彩画



          にほんブログ村 哲学・思想ブログ 浄土真宗へ
          にほんブログ村/浄土思想 




          人気ブログランキングへ
          人気ブログランキング

           

           

          | kisaragibook | 新刊案内 | 17:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
          0
            醍醐芳晴水彩展 2016 サブウェイギャラリーMで開催中です。

            皆様こんにちは!如月出版です。

             

            ただいま横浜みなとみらいの「サブウェイギャラリーM」で醍醐芳晴水彩展が開催中です。

            醍醐先生といえば、弊社刊行画集「醍醐芳晴透明水彩作品集」「醍醐芳晴Watercolors供廚任なじみの人気水彩画家でいらっしゃることは皆様もうよくご存じかと思います。

             

            ぜひ、この機会にご高覧くださいませ。

             

             醍醐芳晴水彩展


            日時  12月13日(火)〜24日(土)10:30〜18:30 
            会場 サブウェイギャラリーM
            神奈川県横浜市みなとみらい3
            みなとみらい線みなとみらい駅構内 

             

             

             

             


            ◆◆◆如月出版のアートブックシリーズのご案内◆◆◆

            「醍醐芳晴透明水彩作品集〜still life , landscape , figure〜」



            本書は以下のような構成になっております!

            CONTENTS

            賛、日本のサージェント(岡部昌幸)

            静物 Still Life

            風景 Landscape

            人物 Figure

            画想の展開 作品『残紅』制作過程

            『残紅』へのラヴ・コール(雨谷麻世)

            透明水彩の魅力(醍醐芳晴)

            醍醐芳晴略歴

            掲載作品一覧

            画集刊行に寄せて(醍醐芳晴)



            ※「醍醐芳晴透明水彩作品集〜still life , landscape , figure〜」の詳細は如月出版HPをご覧くださいコチラ


            醍醐芳晴「Watercolors供



            本書は以下のような構成になっております!

            CONTENTS

            ■画家の取材風景

            ■岡部昌幸
            -香り立つ光彩、瑞々しい筆致が生み出す品格の魅惑

            ■醍醐作品図版
               STILL LIFE《静物》 
               LANDSCAPE《風景》 
               FIGURE《人物》

            ■画想の展開 風景を描く
             -構想から完成まで

            ■醍醐初期作品・セレクト編

            ■醍醐芳晴×小澤 章 対談
            《透明水彩への熱い想いを語る》

            ■醍醐芳晴 略歴

            ■作品目録

            ■あとがき


            ※醍醐芳晴「Watercolors供廚両楮戮惑〃扈佝韮硲个鬚翰くださいコチラ


            本のお求めは如月出版販売部TEL/03-6657-9000までお問い合わせください。

             

             

            如月出版のHPはコチラ

            ☆如月出版はブログランキングに参加しております。
            頑張ってまいりますので、応援ぽちっとよろしくお願いします!
            (お好きな絵柄の物をクリックしてくださいね!)

             

             


            にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
            にほんブログ村/水彩画



            にほんブログ村 哲学・思想ブログ 浄土真宗へ
            にほんブログ村/浄土思想 




            にほんブログ村 料理ブログ 中華料理(レシピ)へ
            にほんブログ村/中華料理 




            人気ブログランキングへ
            人気ブログランキング

             

            | kisaragibook | - | 18:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
            0
              「水彩の美しさを表現する 右近 としこ透明水彩画展」開催中です。

              皆様こんにちは!如月出版です。

              本日は素敵な展覧会のご案内です。

               

              弊社刊行画集「右近としこ透明水彩画集〜旅景色・異国叙情」の水彩画家・右近としこ先生の個展が、横浜関内のガレリアセルテで現在開催されております。

              「水彩の美しさを表現する 右近 としこ 透明水彩画展」です。

               

               

              右近先生は日本のみならず、アメリカでも活躍されていて、5つの水彩団体の正会員として所属されております。

              近々でも、今年1月にAWS(American Watercolor Socety)に3回目の入選を果たし賞を受賞されております。

              叙情を感じさせる美しい画風は、たくさんの水彩画を描く方の目標になっていらっしゃることは皆さんよくご存知かと思います。

              会場にいらっしゃる先生に、創作秘話などお伺いできるのも個展ならでは!ですよね。

              皆様ぜひ会場に足をお運びください。

               

              連日たくさんの方で賑わっています!

              先生と楽しく談笑されていますね。

               

              また、会場では、右近先生初の画集となった「右近としこ透明水彩画集〜旅景色・異国叙情」も販売されています。

              ご希望の方には、先生がサインを入れてくださいますので遠慮なくスタッフまでお声掛けくださいませ。


               

               

               

              「水彩の美しさを表現する 右近 としこ 透明水彩画展」

              2016年11月28日(月)〜12月7日(水)
              午前10時〜午後6時(会期中は無休)

               

              ガレリアセルテ
              〒231-0016 横浜市中区真砂町3-33 セルテ3階

              Tel&Fax 045-651-5471

               

               

               

               

              ****「右近としこ透明水彩画集 旅景色・異国叙情」のご紹介****





              「右近としこ透明水彩画集 旅景色・異国叙情」は、右近としこ先生初の本格水彩画集となります。
              右近先生が今までお描きになられた水彩画の中で、先生ご自身の大変思い入れのおありになるという作品を「風景」「静物・花」「人物」のカテゴリ別に収録した充実した内容となっています。
              また、美術評論家・藤嶋俊會先生による論評、右近先生によるエッセイも収録されています。
              御希望の方は、如月出版販売部 TEL 03−6657−9000までご連絡、あるいは FAX 03−6657−8999に送付先・冊数・ご連絡先のTELなど必要事項をご記入のうえ、お問い合わせください。

              ■右近としこプロフィール

              神奈川県生まれ。
              渡米の際、ポートランド・コミュニティ・カレッジ(オレゴン州)、
              シルバーマイン・スクール・オブ・アート(コネチカット州)で学ぶ。
              現在、アメリカの5つの水彩団体(AWS NWS CWA NWWS WSO)の正会員(Signature Member)として活動中。

              『右近としこ透明水彩画集 旅景色・異国叙情』
              のお求めは如月出版販売部TEL/03-6657-9000 FAX/03-6657-8999
              までお問い合わせください。

               

              如月出版のHPはコチラ

              ☆如月出版はブログランキングに参加しております。
              頑張ってまいりますので、応援ぽちっとよろしくお願いします!
              (お好きな絵柄の物をクリックしてくださいね!)

