如月出版です
 絵本・画集・詩集・小説・実用その他の本を手掛けています。
 また自費出版のご相談も承ります。
 皆様に愛される本づくりを目指して日々奮闘中!
 ぜひ応援の程、よろしくお願いいたします!
0
    上橋泉先生「私の生命(いのち)の復活」出版記念講演会が5/12(土)倉吉市で開催されます!

    皆様こんにちは、如月出版です。

    本日は出版記念講演会のお知らせです。

    弊社新刊「私の生命(いのち)の復活」の著者・上橋泉先生の出版記念講演会が鳥取県倉吉市で開催されます。

     

     

     

    郷土出身の上橋泉さん(千葉県柏市議会議員)が、 3月10日に著書『私の生命の復活』 を出版されました。「人生の苦しみに積極的な意味はあるのか?」「日本人の宗教性(霊 性)は回復するか?」といった問いに答える、5回にわたる講演の記録をまとめた渾 身の著作です。このたび、本書の出版を記念して講演会を開催します。(講演会案内より)

     

    上 橋 泉 『私の生命の復活』 出版記念講演会

    平成30年5月12日(土) 14:30〜16:30(開場14:00)

    倉吉未来中心 2階 セミナールーム1 

    〒682-0816 鳥取県倉吉市駄経寺町212-5 無料(50席)

    お問い合わせ Tel. 0858-22-5748

     

    ■かみはし泉 公式WEBサイトhttp://www16.plala.or.jp/kamihasi-izumi/
     
    ■上橋 泉プロフィール
    昭和24年10月鳥取県で誕生。
    京都大学法学部卒。
    外務省入省後、在米大使館付でダートマス大学に留学。
    在イラン大使館勤務時に、米国大使館人質事件に遭遇。対イラク戦争では在留邦人を安全に帰国させる。
    平成3年から柏市議会議員(現在、7期目)。
    麗澤大学大学院から経済学修士号を取得。
    西部邁氏主宰の「表現者賞・第1回懸賞論文」で市民の自治能力を論じた論文が奨励賞を受賞。

     

     

     

    『私の生命(いのち)の復活』
    上橋 泉/著

    ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

     

    ■『私の生命の復活』

     

    目次

    読者諸氏 ここからどうぞ

    第1回講演会 「絶対者と出会うまで 絶対者と出会ってから」(注)  
    第1回講演会案内文
    第1回講演(平成26年3月23日)
         下降線の止まらない日本
         本当の信仰は実生活に
         私の信仰人生の原点
         母が政治家になれと
         神の導きを実感する

    第2回講演会 「人間は本当に救われるのか?」  
    第2回講演会案内文
    第2回講演(平成26年9月23日)
         宗教意識とは何か?    
         『プルーフ・オブ・ヘブン』 
       ・論理を超えた知恵
       ・邪悪と無明と自由意志
       ・神に立ち返る道
       ・意識と存在
       ・神の国は今ここにある
         人間は本当に救われるのか? 
    第2回講演資料
       『プルーフ・オブ・ヘブン 脳神経外科医が見た死後の世界』
             エベン・アレグザンダー著 白川貴子訳 より引用

     

    第3回講演会 「日本人の宗教性(霊性)は回復するか?」  
    第3回講演会案内文
    第3回講演(平成27年11月7日)
         宗教と社会問題意識
         生きる意味とは?     
         心を内観する  
         神が戦争をさせているか?    
         諸法実相   
         日本人の霊性は回復するか?  
    第3回講演資料
       信仰の証し  「一つひとつが奇跡」   結城 茂 
       信仰の証し  「苦難の嵐を乗り越えて」   岡部 宏子   松山 郁子   

        

    第4回講演会 「人間とは何か? 本当の貴方は何者か?」
    第4回講演会案内文
    第4回講演(平成28年5月5日)
         仏教的宇宙観
         空の思想の誕生
         般若心経の呪文的魅力
         深層意識と宇宙意識
         私の体験
         質疑応答
    第4回講演資料
            仏教各宗派日常勤行聖典比較表
              如来寿量品偈 原本
              如来寿量品偈 訓読本
              如来寿量品偈 現代語訳

     

    第5回講演会 「人生の苦しみに積極的な意味はあるのか?」
    第5回講演会案内文
    第5回講演(平成28年11月12日)
         思想家は不幸や苦しみの価値を知らず  
         運命の突破口
         神の御業が現れんが為なり
         我が運命論
         神は言葉に生きている
      質疑応答
    第5回講演資料
        鈴木大拙著『真宗入門』 佐藤 平訳  より引用


    あとがき
    主たる参考文献

    (注)第1回講演会のタイトルは講演時にはなく、出版に合わせて事後的につけたものである

     





    『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』
    上橋 泉/著


    ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※



    ◆『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて
            ‐この宇宙に無意味なものは一切ない‐』

    目次

    読者諸氏 ここからどうぞ 

    前編「フランクルのユダヤ人強制収容所での体験は心に絶対者をもたない現代日本人を救い得るか?」

    第1章 能天気な保守派言論人 

    第2章 神仏を失った現代日本人

    第3章 東日本大震災被災者の心の支えを求めて

    第4章 フランクルが強制収容所から得た体験的人生観
       第1節 絶対的な未来の喪失
       第2節 極限下での人間の精神の自由
       第3節 絶対的な未来の喪失は人間を内面的に成長させる機会ともなり得る
       第4節 人生観のコペルニクス的転回と態度価値

     第5章 フランクルの体験的人生観は現代日本人を救い得るか?
       第1節 霊性の世界を忌避するフランクル
       第2節 超次元の世界を垣間見たのか? 
       第3節 心霊体験なのか? 
       第4節 絶対者の導きなのか?            

     第6章 絶対者と不死なる人間生命の実感 


    後編「日本人は絶対者を認めずに生きて行けるのか?」

     第1章 私が沈黙できない理由 
     
     第2章 大震災を摂理の所業と認めることを阻んでいる心理とそれに対する反駁
       第1節 自然科学発達の影響 
       第2節 因果が応報していないのではないかという疑問  
       第3節 キリスト教に対する偏見が日本の伝統的宗教観もゆがめている 
      
    第3章 東日本大震災は流産児の悲しみの声である
       第1節 なぜ堕胎は重大な犯罪であるのか
       第2節 日本の堕胎反対運動 
       第3節 菊田昇医師の言う堕胎の報い

     第4章 日本の堕胎数が欧米並みに減る日は来るのか?
       第1節 菊田昇医師が明らかにした日本社会の暗部
       第2節 菊田昇医師の懸念は的中した 

     第5章 浄土思想とは         
       第1節 道徳と宗教  
       第2節 浄土思想の解釈を分ける視点  
       第3節 キリスト教と浄土思想  
                 
     第6章 21世紀を生きる日本人のための浄土思想 
       第1節 「我とは何か」によるアプローチ  
       第2節 浄土思想の本源は親と家族を思う心情 
       第3節 日本人の宗教生活のあり方 
       第4節 日本人は絶対者を認めずに生きて行けるのか?  
       第5節 浄土思想は社会を救い得るか?     

     第7章 この宇宙に無意味なものは一切ない  
       第1節 人間は遅かれ早かれ人生の意味を知ることになる 
       第2節 人生は宿命ではない          

     第8章 浄土門を生きぬいた人たち      
       第1節 浄土真宗妙好人「因幡の源左」 
       第2節 「足なし禅師」本日ただいま誕生 
       第3節 津波で全てを失いながらも
            「亡くなった方のために祈らなければならない」と思った亀谷晃子   

     あとがき  
     主たる参考文献



    本書『私の生命(いのち)の復活』「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」のより詳しい内容については、
    以下および如月出版のホームページ(→コチラをクリック)をご参照ください!


    ※以前ご紹介いたしました本書関連ブログもご覧ください!

    ■2013年1/10ブログ 新刊!「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」 上橋泉/著

    ■1/16ブログ G・グローブ賞受賞映画「アルゴ」と「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」著者・上橋泉先生の関係

    ■1/24ブログ 浅野書店週間売上ランキング8位に「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」がランクインしました!

    ■2/4ブログ さらにランクアップ!浅野書店週間売上ランキング5位に『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』がランクインしました!

    ■2/18ブログ 『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』の書評が宗教新聞に掲載されました!

    ■2/28ブログ 本当の「アルゴ」 アカデミー賞受賞映画に描かれなかった緊迫のストーリー 上橋泉先生の実体験より

    ■4/14ブログ 「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」の著者・上橋泉先生が宗教新聞「人」欄で紹介されました!

    5/21ブログ 上橋泉先生の『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて‐この宇宙に無意味なものは一切ない‐』の国民新聞掲載書評と本の内容について

    ■7/12ブログ カトリックの月刊誌「家庭の友」に「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」上橋泉/著が紹介されました。


    10/6ブログ 中外日報書評欄に「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」上橋泉/著が紹介されました!

    ■2014年1/18ブログ 『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』上橋泉/著のベストセラー達成記念講演会並びにサイン会 のご案内

    ■3/31ブログ 上橋泉/著『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』の講演会&サイン会がアミュゼ柏にて開催されました!

     

    2018年2/4ブログ 上橋泉先生の新刊本「私の生命(いのち)の復活」 柏市・浅野書店で販売中です。

     

    ■3/10ブログ 「私の生命(いのち)の復活」(上橋泉/著)が柏・浅野書店の週間売行きベスト10にランクインしました!

     

    ■4/1ブログ 「私の生命(いのち)の復活」(上橋泉/著)が3月20日付「宗教新聞」書評欄で紹介されました。


    『私の生命(いのち)の復活』
    『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』
    上橋 泉/著

    のお求めは全国書店
    または如月出版販売部TEL/03-6657-9000 FAX/03-6657-8999
    までお問い合わせください。(如月出版販売部に直接お申込みいただいた方には送料無料でお届けいたします)


    ※『私の生命(いのち)の復活』『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』の詳細は弊社サイトでも紹介していますのでぜひご覧ください。
    如月出版のHPは
    コチラ

    ☆如月出版はブログランキングに参加しております。
    頑張ってまいりますので、応援ぽちっとよろしくお願いします!
    (お好きな絵柄の物をクリックしてくださいね!)

     



    にほんブログ村 哲学・思想ブログ 浄土真宗へ
    にほんブログ村/浄土思想 

     

     


    にほんブログ村 美術ブログ 美術館・アートミュージアムへ
    にほんブログ村/美術館・ミュージアム

     

     

     

    にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

    にほんブログ村/水彩画


    人気ブログランキングへ
    人気ブログランキング

     

     

     

     

     

     

    | kisaragibook | 講演会&サイン会 | 15:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    0
      上橋泉先生「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めてローカルベストセラー達成記念講演会第5回」が開催されました。

      皆様こんにちは、如月出版です。

      先日の11月12日(土)、弊社刊行書籍「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」の著者・上橋泉先生による本書ローカルベストセラー達成記念著者講演会第5回(最終回)が千葉県柏市のアミュゼ柏にて開催されました。

      当日の模様を皆様にご報告いたします。

      今回のテーマは「人生の苦しみに積極的な意味はあるのか?」です。

       

      以下は、本講演の開催にあたって、先生が事前にご案内くださった講演概要です。

       

      「平成26年3月に第1回出版記念講演会を行いましてより、本年5月までに4回の出版記念講演会を開催してまいりました。過去4回のテーマは以下に示す通りでした。

       

      第1回 一回だけで終わる予定でしたのでテーマを定めず:私の信仰人生について語る

      第2回 人間は本当に救われるのか?(第1回に出席された方から要請があり、企画)

      第3回 日本人の宗教性(霊性)は回復するのか?

      第4回 人間とは何か? 本当の貴方は何者か?

       

      抹香臭いこのようなテーマに、毎回50名以上の(多いときは90名を超える)方々にご出席いただきましたことは奇跡としか言い様がありません。ご出席下さいました各位並びに、私にこのような機会を与えて下さった神に心より感謝申し上げます。

       

      第5回を以て終了するのは、私が拙書で訴えたかった内容を次回で話終えることができるのではないかと思うからです。5回の講演を締めくくるにあたって、最後のテーマを『人生の苦しみに積極的な意味はあるのか?』としたことは、まことに時宜にかなうものであると思います。人間の実存について思想的論及をおこなっても、今人生に行き詰まっておられる方に、生きる力を与えられなければ宗教の存在意義はありません。

       

      多くの方々が苦しみをかかえて生きておられます。仏教は人生の苦しみの原因と、それからの解放の道を説いてきましたが、『人生の苦しみそれ自体に積極的な意味がある』ということは説いてきませんでした。この点では、キリスト教に一日の長があることを認めざるを得ません。このシリーズの講演会も、2回から4回までは仏教の経典を中心に取り上げさせていただいたのですが、最後の講演はキリストの言葉が中心になります。

       

      さらに今回は、これまでと違って宗教文献に論及することはできるだけ避け、現代に生きる人をトピックに取り上げます。その方は、ヘレン・ケラー同様の盲聾者でありながら東大教授になられた福島智さんです。福島智さんは、私が議員に初めてなった翌年の平成4年に、ある方を通じて私を尋ねてこられました。東京学芸大学を卒業されたばかりで、まだ進路が決まっておられない時期だったようです。福島智さんを紹介して下さった方が、私に福島智さんの支援者を探してほしいと要請してこられたのです。私は何か所かお連れしたのですが、成果はありませんでした。

       

      福島智さんとの出会いは一回だけで終わったのですが、この春、福島智さんの自伝ともいうべき『ぼくの命は言葉とともにある』を手にいたしました。それを通読して、福島智さんが『神が自分に苦しみを与えたということは、神に何か大きな意思があって、自分に何かを託しておられるからだ』という信仰をもってこられたということを知りました(福島智さんの信仰は、著作によると天理教だそうですが、ここで述べておられる『神』は宗派を超えた絶対者だと思います)。不肖 私も、実はこの信仰をもって恥ずかしげもなくこの年まで生きてきました。

       

      私は青雲の志をもって郷関(鳥取県東伯群東郷町)を出で、『男はつらいよ』の主題歌で渥美清が歌うように『いつかお前が喜ぶような偉い兄になりたいな』(私には5歳年下の妹がいます)と思い続けてきました。しかし、こと志に違い、世間にさしたる恩返しもできず、悶々たる思いを続けながら66歳になりました。『上橋も引退してもいい年なのに』と世間が見ているような気もします。しかし体が全然衰えないものですから、私が果たさなければならない使命が残っているような気がしてならないのです。五体満足な体をいただきながら、男として満足できる仕事を何一つさせていただけなかった、この運命は本当につらいものがあります。だから、福島智さんの信仰に癒された思いがしたのです。

       

      人生の苦しみには、必ずや積極的な意味があるはずです。キリストの弟子たちが、生まれつき盲目の男を前に、『彼が盲目なのは、本人の罪か、親の罪か?』とキリストに質問したのに対し、lキリストは『本人が罪を犯したのでもない。両親が罪を犯したのでもない。ただ神の御業が現れるためだ』と言い、その男を癒しました。福島智さんも、前掲書の中で、多くの重度の障碍者の方々が『神の御業が現れるためだ』というキリストの言葉に生きる力をいただいているということを述べておられます。

       

      私もローカルベストセラーとなった拙著の『あとがき』で、苦しみの淵にある青年に向かって、「だからキリストが『神の御業が現れんが為なり』と語ったように、貴方と貴方の周りに必ず『神の御業』は現れる」と述べ、拙著を締めくくらせていただいております。

       

      『人生に無意味な体験は何一つない。いかなる悲しみも、苦しみも『神の御業』が現れるためだ』ということを、渾身の力を以て皆様にお伝えして、5回に及んだ出版記念講演会を終了させていただきたいと思います。ご参集を、お待ち致しております。

       平成28年 夏    上橋 泉」

       

      当日は多くの方が集い、真剣に先生のお話に耳を傾けていらっしゃいました。

      福島智さんとの交流や、先生とご家族とのお話、先生がこれからライフワークとして取り組もうとされていること、最後には先生が作詞された「聖なる使命実現の為の無限供給譜」をお披露目いただき先生自ら歌ってくださるなど、盛りだくさんな講演でした。

       

       

      この講演会はyou tubeにもUPされておりますので、皆様ぜひお聴きいただければと思います。

       

      【you tube】【上橋泉】浄土思想第5回出版記念講演会はこちらをクリック

       

       

      ■かみはし泉 公式WEBサイトhttp://www16.plala.or.jp/kamihasi-izumi/
       
      ■上橋 泉プロフィール

      昭和24年10月鳥取県で誕生。
      京都大学法学部卒。
      外務省入省後、在米大使館付でダートマス大学に留学。
      在イラン大使館勤務時に、米国大使館人質事件に遭遇。対イラク戦争では在留邦人を安全に帰国させる。
      平成3年から柏市議会議員(現在、6期目)。
      麗澤大学大学院から経済学修士号を取得。
      西部邁氏主宰の「表現者賞・第1回懸賞論文」で市民の自治能力を論じた論文が奨励賞を受賞。
      団体役職:「北朝鮮に拉致された日本人を救出する全国地方議員の会」理事、「地方自治経営学会(会長は片山善博・元総務大臣)」理事





      『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』
      上橋 泉/著


      ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※



      ◆『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて
              ‐この宇宙に無意味なものは一切ない‐』

      目次

      読者諸氏 ここからどうぞ 

      前編「フランクルのユダヤ人強制収容所での体験は心に絶対者をもたない現代日本人を救い得るか?」

      第1章 能天気な保守派言論人 

      第2章 神仏を失った現代日本人

      第3章 東日本大震災被災者の心の支えを求めて

      第4章 フランクルが強制収容所から得た体験的人生観
         第1節 絶対的な未来の喪失
         第2節 極限下での人間の精神の自由
         第3節 絶対的な未来の喪失は人間を内面的に成長させる機会ともなり得る
         第4節 人生観のコペルニクス的転回と態度価値

       第5章 フランクルの体験的人生観は現代日本人を救い得るか?
         第1節 霊性の世界を忌避するフランクル
         第2節 超次元の世界を垣間見たのか? 
         第3節 心霊体験なのか? 
         第4節 絶対者の導きなのか?            

       第6章 絶対者と不死なる人間生命の実感 


      後編「日本人は絶対者を認めずに生きて行けるのか?」

       第1章 私が沈黙できない理由 
       
       第2章 大震災を摂理の所業と認めることを阻んでいる心理とそれに対する反駁
         第1節 自然科学発達の影響 
         第2節 因果が応報していないのではないかという疑問  
         第3節 キリスト教に対する偏見が日本の伝統的宗教観もゆがめている 
        
      第3章 東日本大震災は流産児の悲しみの声である
         第1節 なぜ堕胎は重大な犯罪であるのか
         第2節 日本の堕胎反対運動 
         第3節 菊田昇医師の言う堕胎の報い

       第4章 日本の堕胎数が欧米並みに減る日は来るのか?
         第1節 菊田昇医師が明らかにした日本社会の暗部
         第2節 菊田昇医師の懸念は的中した 

       第5章 浄土思想とは         
         第1節 道徳と宗教  
         第2節 浄土思想の解釈を分ける視点  
         第3節 キリスト教と浄土思想  
                   
       第6章 21世紀を生きる日本人のための浄土思想 
         第1節 「我とは何か」によるアプローチ  
         第2節 浄土思想の本源は親と家族を思う心情 
         第3節 日本人の宗教生活のあり方 
         第4節 日本人は絶対者を認めずに生きて行けるのか?  
         第5節 浄土思想は社会を救い得るか?     

       第7章 この宇宙に無意味なものは一切ない  
         第1節 人間は遅かれ早かれ人生の意味を知ることになる 
         第2節 人生は宿命ではない          

       第8章 浄土門を生きぬいた人たち      
         第1節 浄土真宗妙好人「因幡の源左」 
         第2節 「足なし禅師」本日ただいま誕生 
         第3節 津波で全てを失いながらも
              「亡くなった方のために祈らなければならない」と思った亀谷晃子   

       あとがき  
       主たる参考文献



      本書「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」のより詳しい内容については、
      以下および如月出版のホームページ(→コチラをクリック)をご参照ください!



      ※以前ご紹介いたしました本書関連ブログもご覧ください!



      ■2013年1/10ブログ 新刊!「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」 上橋泉/著

      ■1/16ブログ G・グローブ賞受賞映画「アルゴ」と「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」著者・上橋泉先生の関係

      ■1/24ブログ 浅野書店週間売上ランキング8位に「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」がランクインしました!

      ■2/4ブログ さらにランクアップ!浅野書店週間売上ランキング5位に『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』がランクインしました!

      ■2/18ブログ 『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』の書評が宗教新聞に掲載されました!

      ■2/28ブログ 本当の「アルゴ」 アカデミー賞受賞映画に描かれなかった緊迫のストーリー 上橋泉先生の実体験より

      ■4/14ブログ 「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」の著者・上橋泉先生が宗教新聞「人」欄で紹介されました!


      5/21ブログ 上橋泉先生の『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて‐この宇宙に無意味なものは一切ない‐』の国民新聞掲載書評と本の内容について


      ■7/12ブログ カトリックの月刊誌「家庭の友」に「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」上橋泉/著が紹介されました。


      10/6ブログ 中外日報書評欄に「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」上橋泉/著が紹介されました!



      ■2014年1/18ブログ 『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』上橋泉/著のベストセラー達成記念講演会並びにサイン会 のご案内


      ■3/31ブログ 上橋泉/著『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』の講演会&サイン会がアミュゼ柏にて開催されました!



      ■2014年5/4ブログ 『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』(上橋泉/著)のベストセラー達成記念講演会 in 柏での講演内容がYOUTUBEにアップロードされました!

      ■10/13ブログ 上橋泉/著「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」の第1回講演内容全文が宗教新聞に掲載されました。


      ■2015年1月12日ブログ 「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」(上橋 泉/著)のローカル・ベストセラー達成記念講演会(第1回、第2回)がYouTubeにアップロードされました。


      ■2015年3月17日ブログ 上橋泉先生の 『新春の集い』が開催されました。


      ■2015年11月10日ブログ 「 日本人の宗教性(霊性)は回復するか?」『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』 第3回 出版記念講演会が2015年11月7日に開催されました。

       

       



      『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』
      上橋 泉/著

      のお求めは全国書店
      または如月出版販売部TEL/03-6657-9000 FAX/03-6657-8999
      までお問い合わせください。(如月出版販売部に直接お申込みいただいた方には送料無料でお届けいたします)


      ※『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』の詳細は弊社サイトでも紹介していますのでぜひご覧ください。
      如月出版のHPは
      コチラ

      ☆如月出版はブログランキングに参加しております。
      頑張ってまいりますので、応援ぽちっとよろしくお願いします!
      (お好きな絵柄の物をクリックしてくださいね!)

       

       


      にほんブログ村 ポエムブログ 現代詩へ
      にほんブログ村/現代詩ランク 




      にほんブログ村 哲学・思想ブログ 浄土真宗へ
      にほんブログ村/浄土思想 




      にほんブログ村 料理ブログ 中華料理(レシピ)へ
      にほんブログ村/中華料理 




      人気ブログランキングへ
      人気ブログランキング

       

       

      | kisaragibook | 講演会&サイン会 | 19:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
      0
        「 人生の苦しみに積極的な意味はあるのか?」『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』 第4回 出版記念講演会が2016年5月5日に開催されました。
        皆様こんにちは!如月出版です。

        先日のGWの5月5日(木)、弊社刊行書籍『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』 の著者・上橋泉先生による「ローカルベストセラー達成記念 第4回出版記念講演会」が柏市のアミュゼ柏において開催され、たくさんの方が参加されました。





        今回のテーマは 「 人生の苦しみに積極的な意味はあるのか?」。

        ブログをご覧の皆様には、
        本講演会を開催するにあたっての上橋先生のメッセージを以下に転載いたしましたのでご参照いただければと思います。

        「人生の苦しみに積極的な意味はあるのか?」
        『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』ローカルベストセラー達成 第4回出版記念講演会のご案内

         多くの方々が苦しみをかかえて生きておられます。仏教は、人生の苦しみの原因と、それからの解放の道を説いてきましたが、「人生の苦しみ それ自体に積極的な意味がある」ということは説いてきませんでした。この点では、キリスト今日に一日の長があることを認めざるを得ません。

         旧約聖書の「ヨブ記」は、敬虔で実直な男 ヨブが、或る日 突然幸せな生活を奪われた苦しみから神を呪い始め、やがては苦しみの果てに神の愛を発見するようになるまでの問答が書いてあります。東日本大震災で突然 愛する家族を奪われた多くの方々から、「神は酷いことをされる方ですよ」という声を聴きました。これらの方々には、東日本大震災は単なる自然現象ととらえるには、あまりにも過酷すぎたのでしょう。横田めぐみさんの母横田早紀江さんは、「ヨブ記」を支えに、或る日 突然 かわいい娘を失ってから40年近い歳月を耐えてこられました。

         本日の講演でも述べたように、人間の生命が絶対者の霊性に起源があるのなら、人生の苦しみにも積極的な意味がなければなりません。キリストの弟子たちが、生まれつき盲目の男を前に、「彼が盲目なのは本人の罪か、親の罪か?」とキリストに質問したのに対し、キリストは「誰の罪でもない。神の御業が現れるためだ」と言い、その男を癒しました。「神の御業が現れる」とはいかなることか、お話させていただきたいと思います。

        平成28年5月 上橋 泉



        ■かみはし泉 公式WEBサイトhttp://www16.plala.or.jp/kamihasi-izumi/
         
        ■上橋 泉プロフィール

        昭和24年10月鳥取県で誕生。
        京都大学法学部卒。
        外務省入省後、在米大使館付でダートマス大学に留学。
        在イラン大使館勤務時に、米国大使館人質事件に遭遇。対イラク戦争では在留邦人を安全に帰国させる。
        平成3年から柏市議会議員(現在、6期目)。
        麗澤大学大学院から経済学修士号を取得。
        西部邁氏主宰の「表現者賞・第1回懸賞論文」で市民の自治能力を論じた論文が奨励賞を受賞。
        団体役職:「北朝鮮に拉致された日本人を救出する全国地方議員の会」理事、「地方自治経営学会(会長は片山善博・元総務大臣)」理事





        『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』
        上橋 泉/著


        ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※



        ◆『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて
                ‐この宇宙に無意味なものは一切ない‐』

        目次

        読者諸氏 ここからどうぞ 

        前編「フランクルのユダヤ人強制収容所での体験は心に絶対者をもたない現代日本人を救い得るか?」

        第1章 能天気な保守派言論人 

        第2章 神仏を失った現代日本人

        第3章 東日本大震災被災者の心の支えを求めて

        第4章 フランクルが強制収容所から得た体験的人生観
           第1節 絶対的な未来の喪失
           第2節 極限下での人間の精神の自由
           第3節 絶対的な未来の喪失は人間を内面的に成長させる機会ともなり得る
           第4節 人生観のコペルニクス的転回と態度価値

         第5章 フランクルの体験的人生観は現代日本人を救い得るか?
           第1節 霊性の世界を忌避するフランクル
           第2節 超次元の世界を垣間見たのか? 
           第3節 心霊体験なのか? 
           第4節 絶対者の導きなのか?            