               

               


              にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
              にほんブログ村/水彩画



              にほんブログ村 哲学・思想ブログ 浄土真宗へ
              にほんブログ村/浄土思想 




              にほんブログ村 料理ブログ 中華料理(レシピ)へ
              にほんブログ村/中華料理 




              人気ブログランキングへ
              人気ブログランキング

               

               

              | kisaragibook | 画集 | 10:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
              0
                上橋泉先生「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めてローカルベストセラー達成記念講演会第5回」が開催されました。

                皆様こんにちは、如月出版です。

                先日の11月12日(土)、弊社刊行書籍「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」の著者・上橋泉先生による本書ローカルベストセラー達成記念著者講演会第5回(最終回)が千葉県柏市のアミュゼ柏にて開催されました。

                当日の模様を皆様にご報告いたします。

                今回のテーマは「人生の苦しみに積極的な意味はあるのか?」です。

                 

                以下は、本講演の開催にあたって、先生が事前にご案内くださった講演概要です。

                 

                「平成26年3月に第1回出版記念講演会を行いましてより、本年5月までに4回の出版記念講演会を開催してまいりました。過去4回のテーマは以下に示す通りでした。

                 

                第1回 一回だけで終わる予定でしたのでテーマを定めず:私の信仰人生について語る

                第2回 人間は本当に救われるのか?(第1回に出席された方から要請があり、企画)

                第3回 日本人の宗教性(霊性)は回復するのか?

                第4回 人間とは何か? 本当の貴方は何者か?

                 

                抹香臭いこのようなテーマに、毎回50名以上の(多いときは90名を超える)方々にご出席いただきましたことは奇跡としか言い様がありません。ご出席下さいました各位並びに、私にこのような機会を与えて下さった神に心より感謝申し上げます。

                 

                第5回を以て終了するのは、私が拙書で訴えたかった内容を次回で話終えることができるのではないかと思うからです。5回の講演を締めくくるにあたって、最後のテーマを『人生の苦しみに積極的な意味はあるのか?』としたことは、まことに時宜にかなうものであると思います。人間の実存について思想的論及をおこなっても、今人生に行き詰まっておられる方に、生きる力を与えられなければ宗教の存在意義はありません。

                 

                多くの方々が苦しみをかかえて生きておられます。仏教は人生の苦しみの原因と、それからの解放の道を説いてきましたが、『人生の苦しみそれ自体に積極的な意味がある』ということは説いてきませんでした。この点では、キリスト教に一日の長があることを認めざるを得ません。このシリーズの講演会も、2回から4回までは仏教の経典を中心に取り上げさせていただいたのですが、最後の講演はキリストの言葉が中心になります。

                 

                さらに今回は、これまでと違って宗教文献に論及することはできるだけ避け、現代に生きる人をトピックに取り上げます。その方は、ヘレン・ケラー同様の盲聾者でありながら東大教授になられた福島智さんです。福島智さんは、私が議員に初めてなった翌年の平成4年に、ある方を通じて私を尋ねてこられました。東京学芸大学を卒業されたばかりで、まだ進路が決まっておられない時期だったようです。福島智さんを紹介して下さった方が、私に福島智さんの支援者を探してほしいと要請してこられたのです。私は何か所かお連れしたのですが、成果はありませんでした。

                 

                福島智さんとの出会いは一回だけで終わったのですが、この春、福島智さんの自伝ともいうべき『ぼくの命は言葉とともにある』を手にいたしました。それを通読して、福島智さんが『神が自分に苦しみを与えたということは、神に何か大きな意思があって、自分に何かを託しておられるからだ』という信仰をもってこられたということを知りました(福島智さんの信仰は、著作によると天理教だそうですが、ここで述べておられる『神』は宗派を超えた絶対者だと思います)。不肖 私も、実はこの信仰をもって恥ずかしげもなくこの年まで生きてきました。

                 

                私は青雲の志をもって郷関(鳥取県東伯群東郷町)を出で、『男はつらいよ』の主題歌で渥美清が歌うように『いつかお前が喜ぶような偉い兄になりたいな』(私には5歳年下の妹がいます)と思い続けてきました。しかし、こと志に違い、世間にさしたる恩返しもできず、悶々たる思いを続けながら66歳になりました。『上橋も引退してもいい年なのに』と世間が見ているような気もします。しかし体が全然衰えないものですから、私が果たさなければならない使命が残っているような気がしてならないのです。五体満足な体をいただきながら、男として満足できる仕事を何一つさせていただけなかった、この運命は本当につらいものがあります。だから、福島智さんの信仰に癒された思いがしたのです。

                 

                人生の苦しみには、必ずや積極的な意味があるはずです。キリストの弟子たちが、生まれつき盲目の男を前に、『彼が盲目なのは、本人の罪か、親の罪か?』とキリストに質問したのに対し、lキリストは『本人が罪を犯したのでもない。両親が罪を犯したのでもない。ただ神の御業が現れるためだ』と言い、その男を癒しました。福島智さんも、前掲書の中で、多くの重度の障碍者の方々が『神の御業が現れるためだ』というキリストの言葉に生きる力をいただいているということを述べておられます。

                 

                私もローカルベストセラーとなった拙著の『あとがき』で、苦しみの淵にある青年に向かって、「だからキリストが『神の御業が現れんが為なり』と語ったように、貴方と貴方の周りに必ず『神の御業』は現れる」と述べ、拙著を締めくくらせていただいております。

                 

                『人生に無意味な体験は何一つない。いかなる悲しみも、苦しみも『神の御業』が現れるためだ』ということを、渾身の力を以て皆様にお伝えして、5回に及んだ出版記念講演会を終了させていただきたいと思います。ご参集を、お待ち致しております。