         第6章 絶対者と不死なる人間生命の実感 


        後編「日本人は絶対者を認めずに生きて行けるのか?」

         第1章 私が沈黙できない理由 
         
         第2章 大震災を摂理の所業と認めることを阻んでいる心理とそれに対する反駁
           第1節 自然科学発達の影響 
           第2節 因果が応報していないのではないかという疑問  
           第3節 キリスト教に対する偏見が日本の伝統的宗教観もゆがめている 
          
        第3章 東日本大震災は流産児の悲しみの声である
           第1節 なぜ堕胎は重大な犯罪であるのか
           第2節 日本の堕胎反対運動 
           第3節 菊田昇医師の言う堕胎の報い

         第4章 日本の堕胎数が欧米並みに減る日は来るのか?
           第1節 菊田昇医師が明らかにした日本社会の暗部
           第2節 菊田昇医師の懸念は的中した 

         第5章 浄土思想とは         
           第1節 道徳と宗教  
           第2節 浄土思想の解釈を分ける視点  
           第3節 キリスト教と浄土思想  
                     
         第6章 21世紀を生きる日本人のための浄土思想 
           第1節 「我とは何か」によるアプローチ  
           第2節 浄土思想の本源は親と家族を思う心情 
           第3節 日本人の宗教生活のあり方 
           第4節 日本人は絶対者を認めずに生きて行けるのか?  
           第5節 浄土思想は社会を救い得るか?     

         第7章 この宇宙に無意味なものは一切ない  
           第1節 人間は遅かれ早かれ人生の意味を知ることになる 
           第2節 人生は宿命ではない          

         第8章 浄土門を生きぬいた人たち      
           第1節 浄土真宗妙好人「因幡の源左」 
           第2節 「足なし禅師」本日ただいま誕生 
           第3節 津波で全てを失いながらも
                「亡くなった方のために祈らなければならない」と思った亀谷晃子   

         あとがき  
         主たる参考文献



        本書「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」のより詳しい内容については、
        以下および如月出版のホームページ(→コチラをクリック)をご参照ください!



        ※以前ご紹介いたしました本書関連ブログもご覧ください!



        ■2013年1/10ブログ 新刊!「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」 上橋泉/著

        ■1/16ブログ G・グローブ賞受賞映画「アルゴ」と「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」著者・上橋泉先生の関係

        ■1/24ブログ 浅野書店週間売上ランキング8位に「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」がランクインしました!

        ■2/4ブログ さらにランクアップ!浅野書店週間売上ランキング5位に『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』がランクインしました!

        ■2/18ブログ 『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』の書評が宗教新聞に掲載されました!

        ■2/28ブログ 本当の「アルゴ」 アカデミー賞受賞映画に描かれなかった緊迫のストーリー 上橋泉先生の実体験より

        ■4/14ブログ 「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」の著者・上橋泉先生が宗教新聞「人」欄で紹介されました!


        5/21ブログ 上橋泉先生の『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて‐この宇宙に無意味なものは一切ない‐』の国民新聞掲載書評と本の内容について


        ■7/12ブログ カトリックの月刊誌「家庭の友」に「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」上橋泉/著が紹介されました。


        10/6ブログ 中外日報書評欄に「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」上橋泉/著が紹介されました!



        ■2014年1/18ブログ 『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』上橋泉/著のベストセラー達成記念講演会並びにサイン会 のご案内


        ■3/31ブログ 上橋泉/著『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』の講演会&サイン会がアミュゼ柏にて開催されました!



        ■2014年5/4ブログ 『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』(上橋泉/著)のベストセラー達成記念講演会 in 柏での講演内容がYOUTUBEにアップロードされました!

        ■10/13ブログ 上橋泉/著「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」の第1回講演内容全文が宗教新聞に掲載されました。


        ■2015年1月12日ブログ 「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」(上橋 泉/著)のローカル・ベストセラー達成記念講演会(第1回、第2回)がYouTubeにアップロードされました。


        ■2015年3月17日ブログ 上橋泉先生の 『新春の集い』が開催されました。


        ■2015年11月10日ブログ 「 日本人の宗教性(霊性)は回復するか?」『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』 第3回 出版記念講演会が2015年11月7日に開催されました。


        『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』
        上橋 泉/著

        のお求めは全国書店
        または如月出版販売部TEL/03-6657-9000 FAX/03-6657-8999
        までお問い合わせください。(如月出版販売部に直接お申込みいただいた方には送料無料でお届けいたします)


        ※『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』の詳細は弊社サイトでも紹介していますのでぜひご覧ください。
        如月出版のHPは
        コチラ



        ☆如月出版はブログランキングに参加しております。
         頑張ってまいりますので、応援ぽちっとよろしくお願いします!
        (お好きな絵柄の物をクリックしてくださいね!)




        にほんブログ村 哲学・思想ブログ 浄土真宗へ
        にほんブログ村/浄土思想 






        にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
        にほんブログ村/水彩画





        にほんブログ村 料理ブログ 中華料理(レシピ)へ
        にほんブログ村/中華料理 






        人気ブログランキングへ
        人気ブログランキング

        | kisaragibook | 講演会&サイン会 | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
        0
          「 日本人の宗教性(霊性)は回復するか?」『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』 第3回 出版記念講演会が2015年11月7日に開催されました。
          皆様こんにちは!如月出版です。
          先日の2015年11月7日(土)に弊社刊行書籍『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』 の著者・上橋泉先生の 第3回 出版記念講演会が柏市のアミュゼ柏において開催されました。



          テーマは 「 日本人の宗教性(霊性)は回復するか?」。

          ブログをご覧の皆様には、
          本講演会を開催するにあたっての上橋先生のメッセージを以下に転載いたしましたのでご参照いただければと思います。

          「 日本人の宗教性(霊性)は回復するか?」
          『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』 第3回 出版記念講演会
          冠省 2年前の平成25 年1 月に、表記の拙著を如月出版から上梓いたしました。この
          2年間、拙著は全国的にかなりの話題を呼びましたが、未だに混迷を抜け出せないこの国
          が行くべき道の燭光すらも示すことができていません。自分の非力を強く感じています。
          昨年の元旦、そんな大それたことを望む前に、自ら第一歩を踏み出してみようと考え、3
          月23 日に 拙著の「ローカル・ベストセラー達成記念 講演会」をアミュゼ柏で行いました。
          私は、「このような抹香くさい講演会をしても 出席者は15 名が せいぜいだろう」と思っ
          ておりました。ところが、予期に反して 90 名近い方々がご出席下さいました。これには
          本当に驚きました。形には見えないものの、今 この国が大きく変わろうとしているのだな
          あと強く感じました。
          講演後、「第2回は いつされますか?」という電話をいただくようになり、浄土思想の
          講演を半年1 回ペースのシリーズで行うことといたしました。第2回を 昨年9 月23 日に
          行ないましたところ、70 名の方々にご出席いただきました。政治を職業としていて片手間
          で宗教を学んできた者の講演に、少なからぬ方々がお集まり下さることを不思議に思いま
          す。第1回は テーマを特に決めず、私がこのような書物を出版するようになった背景を、
          私の半生を明らかにしながら語らせていただきました。第2回はテーマを「人は本当に救
          われるのか? 人は何によって救われるのか? 自力か? 他力か?」に定めて行ないました。
          第3回のテーマは、表記にあります通り「日本人の宗教性(霊性)は回復するか?」と
          いたしました。バブル崩壊と同時に 政治の世界に身をおいてきた私には、わが国の ここ
          25年来の混迷は 経済政策の失敗から来るものでも、政治の腐敗から来るものでもなく、
          国民自身の霊性の喪失から来るものだと見えるようになりました。政府は金融緩和・財政
          出動を矢継ぎ早に行なっておりますが、景気は一向によくなりません。それは少子化で国
          内市場が縮小しているからです。政府も子育て対策を連発していますが、出生率は向上し
          ません。日本人の心から「子供は天からの授かりもの」という観念が失われているからで
          す。新出生前診断などで、人間が生まれてくる生命を選別するようにもなってしまいまし
          た。これでは出生率が向上するはずはありません。
          ※ 世界に日本の禅と浄土思想を広く紹介した 鈴木大拙は、彼の不朽の名著『日本的霊性』(岩波文庫)
          で、霊性を 宗教性の代用語として使うと同時に、そこに深い人間の本質論を込めています。私も 同じ
          意味で 霊性と言う言葉を使います。
          この問題は 極めて重要です。もし 日本人が 本来的に霊性の希薄な民族であれば、政治
          が今後いかなる努力をしても、この国は不可逆的な下降線をたどって行くしかありません。
          ならば、今 ここで立ち止まって 日本人の霊性を吟味してかからなければなりません。
          私は 昨年、この問題を考えるに当って名著に出会いました。それは柳宗悦の『南無阿弥
          陀仏』(岩波文庫)です。彼は、大乗仏教最大の眼目である万人済度を謳う浄土思想は、
          日本で高度に発展した思想であると述べ、日本における浄土思想は、法然・親鸞を経て、
          一遍(時宗の開祖)において最高度に純化されたとしています。
          私は 昨年11 月、比叡山東塔を訪ねました。そこには 比叡山ゆかりの宗教家の姿が西塔
          に至る参道に看板で描かれていました。その一つに、全国を行脚して京都に戻ってきた一
          遍を 民衆が背負って狂喜して歓迎する姿が描かれていました。私は「日本人の霊性が か
          くも豊かな時代があったのか!」と驚きました。ならば、日本人を 本来的に霊性に欠ける
          民族と諦めるのではなく、いかにして日本人の霊性を回復するかを考えなければならない
          と思いました。(・・・以下略。)

          平成27 年 新春
          上橋 泉



           たくさんの方にお越しいただき、大盛況のうちに幕を閉じました。



          『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』の書籍販売も行われました!

          また、先生は今後も半年に1回のシリーズで出版記念講演を開催予定とのことです。
          そして講演会を通じて御縁を頂いた皆様との交流対話の場として、
          人生よろず交流スペース「感謝と祈りの家」を開設されるとのことです。
          ご興味のおありの方は、上橋先生のHPもご覧くださいませ!

          ■かみはし泉 公式WEBサイトhttp://www16.plala.or.jp/kamihasi-izumi/
           
          ■上橋 泉プロフィール

          昭和24年10月鳥取県で誕生。
          京都大学法学部卒。
          外務省入省後、在米大使館付でダートマス大学に留学。
          在イラン大使館勤務時に、米国大使館人質事件に遭遇。対イラク戦争では在留邦人を安全に帰国させる。
          平成3年から柏市議会議員(現在、6期目)。
          麗澤大学大学院から経済学修士号を取得。
          西部邁氏主宰の「表現者賞・第1回懸賞論文」で市民の自治能力を論じた論文が奨励賞を受賞。
          団体役職:「北朝鮮に拉致された日本人を救出する全国地方議員の会」理事、「地方自治経営学会(会長は片山善博・元総務大臣)」理事





          『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』
          上橋 泉/著


          ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※



          ◆『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて
                  ‐この宇宙に無意味なものは一切ない‐』

          目次

          読者諸氏 ここからどうぞ 

          前編「フランクルのユダヤ人強制収容所での体験は心に絶対者をもたない現代日本人を救い得るか?」

          第1章 能天気な保守派言論人 

          第2章 神仏を失った現代日本人

          第3章 東日本大震災被災者の心の支えを求めて

          第4章 フランクルが強制収容所から得た体験的人生観
             第1節 絶対的な未来の喪失
             第2節 極限下での人間の精神の自由
             第3節 絶対的な未来の喪失は人間を内面的に成長させる機会ともなり得る
             第4節 人生観のコペルニクス的転回と態度価値

           第5章 フランクルの体験的人生観は現代日本人を救い得るか?
             第1節 霊性の世界を忌避するフランクル
             第2節 超次元の世界を垣間見たのか? 
             第3節 心霊体験なのか? 
             第4節 絶対者の導きなのか?            

           第6章 絶対者と不死なる人間生命の実感 


          後編「日本人は絶対者を認めずに生きて行けるのか?」

           第1章 私が沈黙できない理由 
           
           第2章 大震災を摂理の所業と認めることを阻んでいる心理とそれに対する反駁
             第1節 自然科学発達の影響 
             第2節 因果が応報していないのではないかという疑問  
             第3節 キリスト教に対する偏見が日本の伝統的宗教観もゆがめている 
            
          第3章 東日本大震災は流産児の悲しみの声である
             第1節 なぜ堕胎は重大な犯罪であるのか
             第2節 日本の堕胎反対運動 
             第3節 菊田昇医師の言う堕胎の報い

           第4章 日本の堕胎数が欧米並みに減る日は来るのか?
             第1節 菊田昇医師が明らかにした日本社会の暗部
             第2節 菊田昇医師の懸念は的中した 

           第5章 浄土思想とは         
             第1節 道徳と宗教  
             第2節 浄土思想の解釈を分ける視点  
             第3節 キリスト教と浄土思想  
                       
           第6章 21世紀を生きる日本人のための浄土思想 
             第1節 「我とは何か」によるアプローチ  
             第2節 浄土思想の本源は親と家族を思う心情 
             第3節 日本人の宗教生活のあり方 
             第4節 日本人は絶対者を認めずに生きて行けるのか?  
             第5節 浄土思想は社会を救い得るか?     

           第7章 この宇宙に無意味なものは一切ない  
             第1節 人間は遅かれ早かれ人生の意味を知ることになる 
             第2節 人生は宿命ではない          

           第8章 浄土門を生きぬいた人たち      
             第1節 浄土真宗妙好人「因幡の源左」 
             第2節 「足なし禅師」本日ただいま誕生 
             第3節 津波で全てを失いながらも
                  「亡くなった方のために祈らなければならない」と思った亀谷晃子   

           あとがき  
           主たる参考文献



          本書「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」のより詳しい内容については、
          以下および如月出版のホームページ(→コチラをクリック)をご参照ください!



          ※以前ご紹介いたしました本書関連ブログもご覧ください!



          ■2013年1/10ブログ 新刊!「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」 上橋泉/著

          ■1/16ブログ G・グローブ賞受賞映画「アルゴ」と「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」著者・上橋泉先生の関係

          ■1/24ブログ 浅野書店週間売上ランキング8位に「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」がランクインしました!

          ■2/4ブログ さらにランクアップ!浅野書店週間売上ランキング5位に『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』がランクインしました!

          ■2/18ブログ 『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』の書評が宗教新聞に掲載されました!

          ■2/28ブログ 本当の「アルゴ」 アカデミー賞受賞映画に描かれなかった緊迫のストーリー 上橋泉先生の実体験より

          ■4/14ブログ 「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」の著者・上橋泉先生が宗教新聞「人」欄で紹介されました!


          5/21ブログ 上橋泉先生の『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて‐この宇宙に無意味なものは一切ない‐』の国民新聞掲載書評と本の内容について


          ■7/12ブログ カトリックの月刊誌「家庭の友」に「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」上橋泉/著が紹介されました。


          10/6ブログ 中外日報書評欄に「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」上橋泉/著が紹介されました!



          ■2014年1/18ブログ 『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』上橋泉/著のベストセラー達成記念講演会並びにサイン会 のご案内


          ■3/31ブログ 上橋泉/著『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』の講演会&サイン会がアミュゼ柏にて開催されました!



          ■2014年5/4ブログ 『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』(上橋泉/著)のベストセラー達成記念講演会 in 柏での講演内容がYOUTUBEにアップロードされました!

          ■10/13ブログ 上橋泉/著「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」の第1回講演内容全文が宗教新聞に掲載されました。


          ■2015年1月12日ブログ 「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」(上橋 泉/著)のローカル・ベストセラー達成記念講演会(第1回、第2回)がYouTubeにアップロードされました。


          ■2015年3月17日ブログ 上橋泉先生の 『新春の集い』が開催されました。


          『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』
          上橋 泉/著

          のお求めは全国書店
          または如月出版販売部TEL/03-6657-9000 FAX/03-6657-8999
          までお問い合わせください。(如月出版販売部に直接お申込みいただいた方には送料無料でお届けいたします)


          ※『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』の詳細は弊社サイトでも紹介していますのでぜひご覧ください。
          如月出版のHPは
          コチラ



          ☆如月出版はブログランキングに参加しております。
           頑張ってまいりますので、応援ぽちっとよろしくお願いします!
          (お好きな絵柄の物をクリックしてくださいね!)



          ☆如月出版はブログランキングに参加しております。
          頑張ってまいりますので、応援ぽちっとよろしくお願いします!
          (お好きな絵柄の物をクリックしてくださいね!)



          にほんブログ村 哲学・思想ブログ 浄土真宗へ
          にほんブログ村/浄土思想




          にほんブログ村 料理ブログ 中華料理(レシピ)へ
          にほんブログ村/中華料理




          にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ
          にほんブログ村/ガラス工芸



          人気ブログランキングへ
          人気ブログランキング

          | kisaragibook | 講演会&サイン会 | 07:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
          0
            上橋泉先生の 『新春の集い』が開催されました。
            皆様こんにちは!如月出版です。

            先日の3月8日(日)、弊社刊行『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて−この宇宙に無意味なものは一切ない−』の著者でもあり、現・柏市議会議員の上橋泉先生の『かみはし泉 後援会 新春の集い』が、野田市のホテルグランポワにおいて開催されました!


            会場でも『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』が並びました!


            出席者は160名ほどで、梨本宮記念財団の代表理事・梨本隆夫氏による基調講演の後、
            美味しいお料理やビンゴ大会など大盛況のうちに幕を閉じました。


            上橋先生の市政のみならず、日本と言う国の未来に対する熱い思いを、皆さんしかと受け止められました!


            ■上橋 泉プロフィール

            昭和24年10月鳥取県で誕生。
            京都大学法学部卒。
            外務省入省後、在米大使館付でダートマス大学に留学。
            在イラン大使館勤務時に、米国大使館人質事件に遭遇。対イラク戦争では在留邦人を安全に帰国させる。
            平成3年から柏市議会議員(現在、6期目)。
            麗澤大学大学院から経済学修士号を取得。
            西部邁氏主宰の「表現者賞・第1回懸賞論文」で市民の自治能力を論じた論文が奨励賞を受賞。
            団体役職:「北朝鮮に拉致された日本人を救出する全国地方議員の会」理事、「地方自治経営学会(会長は片山善博・元総務大臣)」理事









            『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』
            上橋 泉/著


            ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


            ◆『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて
                    ‐この宇宙に無意味なものは一切ない‐』

            目次

            読者諸氏 ここからどうぞ 

            前編「フランクルのユダヤ人強制収容所での体験は心に絶対者をもたない現代日本人を救い得るか?」

            第1章 能天気な保守派言論人 

            第2章 神仏を失った現代日本人

            第3章 東日本大震災被災者の心の支えを求めて

            第4章 フランクルが強制収容所から得た体験的人生観
               第1節 絶対的な未来の喪失
               第2節 極限下での人間の精神の自由
               第3節 絶対的な未来の喪失は人間を内面的に成長させる機会ともなり得る
               第4節 人生観のコペルニクス的転回と態度価値

             第5章 フランクルの体験的人生観は現代日本人を救い得るか?
               第1節 霊性の世界を忌避するフランクル
               第2節 超次元の世界を垣間見たのか? 
               第3節 心霊体験なのか? 
               第4節 絶対者の導きなのか?            

             第6章 絶対者と不死なる人間生命の実感 


            後編「日本人は絶対者を認めずに生きて行けるのか?」

             第1章 私が沈黙できない理由 
             
             第2章 大震災を摂理の所業と認めることを阻んでいる心理とそれに対する反駁
               第1節 自然科学発達の影響 
               第2節 因果が応報していないのではないかという疑問  
               第3節 キリスト教に対する偏見が日本の伝統的宗教観もゆがめている 
              
            第3章 東日本大震災は流産児の悲しみの声である
               第1節 なぜ堕胎は重大な犯罪であるのか
               第2節 日本の堕胎反対運動 
               第3節 菊田昇医師の言う堕胎の報い

             第4章 日本の堕胎数が欧米並みに減る日は来るのか?
               第1節 菊田昇医師が明らかにした日本社会の暗部
               第2節 菊田昇医師の懸念は的中した 

             第5章 浄土思想とは         
               第1節 道徳と宗教  
               第2節 浄土思想の解釈を分ける視点  
               第3節 キリスト教と浄土思想  
                         
             第6章 21世紀を生きる日本人のための浄土思想 
               第1節 「我とは何か」によるアプローチ  
               第2節 浄土思想の本源は親と家族を思う心情 
               第3節 日本人の宗教生活のあり方 
               第4節 日本人は絶対者を認めずに生きて行けるのか?  
               第5節 浄土思想は社会を救い得るか?     

             第7章 この宇宙に無意味なものは一切ない  
               第1節 人間は遅かれ早かれ人生の意味を知ることになる 
               第2節 人生は宿命ではない          

             第8章 浄土門を生きぬいた人たち      
               第1節 浄土真宗妙好人「因幡の源左」 
               第2節 「足なし禅師」本日ただいま誕生 
               第3節 津波で全てを失いながらも
                    「亡くなった方のために祈らなければならない」と思った亀谷晃子   

             あとがき  
             主たる参考文献



            本書「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」のより詳しい内容については、
            以下および如月出版のホームページ(→コチラをクリック)をご参照ください!



            ※以前ご紹介いたしました本書関連ブログもご覧ください!



            ■2013年1/10ブログ 新刊!「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」 上橋泉/著

            ■1/16ブログ G・グローブ賞受賞映画「アルゴ」と「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」著者・上橋泉先生の関係

            ■1/24ブログ 浅野書店週間売上ランキング8位に「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」がランクインしました!

            ■2/4ブログ さらにランクアップ!浅野書店週間売上ランキング5位に『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』がランクインしました!

            ■2/18ブログ 『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』の書評が宗教新聞に掲載されました!

            ■2/28ブログ 本当の「アルゴ」 アカデミー賞受賞映画に描かれなかった緊迫のストーリー 上橋泉先生の実体験より

            ■4/14ブログ 「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」の著者・上橋泉先生が宗教新聞「人」欄で紹介されました!


            5/21ブログ 上橋泉先生の『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて‐この宇宙に無意味なものは一切ない‐』の国民新聞掲載書評と本の内容について


            ■7/12ブログ カトリックの月刊誌「家庭の友」に「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」上橋泉/著が紹介されました。


            10/6ブログ 中外日報書評欄に「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」上橋泉/著が紹介されました!



            ■2014年1/18ブログ 『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』上橋泉/著のベストセラー達成記念講演会並びにサイン会 のご案内


            ■3/31ブログ 上橋泉/著『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』の講演会&サイン会がアミュゼ柏にて開催されました!



            ■2014年5/4ブログ 『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』(上橋泉/著)のベストセラー達成記念講演会 in 柏での講演内容がYOUTUBEにアップロードされました!

            ■10/13ブログ 上橋泉/著「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」の第1回講演内容全文が宗教新聞に掲載されました。


            ■2015年1月12日ブログ 「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」(上橋 泉/著)のローカル・ベストセラー達成記念講演会(第1回、第2回)がYouTubeにアップロードされました。


            『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』
            上橋 泉/著

            のお求めは全国書店
            または如月出版販売部TEL/03-6657-9000 FAX/03-6657-8999
            までお問い合わせください。(如月出版販売部に直接お申込みいただいた方には送料無料でお届けいたします)


            ※『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』の詳細は弊社サイトでも紹介していますのでぜひご覧ください。
            如月出版のHPは
            コチラ



            ☆如月出版はブログランキングに参加しております。
             頑張ってまいりますので、応援ぽちっとよろしくお願いします!
            (お好きな絵柄の物をクリックしてくださいね!)


             


            にほんブログ村 哲学・思想ブログ 浄土真宗へ
            にほんブログ村/浄土思想




            にほんブログ村 料理ブログ 中華料理(レシピ)へ
            にほんブログ村/中華料理




            にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ
            にほんブログ村/ガラス工芸




            人気ブログランキングへ
            人気ブログランキング



             

            | kisaragibook | 講演会&サイン会 | 06:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
            0
              「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」(上橋 泉/著)のローカル・ベストセラー達成記念講演会(第1回、第2回)がYouTubeにアップロードされました。
              皆様こんにちは、如月出版です。

              弊社刊行の哲学・思想書、「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて−この宇宙に無意味なものは一切ない−」(上橋 泉/著)のローカル・ベストセラー達成記念講演会が、上橋先生が市議会議員を務められている柏市のミュゼ柏において、今までに2度開催されていることは、皆様に以前お伝えしたかと思います。
              この2回の講演会の内容すべてが、YouTube にアップロードされました。当日残念ながら講演会に参加できなかった皆様に、朗報としてお知らせいたします。

              第1回記念講演は、2014年3月23日に、第2回記念講演は2014年9月23日に開催されております。


              ■第1回記念講演2014.3.23は→こちら

              ■第2回記念講演2014.9.23は→こちら


              また、2015年3月にも、上橋泉先生が4年に一度開催されている講演会も予定されています。
              また、詳細が決まりましたら、当ブログでも、お知らせしたいと思います。





              『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』
              上橋 泉/著


              ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


              ◆『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて
                      ‐この宇宙に無意味なものは一切ない‐』

              目次

              読者諸氏 ここからどうぞ 

              前編「フランクルのユダヤ人強制収容所での体験は心に絶対者をもたない現代日本人を救い得るか?」

              第1章 能天気な保守派言論人 

              第2章 神仏を失った現代日本人

              第3章 東日本大震災被災者の心の支えを求めて

              第4章 フランクルが強制収容所から得た体験的人生観
                 第1節 絶対的な未来の喪失
                 第2節 極限下での人間の精神の自由
                 第3節 絶対的な未来の喪失は人間を内面的に成長させる機会ともなり得る
                 第4節 人生観のコペルニクス的転回と態度価値

               第5章 フランクルの体験的人生観は現代日本人を救い得るか?
                 第1節 霊性の世界を忌避するフランクル
                 第2節 超次元の世界を垣間見たのか? 
                 第3節 心霊体験なのか? 
                 第4節 絶対者の導きなのか?            