                 平成28年 夏    上橋 泉」

                 

                当日は多くの方が集い、真剣に先生のお話に耳を傾けていらっしゃいました。

                福島智さんとの交流や、先生とご家族とのお話、先生がこれからライフワークとして取り組もうとされていること、最後には先生が作詞された「聖なる使命実現の為の無限供給譜」をお披露目いただき先生自ら歌ってくださるなど、盛りだくさんな講演でした。

                 

                 

                この講演会はyou tubeにもUPされておりますので、皆様ぜひお聴きいただければと思います。

                 

                【you tube】【上橋泉】浄土思想第5回出版記念講演会はこちらをクリック

                 

                 

                ■かみはし泉 公式WEBサイトhttp://www16.plala.or.jp/kamihasi-izumi/
                 
                ■上橋 泉プロフィール

                昭和24年10月鳥取県で誕生。
                京都大学法学部卒。
                外務省入省後、在米大使館付でダートマス大学に留学。
                在イラン大使館勤務時に、米国大使館人質事件に遭遇。対イラク戦争では在留邦人を安全に帰国させる。
                平成3年から柏市議会議員(現在、6期目)。
                麗澤大学大学院から経済学修士号を取得。
                西部邁氏主宰の「表現者賞・第1回懸賞論文」で市民の自治能力を論じた論文が奨励賞を受賞。
                団体役職:「北朝鮮に拉致された日本人を救出する全国地方議員の会」理事、「地方自治経営学会(会長は片山善博・元総務大臣)」理事





                『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』
                上橋 泉/著


                ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※



                ◆『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて
                        ‐この宇宙に無意味なものは一切ない‐』

                目次

                読者諸氏 ここからどうぞ 

                前編「フランクルのユダヤ人強制収容所での体験は心に絶対者をもたない現代日本人を救い得るか?」

                第1章 能天気な保守派言論人 

                第2章 神仏を失った現代日本人

                第3章 東日本大震災被災者の心の支えを求めて

                第4章 フランクルが強制収容所から得た体験的人生観
                   第1節 絶対的な未来の喪失
                   第2節 極限下での人間の精神の自由
                   第3節 絶対的な未来の喪失は人間を内面的に成長させる機会ともなり得る
                   第4節 人生観のコペルニクス的転回と態度価値

                 第5章 フランクルの体験的人生観は現代日本人を救い得るか?
                   第1節 霊性の世界を忌避するフランクル
                   第2節 超次元の世界を垣間見たのか? 
                   第3節 心霊体験なのか? 
                   第4節 絶対者の導きなのか?            

                 第6章 絶対者と不死なる人間生命の実感 


                後編「日本人は絶対者を認めずに生きて行けるのか?」

                 第1章 私が沈黙できない理由 
                 
                 第2章 大震災を摂理の所業と認めることを阻んでいる心理とそれに対する反駁
                   第1節 自然科学発達の影響 
                   第2節 因果が応報していないのではないかという疑問  
                   第3節 キリスト教に対する偏見が日本の伝統的宗教観もゆがめている 
                  
                第3章 東日本大震災は流産児の悲しみの声である
                   第1節 なぜ堕胎は重大な犯罪であるのか
                   第2節 日本の堕胎反対運動 
                   第3節 菊田昇医師の言う堕胎の報い

                 第4章 日本の堕胎数が欧米並みに減る日は来るのか?
                   第1節 菊田昇医師が明らかにした日本社会の暗部
                   第2節 菊田昇医師の懸念は的中した 

                 第5章 浄土思想とは         
                   第1節 道徳と宗教  
                   第2節 浄土思想の解釈を分ける視点  
                   第3節 キリスト教と浄土思想  
                             
                 第6章 21世紀を生きる日本人のための浄土思想 
                   第1節 「我とは何か」によるアプローチ  
                   第2節 浄土思想の本源は親と家族を思う心情 
                   第3節 日本人の宗教生活のあり方 
                   第4節 日本人は絶対者を認めずに生きて行けるのか?  
                   第5節 浄土思想は社会を救い得るか?     

                 第7章 この宇宙に無意味なものは一切ない  
                   第1節 人間は遅かれ早かれ人生の意味を知ることになる 
                   第2節 人生は宿命ではない          

                 第8章 浄土門を生きぬいた人たち      
                   第1節 浄土真宗妙好人「因幡の源左」 
                   第2節 「足なし禅師」本日ただいま誕生 
                   第3節 津波で全てを失いながらも
                        「亡くなった方のために祈らなければならない」と思った亀谷晃子   

                 あとがき  
                 主たる参考文献



                本書「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」のより詳しい内容については、
                以下および如月出版のホームページ(→コチラをクリック)をご参照ください!



                ※以前ご紹介いたしました本書関連ブログもご覧ください!



                ■2013年1/10ブログ 新刊!「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」 上橋泉/著

                ■1/16ブログ G・グローブ賞受賞映画「アルゴ」と「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」著者・上橋泉先生の関係

                ■1/24ブログ 浅野書店週間売上ランキング8位に「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」がランクインしました!

                ■2/4ブログ さらにランクアップ!浅野書店週間売上ランキング5位に『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』がランクインしました!

                ■2/18ブログ 『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』の書評が宗教新聞に掲載されました!

                ■2/28ブログ 本当の「アルゴ」 アカデミー賞受賞映画に描かれなかった緊迫のストーリー 上橋泉先生の実体験より

                ■4/14ブログ 「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」の著者・上橋泉先生が宗教新聞「人」欄で紹介されました!


                5/21ブログ 上橋泉先生の『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて‐この宇宙に無意味なものは一切ない‐』の国民新聞掲載書評と本の内容について


                ■7/12ブログ カトリックの月刊誌「家庭の友」に「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」上橋泉/著が紹介されました。


                10/6ブログ 中外日報書評欄に「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」上橋泉/著が紹介されました!



                ■2014年1/18ブログ 『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』上橋泉/著のベストセラー達成記念講演会並びにサイン会 のご案内


                ■3/31ブログ 上橋泉/著『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』の講演会&サイン会がアミュゼ柏にて開催されました!