               第6章 絶対者と不死なる人間生命の実感 


              後編「日本人は絶対者を認めずに生きて行けるのか?」

               第1章 私が沈黙できない理由 
               
               第2章 大震災を摂理の所業と認めることを阻んでいる心理とそれに対する反駁
                 第1節 自然科学発達の影響 
                 第2節 因果が応報していないのではないかという疑問  
                 第3節 キリスト教に対する偏見が日本の伝統的宗教観もゆがめている 
                
              第3章 東日本大震災は流産児の悲しみの声である
                 第1節 なぜ堕胎は重大な犯罪であるのか
                 第2節 日本の堕胎反対運動 
                 第3節 菊田昇医師の言う堕胎の報い

               第4章 日本の堕胎数が欧米並みに減る日は来るのか?
                 第1節 菊田昇医師が明らかにした日本社会の暗部
                 第2節 菊田昇医師の懸念は的中した 

               第5章 浄土思想とは         
                 第1節 道徳と宗教  
                 第2節 浄土思想の解釈を分ける視点  
                 第3節 キリスト教と浄土思想  
                           
               第6章 21世紀を生きる日本人のための浄土思想 
                 第1節 「我とは何か」によるアプローチ  
                 第2節 浄土思想の本源は親と家族を思う心情 
                 第3節 日本人の宗教生活のあり方 
                 第4節 日本人は絶対者を認めずに生きて行けるのか?  
                 第5節 浄土思想は社会を救い得るか?     

               第7章 この宇宙に無意味なものは一切ない  
                 第1節 人間は遅かれ早かれ人生の意味を知ることになる 
                 第2節 人生は宿命ではない          

               第8章 浄土門を生きぬいた人たち      
                 第1節 浄土真宗妙好人「因幡の源左」 
                 第2節 「足なし禅師」本日ただいま誕生 
                 第3節 津波で全てを失いながらも
                      「亡くなった方のために祈らなければならない」と思った亀谷晃子   

               あとがき  
               主たる参考文献



              本書「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」のより詳しい内容については、
              以下および如月出版のホームページ(→コチラをクリック)をご参照ください!



              ※以前ご紹介いたしました本書関連ブログもご覧ください!



              ■2013年1/10ブログ 新刊!「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」 上橋泉/著

              ■1/16ブログ G・グローブ賞受賞映画「アルゴ」と「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」著者・上橋泉先生の関係

              ■1/24ブログ 浅野書店週間売上ランキング8位に「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」がランクインしました!

              ■2/4ブログ さらにランクアップ!浅野書店週間売上ランキング5位に『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』がランクインしました!

              ■2/18ブログ 『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』の書評が宗教新聞に掲載されました!

              ■2/28ブログ 本当の「アルゴ」 アカデミー賞受賞映画に描かれなかった緊迫のストーリー 上橋泉先生の実体験より

              ■4/14ブログ 「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」の著者・上橋泉先生が宗教新聞「人」欄で紹介されました!


              5/21ブログ 上橋泉先生の『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて‐この宇宙に無意味なものは一切ない‐』の国民新聞掲載書評と本の内容について


              ■7/12ブログ カトリックの月刊誌「家庭の友」に「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」上橋泉/著が紹介されました。


              10/6ブログ 中外日報書評欄に「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」上橋泉/著が紹介されました!



              ■2014年1/18ブログ 『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』上橋泉/著のベストセラー達成記念講演会並びにサイン会 のご案内


              ■3/31ブログ 上橋泉/著『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』の講演会&サイン会がアミュゼ柏にて開催されました!



              ■2014年5/4ブログ 『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』(上橋泉/著)のベストセラー達成記念講演会 in 柏での講演内容がYOUTUBEにアップロードされました!

              ■10/13ブログ 上橋泉/著「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」の第1回講演内容全文が宗教新聞に掲載されました。

              ■上橋 泉プロフィール

              昭和24年10月鳥取県で誕生。
              京都大学法学部卒。
              外務省入省後、在米大使館付でダートマス大学に留学。
              在イラン大使館勤務時に、米国大使館人質事件に遭遇。対イラク戦争では在留邦人を安全に帰国させる。
              平成3年から柏市議会議員(現在、6期目)。
              麗澤大学大学院から経済学修士号を取得。
              西部邁氏主宰の「表現者賞・第1回懸賞論文」で市民の自治能力を論じた論文が奨励賞を受賞。
              団体役職:「北朝鮮に拉致された日本人を救出する全国地方議員の会」理事、「地方自治経営学会(会長は片山善博・元総務大臣)」理事




              『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』
              上橋 泉/著

              のお求めは全国書店
              または如月出版販売部TEL/03-6657-9000 FAX/03-6657-8999
              までお問い合わせください。(如月出版販売部に直接お申込みいただいた方には送料無料でお届けいたします)


              ※『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』の詳細は弊社サイトでも紹介していますのでぜひご覧ください。
              如月出版のHPは
              コチラ



              ☆如月出版はブログランキングに参加しております。
               頑張ってまいりますので、応援ぽちっとよろしくお願いします!
              (お好きな絵柄の物をクリックしてくださいね!)




              にほんブログ村 哲学・思想ブログ 浄土真宗へ
              にほんブログ村/浄土思想


              にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
              にほんブログ村/水彩画


              にほんブログ村 料理ブログ 中華料理(レシピ)へ
              にほんブログ村/中華料理




              人気ブログランキングへ
              人気ブログランキング


               



               
              | kisaragibook | 講演会&サイン会 | 09:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
              0
                上橋泉/著「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」の第1回講演内容全文が宗教新聞に掲載されました。
                皆様こんにちは!如月出版です。

                弊社刊行の上橋泉先生の著作「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」のローカルベストセラー達成記念講演会が去る2014年3月23日に催され、また、その様子がYOUTUBEにUPされたとのお知らせを、先日当ブログで皆様にご紹介いたしましたが(→YOUTUBEはこちら)、2014年9月20日付けの宗教新聞に、その講演内容全文が大きく掲載されました。




                宗教新聞2014年9月20日号4面5面

                →宗教新聞詳細はこちら

                 

                YOUTUBEは以下のURLをクリック
                https://www.youtube.com/watch?v=WMt5hUXQEFA&feature=youtu.be


                上橋泉先生によると、第1回記念講演会後に「第2回の講演会はいつ行われるのですか?」という問い合わせが相次いだそうです。そして2014年9月23日に第2回記念講演が、「人間は本当に救われるのか?」というテーマで、第1回目の講演会場と同じ「アミュゼ柏」において開催されました。
                前回に劣らぬ大勢の方にお越しいただき、2時間の予定を10分もオーバーしての熱弁となったようです。近いうちにこの第2回講演もYOUTUBEに掲載予定です。


                 





                『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』
                上橋 泉/著


                ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


                ◆『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて
                        ‐この宇宙に無意味なものは一切ない‐』

                目次

                読者諸氏 ここからどうぞ 

                前編「フランクルのユダヤ人強制収容所での体験は心に絶対者をもたない現代日本人を救い得るか?」

                第1章 能天気な保守派言論人 

                第2章 神仏を失った現代日本人

                第3章 東日本大震災被災者の心の支えを求めて

                第4章 フランクルが強制収容所から得た体験的人生観
                   第1節 絶対的な未来の喪失
                   第2節 極限下での人間の精神の自由
                   第3節 絶対的な未来の喪失は人間を内面的に成長させる機会ともなり得る
                   第4節 人生観のコペルニクス的転回と態度価値

                 第5章 フランクルの体験的人生観は現代日本人を救い得るか?
                   第1節 霊性の世界を忌避するフランクル
                   第2節 超次元の世界を垣間見たのか? 
                   第3節 心霊体験なのか? 
                   第4節 絶対者の導きなのか?            

                 第6章 絶対者と不死なる人間生命の実感 


                後編「日本人は絶対者を認めずに生きて行けるのか?」

                 第1章 私が沈黙できない理由 
                 
                 第2章 大震災を摂理の所業と認めることを阻んでいる心理とそれに対する反駁
                   第1節 自然科学発達の影響 
                   第2節 因果が応報していないのではないかという疑問  
                   第3節 キリスト教に対する偏見が日本の伝統的宗教観もゆがめている 
                  
                第3章 東日本大震災は流産児の悲しみの声である
                   第1節 なぜ堕胎は重大な犯罪であるのか
                   第2節 日本の堕胎反対運動 
                   第3節 菊田昇医師の言う堕胎の報い

                 第4章 日本の堕胎数が欧米並みに減る日は来るのか?
                   第1節 菊田昇医師が明らかにした日本社会の暗部
                   第2節 菊田昇医師の懸念は的中した 

                 第5章 浄土思想とは         
                   第1節 道徳と宗教  
                   第2節 浄土思想の解釈を分ける視点  
                   第3節 キリスト教と浄土思想  
                             
                 第6章 21世紀を生きる日本人のための浄土思想 
                   第1節 「我とは何か」によるアプローチ  
                   第2節 浄土思想の本源は親と家族を思う心情 
                   第3節 日本人の宗教生活のあり方 
                   第4節 日本人は絶対者を認めずに生きて行けるのか?  
                   第5節 浄土思想は社会を救い得るか?     

                 第7章 この宇宙に無意味なものは一切ない  
                   第1節 人間は遅かれ早かれ人生の意味を知ることになる 
                   第2節 人生は宿命ではない          

                 第8章 浄土門を生きぬいた人たち      
                   第1節 浄土真宗妙好人「因幡の源左」 
                   第2節 「足なし禅師」本日ただいま誕生 
                   第3節 津波で全てを失いながらも
                        「亡くなった方のために祈らなければならない」と思った亀谷晃子   

                 あとがき  
                 主たる参考文献



                本書「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」のより詳しい内容については、
                以下および如月出版のホームページ(→コチラをクリック)をご参照ください!



                ※以前ご紹介いたしました本書関連ブログもご覧ください!



                ■2013年1/10ブログ 新刊!「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」 上橋泉/著

                ■1/16ブログ G・グローブ賞受賞映画「アルゴ」と「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」著者・上橋泉先生の関係

                ■1/24ブログ 浅野書店週間売上ランキング8位に「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」がランクインしました!

                ■2/4ブログ さらにランクアップ!浅野書店週間売上ランキング5位に『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』がランクインしました!

                ■2/18ブログ 『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』の書評が宗教新聞に掲載されました!

                ■2/28ブログ 本当の「アルゴ」 アカデミー賞受賞映画に描かれなかった緊迫のストーリー 上橋泉先生の実体験より

                ■4/14ブログ 「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」の著者・上橋泉先生が宗教新聞「人」欄で紹介されました!


                5/21ブログ 上橋泉先生の『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて‐この宇宙に無意味なものは一切ない‐』の国民新聞掲載書評と本の内容について


                ■7/12ブログ カトリックの月刊誌「家庭の友」に「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」上橋泉/著が紹介されました。


                10/6ブログ 中外日報書評欄に「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」上橋泉/著が紹介されました!



                ■2014年1/18ブログ 『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』上橋泉/著のベストセラー達成記念講演会並びにサイン会 のご案内


                ■3/31ブログ 上橋泉/著『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』の講演会&サイン会がアミュゼ柏にて開催されました!



                ■2014年5/4ブログ 『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』(上橋泉/著)のベストセラー達成記念講演会 in 柏での講演内容がYOUTUBEにアップロードされました!



                ■上橋 泉プロフィール

                昭和24年10月鳥取県で誕生。
                京都大学法学部卒。
                外務省入省後、在米大使館付でダートマス大学に留学。
                在イラン大使館勤務時に、米国大使館人質事件に遭遇。対イラク戦争では在留邦人を安全に帰国させる。
                平成3年から柏市議会議員(現在、6期目)。
                麗澤大学大学院から経済学修士号を取得。
                西部邁氏主宰の「表現者賞・第1回懸賞論文」で市民の自治能力を論じた論文が奨励賞を受賞。
                団体役職:「北朝鮮に拉致された日本人を救出する全国地方議員の会」理事、「地方自治経営学会(会長は片山善博・元総務大臣)」理事




                『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』
                上橋 泉/著

                のお求めは全国書店
                または如月出版販売部TEL/03-6657-9000 FAX/03-6657-8999
                までお問い合わせください。


                ※『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』の詳細は弊社サイトでも紹介していますのでぜひご覧ください。
                如月出版のHPは
                コチラ



                ☆如月出版はブログランキングに参加しております。
                 頑張ってまいりますので、応援ぽちっとよろしくお願いします!
                (お好きな絵柄の物をクリックしてくださいね!)




                にほんブログ村 哲学・思想ブログ 浄土真宗へ
                にほんブログ村/浄土思想


                にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
                にほんブログ村/水彩画


                にほんブログ村 料理ブログ 中華料理(レシピ)へ
                にほんブログ村/中華料理




                人気ブログランキングへ
                人気ブログランキング





                 

                | kisaragibook | 講演会&サイン会 | 17:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                0
                  『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』(上橋泉/著)のベストセラー達成記念講演会 in 柏での講演内容がYOUTUBEにアップロードされました!

                  如月出版です!

                  先日、弊社より刊行し、大変ご好評いただいております『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』(上橋泉/著)のベストセラー達成記念講演会 in 柏での様子を皆様にご紹介いたしましたが、その時の講演内容が、YOUTUBEに全てアップロードされています。二時間に渡る大変充実した内容です。講演に行きそびれてしまい残念に思われていらっしゃった皆様、ぜひご覧ください!

                  サイトは以下の通りです。

                  https://www.youtube.com/watch?v=WMt5hUXQEFA&feature=youtu.be

                  です。

                  ※録音スイッチを早めに入ったしまったため、最初の3分58秒は講演に入っていません
                  (会場の雑談が録音されているだけです)。アイコンを、3分58秒に進めて聞いてください。





                  『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』
                  上橋 泉/著


                  ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


                  ◆『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて
                          ‐この宇宙に無意味なものは一切ない‐』

                  目次

                  読者諸氏 ここからどうぞ 

                  前編「フランクルのユダヤ人強制収容所での体験は心に絶対者をもたない現代日本人を救い得るか?」

                  第1章 能天気な保守派言論人 

                  第2章 神仏を失った現代日本人

                  第3章 東日本大震災被災者の心の支えを求めて

                  第4章 フランクルが強制収容所から得た体験的人生観
                     第1節 絶対的な未来の喪失
                     第2節 極限下での人間の精神の自由
                     第3節 絶対的な未来の喪失は人間を内面的に成長させる機会ともなり得る
                     第4節 人生観のコペルニクス的転回と態度価値

                   第5章 フランクルの体験的人生観は現代日本人を救い得るか?
                     第1節 霊性の世界を忌避するフランクル
                     第2節 超次元の世界を垣間見たのか? 
                     第3節 心霊体験なのか? 
                     第4節 絶対者の導きなのか?            

                   第6章 絶対者と不死なる人間生命の実感 


                  後編「日本人は絶対者を認めずに生きて行けるのか?」

                   第1章 私が沈黙できない理由 
                   
                   第2章 大震災を摂理の所業と認めることを阻んでいる心理とそれに対する反駁
                     第1節 自然科学発達の影響 
                     第2節 因果が応報していないのではないかという疑問  
                     第3節 キリスト教に対する偏見が日本の伝統的宗教観もゆがめている 
                    
                  第3章 東日本大震災は流産児の悲しみの声である
                     第1節 なぜ堕胎は重大な犯罪であるのか
                     第2節 日本の堕胎反対運動 
                     第3節 菊田昇医師の言う堕胎の報い

                   第4章 日本の堕胎数が欧米並みに減る日は来るのか?
                     第1節 菊田昇医師が明らかにした日本社会の暗部
                     第2節 菊田昇医師の懸念は的中した 

                   第5章 浄土思想とは         
                     第1節 道徳と宗教  
                     第2節 浄土思想の解釈を分ける視点  
                     第3節 キリスト教と浄土思想  
                               
                   第6章 21世紀を生きる日本人のための浄土思想 
                     第1節 「我とは何か」によるアプローチ  
                     第2節 浄土思想の本源は親と家族を思う心情 
                     第3節 日本人の宗教生活のあり方 
                     第4節 日本人は絶対者を認めずに生きて行けるのか?  
                     第5節 浄土思想は社会を救い得るか?     

                   第7章 この宇宙に無意味なものは一切ない  
                     第1節 人間は遅かれ早かれ人生の意味を知ることになる 
                     第2節 人生は宿命ではない          

                   第8章 浄土門を生きぬいた人たち      
                     第1節 浄土真宗妙好人「因幡の源左」 
                     第2節 「足なし禅師」本日ただいま誕生 
                     第3節 津波で全てを失いながらも
                          「亡くなった方のために祈らなければならない」と思った亀谷晃子   

                   あとがき  
                   主たる参考文献


                  本書「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」のより詳しい内容については、
                  以下および如月出版のホームページ(→コチラをクリック)をご参照ください!



                  ※以前ご紹介いたしました本書関連ブログもご覧ください!


                  ■2013年1/10ブログ 新刊!「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」 上橋泉/著

                  ■1/16ブログ G・グローブ賞受賞映画「アルゴ」と「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」著者・上橋泉先生の関係

                  ■1/24ブログ 浅野書店週間売上ランキング8位に「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」がランクインしました!

                  ■2/4ブログ さらにランクアップ!浅野書店週間売上ランキング5位に『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』がランクインしました!

                  ■2/18ブログ 『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』の書評が宗教新聞に掲載されました!

                  ■2/28ブログ 本当の「アルゴ」 アカデミー賞受賞映画に描かれなかった緊迫のストーリー 上橋泉先生の実体験より

                  ■4/14ブログ 「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」の著者・上橋泉先生が宗教新聞「人」欄で紹介されました!


                  5/21ブログ 上橋泉先生の『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて‐この宇宙に無意味なものは一切ない‐』の国民新聞掲載書評と本の内容について


                  ■7/12ブログ カトリックの月刊誌「家庭の友」に「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」上橋泉/著が紹介されました。


                  10/6ブログ 中外日報書評欄に「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」上橋泉/著が紹介されました!



                  ■2014年1/18ブログ 『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』上橋泉/著のベストセラー達成記念講演会並びにサイン会 のご案内


                  ■3/31ブログ 上橋泉/著『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』の講演会&サイン会がアミュゼ柏にて開催されました!


                  ■上橋 泉プロフィール

                  昭和24年10月鳥取県で誕生。
                  京都大学法学部卒。
                  外務省入省後、在米大使館付でダートマス大学に留学。
                  在イラン大使館勤務時に、米国大使館人質事件に遭遇。対イラク戦争では在留邦人を安全に帰国させる。
                  平成3年から柏市議会議員(現在、6期目)。
                  麗澤大学大学院から経済学修士号を取得。
                  西部邁氏主宰の「表現者賞・第1回懸賞論文」で市民の自治能力を論じた論文が奨励賞を受賞。
                  団体役職:「北朝鮮に拉致された日本人を救出する全国地方議員の会」理事、「地方自治経営学会(会長は片山善博・元総務大臣)」理事



                  『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』
                  上橋 泉/著
                  のお求めは全国書店
                  または如月出版販売部TEL/03-6657-9000 FAX/03-6657-8999
                  までお問い合わせください。

                  ※『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』の詳細は弊社サイトでも紹介していますのでぜひご覧ください。
                  如月出版のHPは
                  コチラ



                  ☆如月出版はブログランキングに参加しております。
                   頑張ってまいりますので、応援ぽちっとよろしくお願いします!
                  (お好きな絵柄の物をクリックしてくださいね!)



                  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 浄土真宗へ
                  にほんブログ村/浄土思想



                  にほんブログ村 料理ブログ 中華料理(レシピ)へ
                  にほんブログ村/中華料理


                  にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
                  にほんブログ村/水彩画



                  人気ブログランキングへ
                  人気ブログランキング

                  | kisaragibook | 講演会&サイン会 | 10:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                  0
                    上橋泉/著『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』の講演会&サイン会がアミュゼ柏にて開催されました!

                    みなさまこんにちは!如月出版です。

                    先日当ブログでご案内しました『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』の著者・上橋泉先生による講演会並びにサイン会が、先週の2014年3月23日(日)に柏市のアミュゼ柏・プラザで開催されました!





                    このイベントは本書『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』が柏市議会議員でもいらっしゃる上橋先生の活動拠点・柏において大変話題となり、売上ベスト10入りを果たしたことを記念して行われたものです。



                    浅野書店さん週間売行きベスト10にランクインされた本書が平積みされています!


                    本当に多くの方にお越しいただき、大盛況なイベントとなりました!

                    先生が講演会でお話をされたのは、上橋先生ご自身の苦渋に満ちた人生体験です。
                    そして、本書『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』のテーマでもある、「いかなる環境においても安楽に生きてゆける道」を導き出すに至られた過程や、この道が、仏教の浄土系宗派に留まらず、仏教の全宗派、神道、キリスト教、ソクラテス哲学、中江藤樹の陽明学にも見出されること、また先生の人生観に大きな影響を与えた愛すべきご家族や宗教のことなど、その他この2時間弱では語りつくせないほどの深い内容に満ちた数々のお話をお伺いする事が出来ました。



                    ご参加いただきました皆さんも、大変真剣な面持ちで先生のお話に聞き入っていらしたことが、とても印象的でした。



                    そして講演会終了後はお待ちかねのサイン会です!

                    皆さん先生とお話がしたくて、また先生もたくさんの方に囲まれ、とても嬉しそうです!


                    今回の講演会に、残念ながら足をお運びいただけなかった皆さん、
                    上橋先生の浄土思想や哲学については、この『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』に上橋先生が渾身の思いを込めて執筆されています。ぜひ一度お手に取っていただければ嬉しいです!



                    『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』
                    上橋 泉/著


                    ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


                    ◆『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて
                                          ‐この宇宙に無意味なものは一切ない‐』

                    目次

                    読者諸氏 ここからどうぞ 
                     
                    前編「フランクルのユダヤ人強制収容所での体験は心に絶対者をもたない現代日本人を救い得るか?」

                      第1章 能天気な保守派言論人 

                      第2章 神仏を失った現代日本人

                      第3章 東日本大震災被災者の心の支えを求めて 
                     
                      第4章 フランクルが強制収容所から得た体験的人生観
                       第1節 絶対的な未来の喪失
                       第2節 極限下での人間の精神の自由
                       第3節 絶対的な未来の喪失は人間を内面的に成長させる機会ともなり得る
                       第4節 人生観のコペルニクス的転回と態度価値 

                     第5章 フランクルの体験的人生観は現代日本人を救い得るか?
                       第1節  霊性の世界を忌避するフランクル
                       第2節 超次元の世界を垣間見たのか? 
                       第3節 心霊体験なのか? 
                       第4節 絶対者の導きなのか?            

                     第6章 絶対者と不死なる人間生命の実感 


                    後編「日本人は絶対者を認めずに生きて行けるのか?」

                     第1章 私が沈黙できない理由 
                     
                     第2章 大震災を摂理の所業と認めることを阻んでいる心理とそれに対する反駁
                       第1節 自然科学発達の影響 
                       第2節 因果が応報していないのではないかという疑問  
                       第3節 キリスト教に対する偏見が日本の伝統的宗教観もゆがめている 
                      
                      第3章 東日本大震災は流産児の悲しみの声である
                       第1節 なぜ堕胎は重大な犯罪であるのか
                       第2節 日本の堕胎反対運動 
                       第3節 菊田昇医師の言う堕胎の報い

                     第4章 日本の堕胎数が欧米並みに減る日は来るのか?
                       第1節 菊田昇医師が明らかにした日本社会の暗部
                       第2節 菊田昇医師の懸念は的中した 

                     第5章 浄土思想とは         
                       第1節 道徳と宗教  
                       第2節 浄土思想の解釈を分ける視点  
                       第3節 キリスト教と浄土思想  
                                 
                     第6章 21世紀を生きる日本人のための浄土思想 
                       第1節 「我とは何か」によるアプローチ  
                       第2節 浄土思想の本源は親と家族を思う心情 
                       第3節 日本人の宗教生活のあり方 
                       第4節 日本人は絶対者を認めずに生きて行けるのか?  
                       第5節 浄土思想は社会を救い得るか?     

                     第7章 この宇宙に無意味なものは一切ない  
                       第1節 人間は遅かれ早かれ人生の意味を知ることになる 
                       第2節 人生は宿命ではない          

                     第8章 浄土門を生きぬいた人たち      
                       第1節 浄土真宗妙好人「因幡の源左」 
                       第2節 「足なし禅師」本日ただいま誕生 
                       第3節 津波で全てを失いながらも
                            「亡くなった方のために祈らなければならない」と思った亀谷晃子   

                     あとがき  
                     主たる参考文献


                    本書「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」のより詳しい内容については、
                    以下および如月出版のホームページ(→コチラをクリック)をご参照ください!



                    ※以前ご紹介いたしました本書関連ブログもご覧ください!


                    ■2013年1/10ブログ 新刊!「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」 上橋泉/著

                    ■1/16ブログ G・グローブ賞受賞映画「アルゴ」と「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」著者・上橋泉先生の関係

                    ■1/24ブログ 浅野書店週間売上ランキング8位に「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」がランクインしました!

                    ■2/4ブログ さらにランクアップ!浅野書店週間売上ランキング5位に『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』がランクインしました!

                    ■2/18ブログ 『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』の書評が宗教新聞に掲載されました!

                    ■2/28ブログ 本当の「アルゴ」 アカデミー賞受賞映画に描かれなかった緊迫のストーリー 上橋泉先生の実体験より

                    ■4/14ブログ 「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」の著者・上橋泉先生が宗教新聞「人」欄で紹介されました!


                    5/21ブログ 上橋泉先生の『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて‐この宇宙に無意味なものは一切ない‐』の国民新聞掲載書評と本の内容について


                    ■7/12ブログ カトリックの月刊誌「家庭の友」に「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」上橋泉/著が紹介されました。


                    10/6ブログ 中外日報書評欄に「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」上橋泉/著が紹介されました!



                    ■2014年1/18ブログ 『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』上橋泉/著のベストセラー達成記念講演会並びにサイン会 のご案内




                    ■上橋 泉プロフィール

                    昭和24年10月鳥取県で誕生。
                    京都大学法学部卒。
                    外務省入省後、在米大使館付でダートマス大学に留学。
                    在イラン大使館勤務時に、米国大使館人質事件に遭遇。対イラク戦争では在留邦人を安全に帰国させる。
                    平成3年から柏市議会議員(現在、6期目)。
                    麗澤大学大学院から経済学修士号を取得。
                    西部邁氏主宰の「表現者賞・第1回懸賞論文」で市民の自治能力を論じた論文が奨励賞を受賞。
                    団体役職:「北朝鮮に拉致された日本人を救出する全国地方議員の会」理事、「地方自治経営学会(会長は片山善博・元総務大臣)」理事



                    『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』
                    上橋 泉/著
                    のお求めは全国書店
                    または如月出版販売部TEL/03-6657-9000 FAX/03-6657-8999
                    までお問い合わせください。

                    ※『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』の詳細は弊社サイトでも紹介していますのでぜひご覧ください。
                    如月出版のHPは
                    コチラ



                    ☆如月出版はブログランキングに参加しております。
                     頑張ってまいりますので、応援ぽちっとよろしくお願いします!
                    (お好きな絵柄の物をクリックしてくださいね!)