                ■2014年5/4ブログ 『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』(上橋泉/著)のベストセラー達成記念講演会 in 柏での講演内容がYOUTUBEにアップロードされました!

                ■10/13ブログ 上橋泉/著「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」の第1回講演内容全文が宗教新聞に掲載されました。


                ■2015年1月12日ブログ 「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」(上橋 泉/著)のローカル・ベストセラー達成記念講演会(第1回、第2回)がYouTubeにアップロードされました。


                ■2015年3月17日ブログ 上橋泉先生の 『新春の集い』が開催されました。


                ■2015年11月10日ブログ 「 日本人の宗教性(霊性)は回復するか?」『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』 第3回 出版記念講演会が2015年11月7日に開催されました。

                 

                 



                『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』
                上橋 泉/著

                のお求めは全国書店
                または如月出版販売部TEL/03-6657-9000 FAX/03-6657-8999
                までお問い合わせください。(如月出版販売部に直接お申込みいただいた方には送料無料でお届けいたします)


                ※『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』の詳細は弊社サイトでも紹介していますのでぜひご覧ください。
                如月出版のHPは
                コチラ

                ☆如月出版はブログランキングに参加しております。
                頑張ってまいりますので、応援ぽちっとよろしくお願いします!
                (お好きな絵柄の物をクリックしてくださいね!)

                 

                 


                にほんブログ村 ポエムブログ 現代詩へ
                にほんブログ村/現代詩ランク 




                にほんブログ村 哲学・思想ブログ 浄土真宗へ
                にほんブログ村/浄土思想 




                にほんブログ村 料理ブログ 中華料理(レシピ)へ
                にほんブログ村/中華料理 




                人気ブログランキングへ
                人気ブログランキング

                 

                 

                | kisaragibook | 講演会&サイン会 | 19:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                0
                  「第2回詩誌δ(デルタ)展」が鎌倉で開催されます。

                  皆様こんにちは。如月出版です。

                  今日は素敵な展覧会のご案内です。

                  詩人・田名部信先生より素敵な展覧会のご案内をいただきました。

                  「第2回詩誌δ(デルタ)展」です。

                   

                  田名部先生といえば、弊社刊行モダニズム詩集「サムシングクール」「ナポリフラッグ」の著者・故・黒田維理先生と、

                  かつてご交流がおありになり、書簡のやり取りをされていらっしゃいました。

                  その素敵なエピソードがきっかけとなり、

                  毎回、田名部先生が編集されている貴重な詩誌「δ」を弊社に御寄贈していただいております。

                  今回も「第2回詩誌δ(デルタ)展」のご案内と共に、

                  田名部先生のプライベートプレス:「詩集 cyanの粒子 particle of cyan」を御寄贈いただきました。

                   

                  左が「δ(デルタ)NUMERO 42」、右がシンプルな造りにこだわりとセンスを感じる田名部先生の詩集 「cyanの粒子 particle of cyan」です。

                   

                  場所は鎌倉。

                  初秋の鎌倉を散策しながら、素敵な展覧会を鑑賞するのも素敵ですね。

                  皆様、ぜひお運び頂ければ幸いです。

                   


                  ■第2回詩誌δ展 open page for poetry

                  会期:2016年10/5(水)〜10/9(日) 

                  AM10:00〜PM17:30(初日13:00〜17:30 最終日10:00〜16:30)

                  場所:鎌倉BOX (鎌倉市小町2-6-41 #105)

                  Access:http://www.zelkova-t.com/tenant/105.html

                   

                  ●出品詩人
                  Shinichiro Demura  Hajime Kikuchi  Ryo Sahara  Misako Yarita
                  Shin Tanabe  Julien Blaine  Demosthenes Agrafiotis
                  Fernando Aguiar  Jean-Francois Bory  Daniel Van de Velde
                  Klaus Peter Dencker  Bartolome Ferrando
                  Marco Furia  John M. Bennett  Hitoshi Kanazawa
                  Antonio Sassu  Andre Rober  Clemente Padin
                  Joszef Biro  Giovanni Fontana  Scott Helmes
                  Jacques Donguy  Richard Kostelanetz
                  Ryosuke Cohen  Lubomyr Tymkiv  Luc Fierens
                  Guy R. Beining  Yasuo Fujitomi
                  Tolsty(Vladimir Kotliarov)  Shohachiro Takahashi
                  Pierre Garnier  Tatsu Okunari

                   

                  「δ(デルタ)」ホームページはこちら

                   

                  http://poetry-delta.weebly.com/
                   


                  田名部信先生に関する弊社のブログです。ぜひご覧ください!


                  ■2013.06.16 ブログ 詩誌「δ(デルタ)」田名部信氏とモダニズム詩人・黒田維理の交流

                   

                  ■2013.12.09 ブログ 第一回詩誌δ展が開催されています 

                   

                  2015.09.14 詩誌δ(デルタ)41号をご寄贈いただきました。 詩人 田名部 信さんより

                   

                  ■文学・美術の好きな方にオススメ!如月出版の本のご紹介!
                  モダニズム詩人・黒田維理の代表的詩集「something cool(サムシング・クール)」、
                  詩のみならず短篇、紀行文、随筆、論説など黒田維理生涯の創作を網羅した作品集「ナポリフラッグ」はいかかでしょう!
                  ビジュアル・ポエトリー(視覚詩)というジャンルにもあたる洗練された表現は映像・写真・建築・デザイン・絵画などあらゆるジャンルの垣根を超え様々なアーティストの方々に高い評価を得ています。



                  50年の時を経て復刻した詩集「サムシングクール」はモダニズム詩の巨匠・北園克衛が装丁、ジャズ評論家清水俊彦の写真が使われたなんとも贅沢な詩集。
                  躍動感溢れる言葉の連なりからイメージされるのはクールでもありシュールでもあり、モダンでなおかつスタイリッシュといった言葉の数々。
                  どれもがあてはまってしまうようなとてもアーティスティックな詩集です。