                    にほんブログ村 哲学・思想ブログ 浄土真宗へ
                    にほんブログ村/浄土思想



                    にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ
                    にほんブログ村/政治 世直し・社会変革



                    にほんブログ村 料理ブログ 中華料理(レシピ)へ
                    にほんブログ村/中華料理


                    人気ブログランキングへ 
                    人気ブログランキング


                    | kisaragibook | 講演会&サイン会 | 06:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                    0
                      『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』上橋泉/著のベストセラー達成記念講演会並びにサイン会 のご案内

                      皆様こんにちは、如月出版です。

                      本日は、弊社刊行書籍『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』の著者であり、
                      現・柏市議会議員でもいらしゃる上橋泉先生の講演会&サイン会のご案内です。

                      刊行からちょうど1年、先生の活動拠点である柏で大変話題となり、ベスト10入りを果たしたことを記念してのイベントです。


                      浅野書店週間売行きベスト10の5位に入ったときの写真です。

                      ※詳細は以下の弊社ブログもご参照ください。

                      ■2013.01.24 ブログ 浅野書店週間売上ランキング8位に「21世紀を生きる日本人のための浄土思想を求めて」がランクインしました!
                      http://blog.kisaragibook.com/?eid=165

                      ■2013.02.04ブログ さらにランクアップ!浅野書店週間売上ランキング5位に『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』がランクインしました!
                      http://blog.kisaragibook.com/?eid=167



                      上橋先生の浄土思想や哲学について、直にお話をお伺いできるまたとないチャンスです!
                      ぜひ皆さん、ご参加ください!



                      『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』
                      上橋 泉/著




                      『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』の
                      ローカル・ベストセラー達成記念講演会並びにサイン会 のご案内

                      〜〜〜 講演会の主な内容〜〜〜

                      私は毎朝1時間ほど、祈りないしは瞑想(以下、「黙想」と称します)を行ないます。「よくそんな退屈なことが毎日続けられるなあ! 君は大した努力家だ」と言われるのですが、実は 私にとってはこの1時間が 1日の中で一番幸せを感じることができる時間なのです。しかし 若い頃から、そうだったのではありません。私が 黙想に幸せを実感するようになったのは 50歳を過ぎてからのことです。それまでの30年間は 私にとって 黙想は苦痛そのものでした。

                      なぜ、そのような苦痛な行を30年間も続けてこられたのかと申しますと、私にはある恐怖観念があったからです。私は二十歳の誕生日をはさんで、二度 警察に逮捕されました。それぞれ一晩、警察署で過ごしました。この結果、自分は刑獄の因縁をもって生まれているのではないかと思うようになりました。私は当時から政治闘争に身を投じていましたので、いつかは獄に入ることになるかもしれないという不安を覚えたわけです。

                      その頃、当時の読売新聞社主の正力松太郎が、「自分は戦犯として巣鴨の獄につながれたが、禅に親しんでいたので巣鴨の獄も極めて快適に過ごすことができた」と語っている記事を読みました。私も いつか刑務所に入る前に 禅で不動の精神をもてるようになりたいと思いました。ところが、私がいくら結跏趺坐(けっかふざ)しても全然「定(じょう)」に入ることができません。心がすぐに雑念にとらわれてしまいます。禅ではダメだと思い、あらゆる瞑想法を試みました。ヨガ、密教、アメリカのTM瞑想法等、さまざまな瞑想法をトライしました。断食、ヒンズークシ山脈の雪解け水を浴びての水行も試みました。瞑想を機械でサポートするアルファ・コイルまで試みました。全て徒労に終わりました。

                      ところが50歳を過ぎた頃から、不思議な変化が私の心の中で起こるようになりました。毎早朝一人でいると、自分の半生が映画でも観るかのように心の中で映し出されるようになりました。よくよく自分の半生を振り返って見ると、人生において偶然なものは何もなく、全ては大いなる意思によって導かれてきたのだと思えるようになったのです。それまでの私は 職業について不満に思うことが山ほどあったのですが、現世では過去世で自分が行なった悪事の帳消をしなければならないのだから仕方がないのだと、自分自身に言い聞かせていました。しかし、職業を通じての体験は、私の精神的成長のために どうしても通らなければならない関門であったのだと思えるようになったのです。私はこの人生の導き手こそ 神仏だと思うようになりました。やがて 今 私が ここに生きているという峻厳なる事実に 深い意義と価値が秘められていることに気付きました。これを深く掘り下げることが 人生の最重要事であることを発見したのです。

                      その発見があってからというもの、30年かかっても なかなか満足のできる黙想ができなかったものが、端座すると同時に定に入り、それが持続するようになったのです。以来、毎朝の黙想の1時間が 一日で最も楽しい時間となったのです。

                      今回の記念講演では、この体験をもとに 我々が人生において、いかなる環境においても 安楽に生きてゆける道を語りたいと思います。この道は 仏教の浄土系宗派に留まらず、仏教の全宗派、神道、キリスト教、ソクラテス哲学、中江藤樹の陽明学にも見出せます。この道に 浄土系宗派を連想させる「浄土思想」と言う名称をつけることには、出版時に随分迷いました。「光明思想」(柏の生んだ20世紀の大宗教家・山崎弁栄は「光明主義」を提唱しました)の方が適切なのではないか とも思いましたが、光明思想には20世紀的な響きがあり、 それよりも 歴史に裏打ちされた 神仏の深い愛を感じさせる「浄土思想」と言う名称の方がふさわしいと考えるに至たりました。

                      拙著は、今年の1月をもって出版満1年を迎えました。出版と同時に柏駅前の浅野書店で、阿川佐和子の『聞く力』、渡辺和子の『置かれた場所で咲きなさい』、百田尚樹の『海賊と呼ばれた男』などと並んで、ベストテンにランクインしました(毎週金曜日に発表されます)。1月、2月とベストテンを維持いたしました。拙著は全国的にも健闘し、日本にある全てのネット書店が取扱いをしてくれています。これを祝して、記念講演会とサイン会を企画いたしました。ご参加をお待ちしております。

                      平成26年寒中                柏市議会議員 上橋 泉

                      ――― 講演会並びにサイン会 の次第 ―――

                      日時:平成26年3月23日(日)

                      開場 午前9時15分  開演 9時30分

                      サイン会 11時15分  閉会 11時45分

                      会場:アミュゼ柏の「プラザ」

                      (柏駅東口「そごう」と「スカイプラザ」にはさまれた広い通りを直進、デイリヤマザキのコンビニのある交差点を左折、50米進むと右手に総ガラス張りの建物があります。それがアミュゼ柏です。電話;04−7164−4552 )

                      ※アミュゼ柏には、車の専用駐車場はありません。

                      会費:無料

                      出席のご連絡:資料の準備の為、上橋泉事務所まで ご連絡いただけると助かります。

                      連絡先:上橋泉事務所      

                      電話:04−7134−1237  FAX:04−7134−1776

                      メール:kamihasi.izumi@silver.plala.or.jp


                      ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


                      ◆『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて
                                            ‐この宇宙に無意味なものは一切ない‐』

                      目次

                      読者諸氏 ここからどうぞ 
                       
                      前編「フランクルのユダヤ人強制収容所での体験は心に絶対者をもたない現代日本人を救い得るか?」

                        第1章 能天気な保守派言論人 

                        第2章 神仏を失った現代日本人

                        第3章 東日本大震災被災者の心の支えを求めて 
                       
                        第4章 フランクルが強制収容所から得た体験的人生観
                         第1節 絶対的な未来の喪失
                         第2節 極限下での人間の精神の自由
                         第3節 絶対的な未来の喪失は人間を内面的に成長させる機会ともなり得る
                         第4節 人生観のコペルニクス的転回と態度価値 

                       第5章 フランクルの体験的人生観は現代日本人を救い得るか?
                         第1節  霊性の世界を忌避するフランクル
                         第2節 超次元の世界を垣間見たのか? 
                         第3節 心霊体験なのか? 
                         第4節 絶対者の導きなのか?            

                       第6章 絶対者と不死なる人間生命の実感 


                      後編「日本人は絶対者を認めずに生きて行けるのか?」

                       第1章 私が沈黙できない理由 
                       
                       第2章 大震災を摂理の所業と認めることを阻んでいる心理とそれに対する反駁
                         第1節 自然科学発達の影響 
                         第2節 因果が応報していないのではないかという疑問  
                         第3節 キリスト教に対する偏見が日本の伝統的宗教観もゆがめている 
                        
                        第3章 東日本大震災は流産児の悲しみの声である
                         第1節 なぜ堕胎は重大な犯罪であるのか
                         第2節 日本の堕胎反対運動 
                         第3節 菊田昇医師の言う堕胎の報い

                       第4章 日本の堕胎数が欧米並みに減る日は来るのか?
                         第1節 菊田昇医師が明らかにした日本社会の暗部
                         第2節 菊田昇医師の懸念は的中した 

                       第5章 浄土思想とは         
                         第1節 道徳と宗教  
                         第2節 浄土思想の解釈を分ける視点  
                         第3節 キリスト教と浄土思想  
                                   
                       第6章 21世紀を生きる日本人のための浄土思想 
                         第1節 「我とは何か」によるアプローチ  
                         第2節 浄土思想の本源は親と家族を思う心情 
                         第3節 日本人の宗教生活のあり方 
                         第4節 日本人は絶対者を認めずに生きて行けるのか?  
                         第5節 浄土思想は社会を救い得るか?     

                       第7章 この宇宙に無意味なものは一切ない  
                         第1節 人間は遅かれ早かれ人生の意味を知ることになる 
                         第2節 人生は宿命ではない          

                       第8章 浄土門を生きぬいた人たち      
                         第1節 浄土真宗妙好人「因幡の源左」 
                         第2節 「足なし禅師」本日ただいま誕生 
                         第3節 津波で全てを失いながらも
                              「亡くなった方のために祈らなければならない」と思った亀谷晃子   

                       あとがき  
                       主たる参考文献


                      本書「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」のより詳しい内容については、
                      以下および如月出版のホームページ(→コチラをクリック)をご参照ください!



                      ※先日ご紹介いたしました本書関連ブログもご覧ください!



                      ■1/10ブログ 新刊!「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」 上橋泉/著

                      ■1/16ブログ G・グローブ賞受賞映画「アルゴ」と「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」著者・上橋泉先生の関係

                      ■1/24ブログ 浅野書店週間売上ランキング8位に「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」がランクインしました!

                      ■2/4ブログ さらにランクアップ!浅野書店週間売上ランキング5位に『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』がランクインしました!

                      ■2/18ブログ 『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』の書評が宗教新聞に掲載されました!

                      ■2/28ブログ 本当の「アルゴ」 アカデミー賞受賞映画に描かれなかった緊迫のストーリー 上橋泉先生の実体験より

                      ■4/14ブログ 「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」の著者・上橋泉先生が宗教新聞「人」欄で紹介されました!


                      5/21ブログ 上橋泉先生の『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて‐この宇宙に無意味なものは一切ない‐』の国民新聞掲載書評と本の内容について


                      ■7/12ブログ カトリックの月刊誌「家庭の友」に「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」上橋泉/著が紹介されました。


                      10/6ブログ 中外日報書評欄に「21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて」上橋泉/著が紹介されました!


                      ■上橋 泉プロフィール

                      昭和24年10月鳥取県で誕生。
                      京都大学法学部卒。
                      外務省入省後、在米大使館付でダートマス大学に留学。
                      在イラン大使館勤務時に、米国大使館人質事件に遭遇。対イラク戦争では在留邦人を安全に帰国させる。
                      平成3年から柏市議会議員(現在、6期目)。
                      麗澤大学大学院から経済学修士号を取得。
                      西部邁氏主宰の「表現者賞・第1回懸賞論文」で市民の自治能力を論じた論文が奨励賞を受賞。
                      団体役職:「北朝鮮に拉致された日本人を救出する全国地方議員の会」理事、「地方自治経営学会(会長は片山善博・元総務大臣)」理事



                      『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』
                      上橋 泉/著
                      のお求めは全国書店
                      または如月出版販売部TEL/03-6657-9000 FAX/03-6657-8999
                      までお問い合わせください。

                      ※『21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて』の詳細は弊社サイトでも紹介していますのでぜひご覧ください。
                      如月出版のHPは
                      コチラ



                      ☆如月出版はブログランキングに参加しております。
                       頑張ってまいりますので、応援ぽちっとよろしくお願いします!
                      (お好きな絵柄の物をクリックしてくださいね!)