                  「ナポリフラッグ」では、「VOU」「Will」「et」「TRAP」など散逸していた貴重な資料から黒田生涯の作品を集め、1冊の作品集に纏めた永久保存版です。
                  VOUの詩人・北園克衛を黒田が評論し、高い評価を得ている「HOW TO READ KIT:KAT」、上田保、吉田一穂、北園克衛と黒田の交流をしたためた随筆も本書に掲載されています。
                  絵も描いた黒田が大変好んだ色である「白」をメインに大変洗練された美しい装丁デザインを手掛けてくださったのは、著名なガラス工芸家であり氏のお嬢様でいらっしゃる広沢葉子先生(島村アン)です。





                  「something cool(サムシング・クール)」「ナポリフラッグ」
                  のお求めは如月出版販売部TEL/03-6657-9000 FAX/03-6657-8999
                  までお問い合わせください。


                  「something cool(サムシング・クール)」「ナポリフラッグ」

                  の詳細は弊社サイトでも紹介していますのでぜひご覧ください。
                  如月出版のHPはコチラ

                   


                  ☆如月出版はブログランキングに参加しております。
                  頑張ってまいりますので、応援ぽちっとよろしくお願いします!
                  (お好きな絵柄の物をクリックしてくださいね!)

                   

                   


                  にほんブログ村 ポエムブログ 現代詩へ
                  にほんブログ村/現代詩ランク 




                  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 浄土真宗へ
                  にほんブログ村/浄土思想 




                  にほんブログ村 料理ブログ 中華料理(レシピ)へ
                  にほんブログ村/中華料理 




                  人気ブログランキングへ
                  人気ブログランキング

                   

                   

                  | kisaragibook | 展覧会 | 15:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                  0
                    2016「GLASS・今日展」〜挑戦するガラス〜 広沢葉子先生 日本橋三越

                    皆さまこんにちは!如月出版です。

                     

                    本日は、弊社刊行モダニズム詩集「サムシング・クール」「ナポリフラッグ」の著者・黒田維理先生のお嬢様でガラス工芸作家の広沢葉子先生が所属されている、日本ガラス工芸協会(JGAA)の素敵なガラス作品の展覧会のお知らせをいたします。

                     

                     

                     

                     

                     

                    夏の終わりを飾って、本年も日本ガラス工芸協会会員20名による「Glass・今日展 を開催いたします。
                    今展では、ガラスアートの幅広さや躍動感をご覧頂くとともに、「挑戦するガラス」をサブタイトルとして、創作の上でも様々な挑戦を続ける作家の姿勢や精神も含めてご覧頂きます。また、本年は「希望の器」をテーマ作品として加えました。
                    この機会に、是非ご高覧いただきたくご案内申し上げます。(本展案内状より抜粋)

                     

                     

                    ガラス工芸作家の先生方による豊かな発想力・表現力に皆さまとても驚かれると思います。
                    目にも涼やかなガラスの展覧会です。
                    連日も猛暑の疲れも癒される、豊かなひと時を楽しめる展覧会だと思います。
                    皆さま、ぜひ、お運びください!

                     

                     

                    ○ 出品者 上島あい子、神田正之、北 泰子、小西 晃、
                     小林淑郎、佐藤万里子、下嶋理依子、玉田恭子、
                     塚村剛、鍋田尚男、広沢葉子、藤田 潤、
                     藤原信幸、松浦健司、八木洋子、安田泰三、
                     山口浩二、山田輝夫、山野宏、吉井こころ(敬称略・五十音順)
                     

                    ○ 会 期 2016年8月24日(水)〜 29日(月)
                     

                    ○ 会 場 日本橋三越本店本館6階
                     アートスクエア及び美術工芸サロン
                     

                    ■文学・美術の好きな方にオススメ!如月出版の本のご紹介!
                    モダニズム詩人・黒田維理の代表的詩集「something cool(サムシング・クール)」、
                    詩のみならず短篇、紀行文、随筆、論説など黒田維理生涯の創作を網羅した作品集「ナポリフラッグ」はいかかでしょう!
                    ビジュアル・ポエトリー(視覚詩)というジャンルにもあたる洗練された表現は映像・写真・建築・デザイン・絵画などあらゆるジャンルの垣根を超え様々なアーティストの方々に高い評価を得ています。



                    50年の時を経て復刻した詩集「サムシングクール」はモダニズム詩の巨匠・北園克衛が装丁、ジャズ評論家清水俊彦の写真が使われたなんとも贅沢な詩集。
                    躍動感溢れる言葉の連なりからイメージされるのはクールでもありシュールでもあり、モダンでなおかつスタイリッシュといった言葉の数々。
                    どれもがあてはまってしまうようなとてもアーティスティックな詩集です。

                    「ナポリフラッグ」では、「VOU」「Will」「et」「TRAP」など散逸していた貴重な資料から黒田生涯の作品を集め、1冊の作品集に纏めた永久保存版です。
                    VOUの詩人・北園克衛を黒田が評論し、高い評価を得ている「HOW TO READ KIT:KAT」、上田保、吉田一穂、北園克衛と黒田の交流をしたためた随筆も本書に掲載されています。
                    絵も描いた黒田が大変好んだ色である「白」をメインに大変洗練された美しい装丁デザインを手掛けてくださったのは、著名なガラス工芸家であり氏のお嬢様でいらっしゃる広沢葉子先生(島村アン)です。





                    「something cool(サムシング・クール)」「ナポリフラッグ」
                    のお求めは如月出版販売部TEL/03-6657-9000 FAX/03-6657-8999
                    までお問い合わせください。


                    「something cool(サムシング・クール)」「ナポリフラッグ」

                    の詳細は弊社サイトでも紹介していますのでぜひご覧ください。
                    如月出版のHPはコチラ

                     


                    ☆如月出版はブログランキングに参加しております。
                    頑張ってまいりますので、応援ぽちっとよろしくお願いします!
                    (お好きな絵柄の物をクリックしてくださいね!)

                     

                     


                    にほんブログ村 ポエムブログ 現代詩へ
                    にほんブログ村/現代詩ランク 




                    にほんブログ村 哲学・思想ブログ 浄土真宗へ
                    にほんブログ村/浄土思想 




                    にほんブログ村 料理ブログ 中華料理(レシピ)へ
                    にほんブログ村/中華料理 




                    人気ブログランキングへ
                    人気ブログランキング

                     

                    | kisaragibook | 展覧会 | 10:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                    0
                      新刊「灑涙雨―夏瞳詩集」が、かもめブックスさんでおすすめ本として紹介されております。

                      皆様こんにちは!如月出版です。

                       

                      弊社の新刊「灑涙雨(さいるいう)―夏瞳詩集」が、いま話題の本屋さんとして注目されている神楽坂の「かもめブックス」さん(弊社の関連過去の記事は→こちら「頑張ってほしい、街の素敵な本屋さん、「かもめブックス」さん」)において、「おすすめの本」として、ピックアップしていただいております!

                       

                      ミッドナイトブルーの装丁が美しい詩集です。

                       

                      カフェやギャラリーの併設されたゆったりとした時間の流れる空間で、

                      夏先生の「灑涙雨」に、ぜひみなさん触れてみてくださいね!

                       

                       

                      ★かもめブックス
                      http://kamomebooks.jp/access

                       

                      〒162-0805 東京都新宿区矢来町123 第一矢来ビル1階
                       Tel / Fax03-5228-5490 / 03-5228-4946
                       
                      営業時間:月曜日〜土曜日 10:00 〜 22:00 日曜日 11:00 〜 20:00
                      定休日:不定休
                       周辺地図
                      アクセス
                      □最寄駅
                       地下鉄東西線「神楽坂駅」矢来口より徒歩0.5分
                       □その他
                       地下鉄大江戸線「牛込神楽坂駅」A1出口より徒歩10分
                       地下鉄有楽町線「江戸川橋駅」各出口より徒歩10分
                       JR総武線「飯田橋駅」B3出口より徒歩15分

                       

                       

                       

                      「灑涙雨―夏瞳詩集」 夏 瞳/著

                      価格/定価:本体1500円+税

                      ISBN978-4-901850-50-6

                       

                      ★★★「灑涙雨―夏瞳詩集」★★★

                       

                      如月出版が、この夏に送る、不思議で、美しい、新詩集。夏 瞳『灑涙雨』( sairuiu )。
                      言葉を、絵のように、音のように、見凝めて欲しい。
                      …… そこには、対極なるものを包摂して高次な世界観を構築していこうとする意思が見え隠れしていて、 読み進むうちに、得体のしれない大きな渦のなかに巻き込まれていくような戸惑いもあるが、 その渦の向こうに、かつて般若心経を数学の論理で読み解こうとしていたころのなつかしい自分を見たような気がした。矛盾に矛盾を重ねて絶対肯定を目指す心象世界である。
                      佐治 晴夫 「夏 瞳 詩集『灑涙雨』に寄せて」より

                       



                      夏 瞳(なつ ひとみ) 詩人・作詞家
                      1971年、福岡生まれ。
                      20代、コピーライター、デザイナーを職業としていた頃、ライヴイベント、テレビ出演などで恋愛についてのトークや詩の朗読を行う。
                      上京後、メルマガ『今日の恋愛詩』を発刊。刊行数は600本を超える。
                      2011年、音楽事務所と契約を結び、現在、作詞家としても活躍中。
                      著書『悲しき熱帯魚』『アンモナイトにぶら下がる失恋の涙』など。

                       

                      ホームページ http://www.natuhitomi.com 
                      Twitterアカウント https://twitter.com/natsuhitomi

                       

                       

                      「灑涙雨―夏瞳詩集」
                      のお求めは全国書店
                      または如月出版販売部TEL/03-6657-9000 FAX/03-6657-8999
                      までお問い合わせください。


                      「灑涙雨―夏瞳詩集」の詳細は弊社サイトでも紹介していますのでぜひご覧ください。
                      如月出版のHPは
                      コチラ



                      ☆如月出版はブログランキングに参加しております。
                      頑張ってまいりますので、応援ぽちっとよろしくお願いします!
                      (お好きな絵柄の物をクリックしてくださいね!)

                       

                       


                      にほんブログ村 ポエムブログ 現代詩へ
                      にほんブログ村/現代詩ランク 




                      にほんブログ村 哲学・思想ブログ 浄土真宗へ
                      にほんブログ村/浄土思想 




                      にほんブログ村 料理ブログ 中華料理(レシピ)へ
                      にほんブログ村/中華料理 




                      人気ブログランキングへ
                      人気ブログランキング

                       

                      | kisaragibook | | 08:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                      CALENDAR
                      SMTWTFS
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      252627282930 
                      << June 2017 >>
                      RECOMMEND
                      詩集 灑涙雨
                      詩集 灑涙雨 (JUGEMレビュー »)
                      夏 瞳
                      如月出版が、この夏に送る、不思議で、美しい、新詩集。夏 瞳『灑涙雨』( sairuiu )。

                      言葉を、絵のように、音のように、見凝めて欲しい。

                      …… そこには、対極なるものを包摂して高次な世界観を構築していこうとする意思が見え隠れしていて、 読み進むうちに、得体のしれない大きな渦のなかに巻き込まれていくような戸惑いもあるが、 その渦の向こうに、かつて般若心経を数学の論理で読み解こうとしていたころのなつかしい自分を見たような気がした。矛盾に矛盾を重ねて絶対肯定を目指す心象世界である。