                      にほんブログ村 哲学・思想ブログ 浄土真宗へ
                      にほんブログ村/浄土思想



                      にほんブログ村 料理ブログ 中華料理(レシピ)へ
                      にほんブログ村/中華料理



                      にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ
                      にほんブログ村/医療情報




                      人気ブログランキングへ 
                      人気ブログランキング


                      | kisaragibook | 講演会&サイン会 | 16:09 | comments(1) | trackbacks(0) | - |
                      CALENDAR
                      SMTWTFS
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << May 2018 >>
                      RECOMMEND
                      詩集 灑涙雨
                      詩集 灑涙雨 (JUGEMレビュー »)
                      夏 瞳
                      如月出版が、この夏に送る、不思議で、美しい、新詩集。夏 瞳『灑涙雨』( sairuiu )。

                      言葉を、絵のように、音のように、見凝めて欲しい。

                      …… そこには、対極なるものを包摂して高次な世界観を構築していこうとする意思が見え隠れしていて、 読み進むうちに、得体のしれない大きな渦のなかに巻き込まれていくような戸惑いもあるが、 その渦の向こうに、かつて般若心経を数学の論理で読み解こうとしていたころのなつかしい自分を見たような気がした。矛盾に矛盾を重ねて絶対肯定を目指す心象世界である。

                      佐治 晴夫 「夏 瞳 詩集『灑涙雨』に寄せて」より
                      RECOMMEND
                      中国料理食語大辞典
                      中国料理食語大辞典 (JUGEMレビュー »)
                      戸川隆介
                      偶然手にした1冊の中国料理のメニュー表との「衝撃の出会い」から、中国の食材に惹きつけられた著者が、20年もの歳月をかけ、中国と日本の間を行き来し、収集し、調査し、研究し尽くした中国料理に関する複雑な用語を掲載した今までに類のない辞典。中国料理研究家、研究者、中国語学習者、栄養士、中華料理店経営者、食通の方など「中国料理」に関わるプロフェッショナルはもちろん、中国四千年の食文化に関心をお持ちの全ての方々のお役に立てるよう、2万6234語もの中国料理に関する食語を収録。難解で複雑な中国用語を検索しやすく、また現代の食文化までも網羅し編集。新装改訂版!
                      RECOMMEND
                      【楽天ブックスならいつでも送料無料】水彩画のバイブル [ 大原裕行 ]
                      【楽天ブックスならいつでも送料無料】水彩画のバイブル [ 大原裕行 ] (JUGEMレビュー »)
                      現在第一線で活躍している多くの水彩画のスター達やアメリカ、中国、韓国も参加出品した全国公募・水彩画コンクールにおいて、800余点の頂点にたち、水彩連盟で24歳という若さで最年少会員、水彩人創立に参加した大原裕行。「一枚の繪」通信教育テキスト著者でもあり、様々な美術雑誌等において技法の紹介や指導にあたり、常に斬新な作品を発表し続けている大原による、初の書き下ろし技法書。水彩画を描く人のレベルアップのための『水彩画のバイブル』。
                      RECOMMEND
                      詩集 サムシング・クール
                      詩集 サムシング・クール (JUGEMレビュー »)
                      黒田 維理
                      北園克衛「VOU」が産み出したモダニズム詩人・黒田維理の代表作!各界のアーティスト・クリエーターたちに、そのセンス・完成度の高さから絶大な支持!とてつもなくクールな詩集!詩の概念がこの一冊でくつがえされます!
                      RECOMMEND
                      【送料無料選択可!】徳洲会の黒い影 弁護士を付けずに闘った全記録そしてその勝訴の意味とは...[本/雑誌] / 真鍋雅之/著
                      【送料無料選択可!】徳洲会の黒い影 弁護士を付けずに闘った全記録そしてその勝訴の意味とは...[本/雑誌] / 真鍋雅之/著 (JUGEMレビュー »)
                      医療事故、発生!
                      その時、医療法人徳洲会から受けた酷い仕打ちが、著者をたった一人で闘う『裁判』へと駆り立てた!
                      徳洲会の隠蔽体質を知り、このままでは、いつかきっと、社会を揺るがす大事件を起こすに違いない!・・・著者は「徳洲会公職選挙法違反事件」を予見していた!膨大な証拠書類を地道に集め、たった一人で大組織に立ち向かった450日。真実の記録。
                      RECOMMEND
                      醍醐芳晴Watercolors―透明水彩作品集〈2〉
                      醍醐芳晴Watercolors―透明水彩作品集〈2〉 (JUGEMレビュー »)
                      醍醐 芳晴
                      水彩画家・醍醐芳晴の代表的画集です!水彩画を描く方は必携の書です!永久保存版!
                      RECOMMEND
                      21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて
                      21世紀に生きる日本人のための浄土思想を求めて (JUGEMレビュー »)
                      上橋 泉
                      日本人の魂を救う、真の拠り所となりうるものとは? 大震災以来、この国の将来は闇の帳に包まれた。人間が、いかなる環境においても、安楽に生きていくことの出来る道を明らかにする、上橋泉渾身の1冊!
                      RECOMMEND
                      ハートとキューピー (HEART BOOK)
                      ハートとキューピー (HEART BOOK) (JUGEMレビュー »)
                      ローズ オニール,大橋 美佐,北川 和夫
                      ローズオニール・キューピーがかわいいイラスト詩集になって登場。ハートにまつわる素敵な愛の詩集です♪
                      RECOMMEND
                      鼠径ヘルニア(脱腸)は入院しなくても治る!
                      鼠径ヘルニア(脱腸)は入院しなくても治る! (JUGEMレビュー »)
                      執行 友成
                      鼠径(そけい)ヘルニア(脱腸)は、入院しなくても治る! 執行 友成/著  開業外科医の仕事−日帰り手術に取り組んだ15年− 開業医だって、開業医であればこそ、メスを執るという決断! 患者の負担-長期入院による経済的損失-を考える医療! 痛みを出来るだけ少なくし、その日のうちに家に帰る! 患者の早期社会復帰こそが、いま医療に求められているニーズ。「TBS・これが世界のスーパードクター」でも紹介され、野球解説者・スポーツキャスターとして著名な古田敦也氏も信頼を置く名医!
                      RECOMMEND
                      とびらのむこうがわ―かすみのおはなし集
                      とびらのむこうがわ―かすみのおはなし集 (JUGEMレビュー »)
                      いべかすみ
                      幼少のころからC.S.ルイスの『ナルニア国ものがたり』に親しみ、かの地やルーシー、アスランら登場人物に憧憬し、ものがたりの一員としてめくるめく冒険を夢見、豊かな想像の翼を羽ばたかせていた、物語が大好きでたまらない一人の少女が紡ぎだす、等身大のショートストーリー!
                      RECOMMEND
                      ちひろとタリタリのたのしい英語絵本
                      ちひろとタリタリのたのしい英語絵本 (JUGEMレビュー »)
                      きれいなイラストの子供向けのやさしい英語絵本!かわいい妖精タリタリと一緒に英単語を覚えよう!
                      RECOMMEND
                      水彩は、たのしい―作品と技法
                      水彩は、たのしい―作品と技法 (JUGEMレビュー »)
                      大場 再生
                      図書館協会選定図書!独立美術協会の画家・大場再生がプロの技・コツを伝授する水彩画の描き方!風景・人物・静物に亘って詳しく網羅!水彩画を描く方のバイブル!
                      RECOMMEND
                      Ms.cried
                      Ms.cried (JUGEMレビュー »)
                      鈴木 博美
                      北園克衛「VOU」の血脈を受け継ぐ詩誌「gui」同人であり、1999-2000年入沢康夫氏選により「ユリイカ」に掲載された鈴木博美の記念すべき集大成詩集。雨水が幻のように吸い込まれ、地中深く眠る武蔵野伝承の地「水食らい土」から着想した表題作を含め、独特の感性で綴られた作品群に、「gui」同人、山本一語の静謐な写真とのコラボレーションが深い余韻を伝える新感覚の詩集。
                      RECOMMEND
                      寒椿憂愁―髪結いお佐和裏店情話
                      寒椿憂愁―髪結いお佐和裏店情話 (JUGEMレビュー »)
                      広田 布美
                      寒椿憂愁−髪結いお佐和裏店情話 広田布美/著 異色の書き下ろし時代小説 情の深さが悪の企みを暴く 姉への思慕か親への恩か 揺れる心は椿の花に思いを託す かつて日本には美しい「人情」があった・・江戸下町を舞台に健気に生きる髪結いの娘お佐和をめぐる人々の心揺さぶられる5つの小粋な江戸人情話。 
                      RECOMMEND
                      成功学のすすめ―7×7×7の法則
                      成功学のすすめ―7×7×7の法則 (JUGEMレビュー »)
                      神野 博史
                      2013年2月8日発売!「サクセスストーリー 成功学のすすめ 7×7×7の法則」 神野 博史/著 「成功」には「法則」がある!「物から心の時代」、「競争から共生の時代」、「集団から個性の時代」へとパラダイムが大きく転換した今の時代こそ、「成功学」の時代! 公認会計士・経済学博士・愛知県議会議員でもある著者が、自ら実践し自ら証明することにより確立した「人が幸せに生きる」ための7×7×7の法則!
                      RECOMMEND
                      悪魔の尻―妙魔界図説
                      悪魔の尻―妙魔界図説 (JUGEMレビュー »)
                      むかい あぐる
                      驚愕の超細密技巧!イラストレーターむかいあぐるが紡ぎだすPOPでシュールでキュートなゴシック&ロリータ系悪魔ワールド! ちょっぴり、ワルいことするの、大好き! 小悪魔少女・桃美ちゃんと悪魔の尻族のデビップが繰り広げる、摩訶不思議ミラクルワールド!
                      RECOMMEND
                      Paty Bear―Seasons Diary
                      Paty Bear―Seasons Diary (JUGEMレビュー »)
                      たなか ようこ,ユニック
                      パティーベア シーズンズダイアリー ふわもこの可愛いクマちゃんのパティーベアが、可愛い絵日記を綴ります。美味しそうなお料理や可愛い手作りグッズを紹介!きっと作ってみたくなる、可愛いづくし満載。とってもガーリーな一冊!
                      RECOMMEND
                      【送料無料】ナポリフラッグ
                      【送料無料】ナポリフラッグ (JUGEMレビュー »)
                      黒田維理の集大成である作品集。北園克衛論「HOW TO READ:KIT KAT」も掲載!黒田亡きあと、散逸していた貴重な資料を編集し黒田の軌跡を辿った永久保存版。イチオシです!
                      RECOMMEND
                      心を磨く大切なハート言葉88
                      心を磨く大切なハート言葉88 (JUGEMレビュー »)
                      シルバーあさみ
                      現代の癒し手・シルバーあさみ先生が、困難や世をステキに生きぬくためのシンプルで心に響く88ものポジティブ・メッセージを素敵なイラストと共にお贈りします。
                      RECOMMEND
                       (JUGEMレビュー »)

                      「病の父励ます絵本」として紹介されました。芸大卒の絵本作家ほんだまきこ先生が紡ぎだすやさしい物語。
                      RECOMMEND
                      復興への狼煙―ボウリング業界光と影
                      復興への狼煙―ボウリング業界光と影 (JUGEMレビュー »)
                      山田 一廣
                      ボウリング好きなら、このテーマは欠かせない話題のはずです!徹底取材でボウリングの誕生から、ボウリング業界の今までを鋭く探る!
                      RECOMMEND
                      【送料無料】うさだんご
                      【送料無料】うさだんご (JUGEMレビュー »)
                      ほのぼの生きるうさぎのおだんご・「うさだんご」。団結力はピカ一です!スイーツ大好き!お月見大好き!可愛い姿にきっとあなたも癒されます♪
                      RECOMMEND
                      ビーンワールド ビーノルタ火山とビーンの誕生
                      ビーンワールド ビーノルタ火山とビーンの誕生 (JUGEMレビュー »)
                      メライン・ジョセフィーヌ バンクス
                      キッチュな洋風キャラクターが好きな方にはぜひオススメ!イギリス生まれの絵本です!可愛いおまめさんがたくさん登場!
                      SELECTED ENTRIES
                      CATEGORIES
                      ARCHIVES
                      RECENT COMMENTS
                      • 黒田維理をめぐる人々 諏訪優
                        kisaragibook (12/11)
                      • 黒田維理をめぐる人々 諏訪優
                        田名部 信 (10/14)
                      • 東京国際ブックフェア 電子書籍と震災復興支援のためのシンポジウム 〜『本』 は何ができるのか?〜
                        kisaragibook (07/31)
                      • 東京国際ブックフェア 電子書籍と震災復興支援のためのシンポジウム 〜『本』 は何ができるのか?〜
                        ピュア (07/25)
                      • ボウリング業界光と影!『復興への狼煙』とは?
                        kisaragibook (05/05)
                      • ボウリング業界光と影!『復興への狼煙』とは?
                        へのへのもレじ (05/03)
                      • 駅伝から始まる新年と、じゃがいも大好きなタリタリ英語絵本
                        kisaragibook (03/02)
                      • 駅伝から始まる新年と、じゃがいも大好きなタリタリ英語絵本
                        茅ヶ崎のプー (02/28)
                      • ちい散歩 龍馬伝・弥太郎の盆栽?と美人過ぎる画家・松井冬子さん?
                        kisaragibook (05/27)
                      • 御飯の友と辛そうで辛くない少し辛いラー油
                        kisaragibook (05/27)
                      RECENT TRACKBACK
                      如月出版のホームページ
                      ブログランキング ドット ネット
                      くる天 人気ブログランキング
                      くる天 人気ブログランキング
                      ブログ村
                      MOBILE
                      qrcode
                      LINKS
                      PROFILE
                      このページの先頭へ