                      佐治 晴夫 「夏 瞳 詩集『灑涙雨』に寄せて」より
                      RECOMMEND
                      中国料理食語大辞典
                      中国料理食語大辞典 (JUGEMレビュー »)
                      戸川隆介
                      偶然手にした1冊の中国料理のメニュー表との「衝撃の出会い」から、中国の食材に惹きつけられた著者が、20年もの歳月をかけ、中国と日本の間を行き来し、収集し、調査し、研究し尽くした中国料理に関する複雑な用語を掲載した今までに類のない辞典。中国料理研究家、研究者、中国語学習者、栄養士、中華料理店経営者、食通の方など「中国料理」に関わるプロフェッショナルはもちろん、中国四千年の食文化に関心をお持ちの全ての方々のお役に立てるよう、2万6234語もの中国料理に関する食語を収録。難解で複雑な中国用語を検索しやすく、また現代の食文化までも網羅し編集。新装改訂版!
                      RECOMMEND
                      【楽天ブックスならいつでも送料無料】水彩画のバイブル [ 大原裕行 ]
                      【楽天ブックスならいつでも送料無料】水彩画のバイブル [ 大原裕行 ] (JUGEMレビュー »)
                      現在第一線で活躍している多くの水彩画のスター達やアメリカ、中国、韓国も参加出品した全国公募・水彩画コンクールにおいて、800余点の頂点にたち、水彩連盟で24歳という若さで最年少会員、水彩人創立に参加した大原裕行。「一枚の繪」通信教育テキスト著者でもあり、様々な美術雑誌等において技法の紹介や指導にあたり、常に斬新な作品を発表し続けている大原による、初の書き下ろし技法書。水彩画を描く人のレベルアップのための『水彩画のバイブル』。
                      RECOMMEND
                      詩集 サムシング・クール
                      詩集 サムシング・クール (JUGEMレビュー »)
                      黒田 維理
                      北園克衛「VOU」が産み出したモダニズム詩人・黒田維理の代表作!各界のアーティスト・クリエーターたちに、そのセンス・完成度の高さから絶大な支持!とてつもなくクールな詩集!詩の概念がこの一冊でくつがえされます!
                      RECOMMEND
                      【送料無料選択可!】徳洲会の黒い影 弁護士を付けずに闘った全記録そしてその勝訴の意味とは...[本/雑誌] / 真鍋雅之/著
                      【送料無料選択可!】徳洲会の黒い影 弁護士を付けずに闘った全記録そしてその勝訴の意味とは...[本/雑誌] / 真鍋雅之/著 (JUGEMレビュー »)
                      医療事故、発生!
                      その時、医療法人徳洲会から受けた酷い仕打ちが、著者をたった一人で闘う『裁判』へと駆り立てた!
                      徳洲会の隠蔽体質を知り、このままでは、いつかきっと、社会を揺るがす大事件を起こすに違いない!・・・著者は「徳洲会公職選挙法違反事件」を予見していた!膨大な証拠書類を地道に集め、たった一人で大組織に立ち向かった450日。真実の記録。
                      RECOMMEND
                      醍醐芳晴Watercolors―透明水彩作品集〈2〉
                      醍醐芳晴Watercolors―透明水彩作品集〈2〉 (JUGEMレビュー »)
                      醍醐 芳晴
                      水彩画家・醍醐芳晴の代表的画集です!水彩画を描く方は必携の書です!永久保存版!
                      RECOMMEND
                      21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて
                      21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて (JUGEMレビュー »)
                      上橋 泉
                      日本人の魂を救う、真の拠り所となりうるものとは? 大震災以来、この国の将来は闇の帳に包まれた。人間が、いかなる環境においても、安楽に生きていくことの出来る道を明らかにする、上橋泉渾身の1冊!
                      RECOMMEND
                      ハートとキューピー (HEART BOOK)
                      ハートとキューピー (HEART BOOK) (JUGEMレビュー »)
                      ローズ オニール,大橋 美佐,北川 和夫
                      ローズオニール・キューピーがかわいいイラスト詩集になって登場。ハートにまつわる素敵な愛の詩集です♪
                      RECOMMEND
                      鼠径ヘルニア(脱腸)は入院しなくても治る!
                      鼠径ヘルニア(脱腸)は入院しなくても治る! (JUGEMレビュー »)
                      執行 友成
                      鼠径(そけい)ヘルニア(脱腸)は、入院しなくても治る! 執行 友成/著  開業外科医の仕事−日帰り手術に取り組んだ15年− 開業医だって、開業医であればこそ、メスを執るという決断! 患者の負担-長期入院による経済的損失-を考える医療! 痛みを出来るだけ少なくし、その日のうちに家に帰る! 患者の早期社会復帰こそが、いま医療に求められているニーズ。「TBS・これが世界のスーパードクター」でも紹介され、野球解説者・スポーツキャスターとして著名な古田敦也氏も信頼を置く名医!
                      RECOMMEND
                      とびらのむこうがわ―かすみのおはなし集
                      とびらのむこうがわ―かすみのおはなし集 (JUGEMレビュー »)
                      いべかすみ
                      幼少のころからC.S.ルイスの『ナルニア国ものがたり』に親しみ、かの地やルーシー、アスランら登場人物に憧憬し、ものがたりの一員としてめくるめく冒険を夢見、豊かな想像の翼を羽ばたかせていた、物語が大好きでたまらない一人の少女が紡ぎだす、等身大のショートストーリー!
                      RECOMMEND
                      ちひろとタリタリのたのしい英語絵本
                      ちひろとタリタリのたのしい英語絵本 (JUGEMレビュー »)
                      きれいなイラストの子供向けのやさしい英語絵本!かわいい妖精タリタリと一緒に英単語を覚えよう!
                      RECOMMEND
                      水彩は、たのしい―作品と技法
                      水彩は、たのしい―作品と技法 (JUGEMレビュー »)
                      大場 再生
                      図書館協会選定図書!独立美術協会の画家・大場再生がプロの技・コツを伝授する水彩画の描き方!風景・人物・静物に亘って詳しく網羅!水彩画を描く方のバイブル!
                      RECOMMEND
                      Ms.cried
                      Ms.cried (JUGEMレビュー »)
                      鈴木 博美
                      北園克衛「VOU」の血脈を受け継ぐ詩誌「gui」同人であり、1999-2000年入沢康夫氏選により「ユリイカ」に掲載された鈴木博美の記念すべき集大成詩集。雨水が幻のように吸い込まれ、地中深く眠る武蔵野伝承の地「水食らい土」から着想した表題作を含め、独特の感性で綴られた作品群に、「gui」同人、山本一語の静謐な写真とのコラボレーションが深い余韻を伝える新感覚の詩集。
                      RECOMMEND
                      寒椿憂愁―髪結いお佐和裏店情話
                      寒椿憂愁―髪結いお佐和裏店情話 (JUGEMレビュー »)
                      広田 布美
                      寒椿憂愁−髪結いお佐和裏店情話 広田布美/著 異色の書き下ろし時代小説 情の深さが悪の企みを暴く 姉への思慕か親への恩か 揺れる心は椿の花に思いを託す かつて日本には美しい「人情」があった・・江戸下町を舞台に健気に生きる髪結いの娘お佐和をめぐる人々の心揺さぶられる5つの小粋な江戸人情話。 
                      RECOMMEND
                      成功学のすすめ―7×7×7の法則
                      成功学のすすめ―7×7×7の法則 (JUGEMレビュー »)
                      神野 博史
                      2013年2月8日発売!「サクセスストーリー 成功学のすすめ 7×7×7の法則」 神野 博史/著 「成功」には「法則」がある!「物から心の時代」、「競争から共生の時代」、「集団から個性の時代」へとパラダイムが大きく転換した今の時代こそ、「成功学」の時代! 公認会計士・経済学博士・愛知県議会議員でもある著者が、自ら実践し自ら証明することにより確立した「人が幸せに生きる」ための7×7×7の法則!
                      RECOMMEND
                      悪魔の尻―妙魔界図説
                      悪魔の尻―妙魔界図説 (JUGEMレビュー »)
                      むかい あぐる
                      驚愕の超細密技巧!イラストレーターむかいあぐるが紡ぎだすPOPでシュールでキュートなゴシック&ロリータ系悪魔ワールド! ちょっぴり、ワルいことするの、大好き! 小悪魔少女・桃美ちゃんと悪魔の尻族のデビップが繰り広げる、摩訶不思議ミラクルワールド!
                      RECOMMEND
                      Paty Bear―Seasons Diary
                      Paty Bear―Seasons Diary (JUGEMレビュー »)
                      たなか ようこ,ユニック
                      パティーベア シーズンズダイアリー ふわもこの可愛いクマちゃんのパティーベアが、可愛い絵日記を綴ります。美味しそうなお料理や可愛い手作りグッズを紹介!きっと作ってみたくなる、可愛いづくし満載。とってもガーリーな一冊!
                      RECOMMEND
                      【送料無料】ナポリフラッグ
                      【送料無料】ナポリフラッグ (JUGEMレビュー »)
                      黒田維理の集大成である作品集。北園克衛論「HOW TO READ:KIT KAT」も掲載!黒田亡きあと、散逸していた貴重な資料を編集し黒田の軌跡を辿った永久保存版。イチオシです!
                      RECOMMEND
                      心を磨く大切なハート言葉88
                      心を磨く大切なハート言葉88 (JUGEMレビュー »)
                      シルバーあさみ
                      現代の癒し手・シルバーあさみ先生が、困難や世をステキに生きぬくためのシンプルで心に響く88ものポジティブ・メッセージを素敵なイラストと共にお贈りします。
                      RECOMMEND
                       (JUGEMレビュー »)

                      「病の父励ます絵本」として紹介されました。芸大卒の絵本作家ほんだまきこ先生が紡ぎだすやさしい物語。
                      RECOMMEND
                      復興への狼煙―ボウリング業界光と影
                      復興への狼煙―ボウリング業界光と影 (JUGEMレビュー »)
                      山田 一廣
                      ボウリング好きなら、このテーマは欠かせない話題のはずです!徹底取材でボウリングの誕生から、ボウリング業界の今までを鋭く探る!
                      RECOMMEND
                      【送料無料】うさだんご
                      【送料無料】うさだんご (JUGEMレビュー »)
                      ほのぼの生きるうさぎのおだんご・「うさだんご」。団結力はピカ一です!スイーツ大好き!お月見大好き!可愛い姿にきっとあなたも癒されます♪
                      RECOMMEND
                      ビーンワールド ビーノルタ火山とビーンの誕生
                      ビーンワールド ビーノルタ火山とビーンの誕生 (JUGEMレビュー »)
                      メライン・ジョセフィーヌ バンクス
                      キッチュな洋風キャラクターが好きな方にはぜひオススメ!イギリス生まれの絵本です!可愛いおまめさんがたくさん登場!
                      SELECTED ENTRIES
                      CATEGORIES
                      ARCHIVES
                      RECENT COMMENTS
                      • 黒田維理をめぐる人々 諏訪優
                        kisaragibook (12/11)
                      • 黒田維理をめぐる人々 諏訪優
                        田名部 信 (10/14)
                      • 東京国際ブックフェア 電子書籍と震災復興支援のためのシンポジウム 〜『本』 は何ができるのか?〜
                        kisaragibook (07/31)
                      • 東京国際ブックフェア 電子書籍と震災復興支援のためのシンポジウム 〜『本』 は何ができるのか?〜
                        ピュア (07/25)
                      • ボウリング業界光と影!『復興への狼煙』とは?
                        kisaragibook (05/05)
                      • ボウリング業界光と影!『復興への狼煙』とは?
                        へのへのもレじ (05/03)
                      • 駅伝から始まる新年と、じゃがいも大好きなタリタリ英語絵本
                        kisaragibook (03/02)
                      • 駅伝から始まる新年と、じゃがいも大好きなタリタリ英語絵本
                        茅ヶ崎のプー (02/28)
                      • ちい散歩 龍馬伝・弥太郎の盆栽?と美人過ぎる画家・松井冬子さん?
                        kisaragibook (05/27)
                      • 御飯の友と辛そうで辛くない少し辛いラー油
                        kisaragibook (05/27)
                      RECENT TRACKBACK
                      如月出版のホームページ
                      ブログランキング ドット ネット
                      くる天 人気ブログランキング
                      くる天 人気ブログランキング
                      ブログ村
                      MOBILE
                      qrcode
                      LINKS
                      PROFILE
                      このページの先頭へ